根管治療の治療内容|宮川駅前歯科

お気に入り

4.9いいね!

口コミ12

最寄駅
宮川駅
出口 徒歩2分

住所 三重県伊勢市小俣町本町185-1地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

根管治療

根管治療について

私が大切だと感じている歯科治療は「根管治療」です。根管治療は大工さんでいうと基礎工事ですので、この治療をしっかりとやろうという意識で取り組んでおります。しっかりとした根管治療をおこない、その上でしっかりとした被せ物をしないことには良い歯が長持ちをしません。できるだけ長持ちをさせて、治療をし直す必要のない治療を目指しております。宮川駅前歯科では保険内・保険外どちらの治療にも対応をしております。歯の治療はすべて大切ですが、レントゲンで見ないとわからないような、見えない部分の治療が歯を長持ちさせるために「根管治療」は需要になります。

根管治療で心がけている点

根管治療を受けに来られる患者様は痛みを伴っている場合が多いので、その痛みを極力感じないように麻酔を打つことです。患者様がなるべく痛みを感じないようにするためには表面麻酔を使い、注射芯の細い注射針を使い麻酔薬を注射します。冬場には麻酔薬の温度も冷たいと痛みを感じてしまいますので、温めておくことで少しでも痛みを軽減できるようにし、注入するときの圧力もゆっくりと時間をかけて入れ、痛みを抑える工夫をしております。

根管治療の大切さ

根管治療はとても大切な治療なのですが、敬遠される歯医者が多いのも実情です。理由として、時間がかかることと、見えないところを治療するという点があげられます。レントゲンを撮ったりEMRといい電気的に根管長を測定する機械を使ったりなど、非常に煩雑なことをしなければなりませんので、敬遠されるのかと考えられます。根管治療においては事前におこなう準備が大切ですので、当院では細心の注意を払いおこなわせていただいております。根管治療の痛みをとるために、根管内に消毒薬を入れて蓋をすることで、痛みの症状は一時的に軽減されます。根管内の神経を全て取り除くことができなかった場合に、神経のタンパク質が変性をして腐り感染源になります。口は体の内側と外側を繋ぐ位置にあり、細菌が多いです。虫歯などの神経から、細菌が体内に入ってしまうため、そこを体の中に入れないようにしっかりとバリアを作る、大切な治療が根管治療です。

負担を軽減するためのレーザー

当院では根管治療をおこなう際に2種類のレーザーを使い、患者様への負担を少なくできるよう努めております。東海地方ではレーザーを持っている医院は2割ほどという中、当院では「CO2レーザー」「YAGレーザー」を使い、患者様の症状に合わせて治療をおこなっております。レーザーは歯茎や粘膜の切開、止血に優れており、虫歯菌を高温で蒸発させたり、炎症を抑えたり組織を活性化させる作用が期待できます。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 受付不可

2021年4月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
-
13
-
14
-
15
16
-
17
-
18
19
-
20
-
21
-
22
23
24
-
25
26 27 28
29
30

2021年5月

1
2
3
4
5
6 7 8
9
10 11 12
13
14 15
16
17 18 19
20
21 22
23
24 25 26
27
28 29
30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内