4.5いいね!

口コミ56

最寄駅
千葉中央駅
西口 徒歩2分

住所 千葉県千葉市中央区新田町1-8 ドゥーブル1F地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

EPARK医療総合アプリ「デジタル診察券」が利用できます。

予防歯科

フッ素で虫歯予防をしましょう

フッ素は歯の表面の再石灰化を促進してくれるため、虫歯を予防することができます。フッ素が虫歯によいというエビデンスは、WHOなどでもある程度しっかりしています。ガムの対象試験を見ても、やったほうがいいという程度で、それほど優位さは見られません。脳の石灰化を引き起こすという副作用も一部言われていますが、ご判断は患者様にお任せしています。

治療方針

歯のお掃除とメンテナンス

基本的には、何度か回数をとり、予防的な観点からの歯科医師の処置と歯周病の掃除をする定期メンテナンスを行っています。しっかり掃除をして、歯茎をいい状態にしてから、虫歯があれば治療し、それを維持するという形になります。患者様自身が意識を持っていただかないと、結局元に戻り、意味がなくなってしまいますので、メンテナンスの重要性を知っていただけるように説明しています。

小児歯科

小児歯科は、長期間をとらえた土台づくりを

小児歯科は、先生により考え方は異なりますが、当院では18歳までと考えています。18歳の身体は、一見大人ですが、歯の萌出がまだ不完全で、成長を続けています。18歳であれば、そこまで未熟ではありませんが、15歳くらいでは、永久歯に生え変わっていても未熟な状態で、まだまだ成長途中です。ですから、12歳から18歳くらいの、大人の歯が生えている段階でのコントロールが有効です。メンテナンス性が悪いようでしたら、歯の動かし方を教えて噛み合わせの管理もしますが、当院ではベーシックな部分を行っています。矯正は当院では扱っていませんので、専門性が強くなりますと他の医院を紹介させていただきます。小さい方に関しては、小児歯科の基本として、親御さんに対して、発達時期による特徴や虫歯の感染時期、虫歯予防を頑張らないといけない時期などを説明しています。その段階である程度頑張っていただかないと、子供の場合は後が大変です。最近のお母さん方は結構、保健衛生についてよくご存じなので、詳しい方も多いです。また、忙しくて手が回らない方やお子様の人数が多くて大変な方もいらっしゃるので、そういう方には、なんとかケアができるように、一緒に考えています。お子様の抜け替わる歯は、個人的には特別神経質にならなくていいと思いますが、放置するのはいけません。予防歯科としては、若いときであればフッ素を作用させ、虫歯になりづらくします。フッ素だけを推進するわけではありませんが、当院としては、早い段階で、歯が無くならないようにするための説明をし、エビデンスがあることを実施しています。

ネット予約・空き状況確認

2021年12月

1
2
3
4
5
6
7
-
8
9 10 11
12
13 14
15
16 17 18
19
20 21
22
23 24 25
26
27 28
29
-
30
31

2022年1月

1
2
3
4
5
-
6 7 8
9
10
11 12 13 14 15
16
17 18
19
20 21 22
23
24 25
26
27 28 29
30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内