予防歯科の治療内容|グレース歯科クリニック

お気に入り

4.2いいね!

口コミ33

最寄駅
新越谷駅
出口 徒歩1分

住所 埼玉県越谷市南越谷4-13-3 誠友第一ビル1F地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療
歯科検診を行う予防歯科が今後ますます重要に

歯科検診を行う予防歯科が今後ますます重要に

歯周病は、最終的に歯を失う原因となる恐ろしい病気です。歯周病菌を増殖させないように、患者さまに合ったブラッシング法を指導し、予防に努めます。

お子さまには、乳歯の頃から年3~4回のフッ素塗布(無料)を提案して、虫歯から歯を守るため、親御さまも一緒にブラッシング指導を受けていただきます。抜け変わりに合わせて、永久歯がまっすぐ生えるよう処置をすると、歯並びが整い、美しく保つことにつながります。

当院は越谷市の40・45・50・55・60・65・70歳になる方の、「ふしめ検診」を費用550円(税込)で、「妊婦検診」を無料で1回お受けしています。

予防歯科の特徴

歯科検診で歯周病の深さを測ります

歯科検診で歯周病の深さを測ります

歯科検診では、歯周病がどれくらい重度か、どこの位置にあるかということや、歯茎が腫れているか、歯磨きができているかについて診断します。さらには虫歯が多いのか、歯周病が多いのかといった全体的な把握をした上で、患者さまに合った治療を進めていきます。

歯周病ではまず歯周ポケットの深さを測ります。歯周ポケットを測る専用の器具を使って、1本ずつ検査していきます。全体が歯周病の患者さまもいれば、1本だけ歯周病が進行している患者さまもいますので、1本単位で調べる必要があります。

このように歯周病がどれくらい進行しているかをチェックして大まかな数値が分かったら、口内の全体的なお掃除をして、ブラッシング指導をした後、どれぐらい減っているかなどを再検査して経過を見ます。

予防に大切なブラッシングを徹底して指導します

予防に大切なブラッシングを徹底して指導します

ブラッシング指導では、現在患者さまが使っている歯ブラシをご自宅から持ってきていただきます。どういう種類・形態のものを使っているのかを把握し、当院で提案している歯ブラシと大きさや毛の長さなどを比べ、患者さまが歯茎に当てる角度や磨き方などを見せていただきます。

人によって磨き残しの箇所がまるで違っていますので、どうすればそこから汚れを落とすことができるのか、ていねいに指導しています。使っている歯ブラシによって、どうしてこの歯ブラシが悪いのか、ここは良いけどここは悪いと説明しておかないと、また同じような歯ブラシを購入されてしまうと意味がなくなってしまうからです。ブラッシングは1回では決してマスターできませんので、治療の合間に何回も指導していきます。

いくら歯科医院で治療しても、ご自宅でのケアができていないと2~3週間したら口内の状態が悪化してしまうケースもあります。治療後の状態を継続しないと意味がありませんので、ご自身でのブラッシングを今よりうまくなっていただきたいと思っています。

歯周病は妊娠された患者さまにも怖い病気です

歯周病は妊娠された患者さまにも怖い病気です

妊娠された患者さまにとっても、歯周病は決して侮れない怖い病気です。当院では、妊娠中にケアできない患者さまには安定期にきれいにしています。妊娠して初期から中期に来院される患者さまが多いのですが、虫歯のある患者さまには「出産前に改善しましょう」とお話しして治療します。

また、妊娠中はホルモンのバランスで歯茎が腫れやすくなっていますので、歯茎の腫れた患者さまには、出産ぎりぎりまで「クリーニングを1カ月おきにやりましょう」とおすすめしています。歯石や歯の汚れがあると、さらに歯茎が腫れやすくなりますので、ブラッシングの練習をしていただきながら、当院の機械で汚れを全部落とします。そうすると炎症が引いていきます。

お子さまは虫歯と歯並びの予防が大切です

お子さまは虫歯と歯並びの予防が大切です

お子さまの予防で大切なのは、虫歯と歯並びです。永久歯が生えてすぐは虫歯になりやすいので、よく磨かないと生えて1週間で虫歯が進行することもあります。また、乳歯を虫歯のまま放置しておくと、永久歯に影響が出ることもあります。

当院では、乳歯の時点で定期的なフッ素塗布を提案しています。フッ素塗布は無料で行っていますので、年に3~4回行ってください。また、永久歯が生えた時点で奥歯の溝が深かったり、プラークコントロールといって磨き方があまり上手でなかったりするお子さまには、シーラントを提案しています。歯石のあるお子さまの数はかなり多いです。歯石はいくら歯ブラシで磨いても落ちませんので、機械で落とすことになります。

ブラッシング指導は、基本親御さまに行います。小学校4年生になれば、自分で磨く練習をしてもらいます。練習のための染め出しを行っています。親御さまには、奥歯が特に虫歯になりやすいこと、頬の側をよく磨くという点をアドバイスいたします。進行が早いので、乳歯のケアも大切ということもお話します。

生え代わりの時期に、乳歯が1本抜けて永久歯が曲がって生えだしているお子さまの場合は、隣の乳歯を治療しないとまっすぐ生えてきません。永久歯は順番に生えてきますが、最初の1本が曲がっていると次も曲がってしまいます。そのため、最初のうちに前だけでも歯並びを良くする処置をしています。

乳歯にすき間を空けることで永久歯が生えてくるスペースを作れば、まっすぐに生えるようになります。生えるタイミングで処置しないと後からはできませんので、生え変わり時期はまめにチェックする必要があります。そうしないと、後で本格矯正をすることになり、よりお金もかかります。

当院には矯正担当の歯科医師が在籍しますので、乳歯にすき間を空けることで歯並びを自然にそろえる処置を行うことができます。今後、顎の成長に影響が出そうな場合も、矯正担当の歯科医師に診てもらって治療を行います。

医院からのお知らせ
※ご予約後のキャンセルは他の患者さまのご迷惑となりますのでお控えください。
※新型コロナウイルス対策につきましては「こだわり」をご確認ください。

ネット予約・空き状況確認

2022年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
-
23
24 25 26 27 28 29
30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-214709無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内