定期検診で歯周病のないお口を目指しましょう。予防につながるブラッシングについてお教えします

診療台に座って検診を受けることが、歯周病にかかるリスクを軽減してくれます。

歯周病

定期検診で歯周病のないお口を目指しましょう。予防につながるブラッシングについてお教えします

当院では歯周病の予防を意識したブラッシングの指導をしています。よく患者さまから「毎日、熱心に歯を“磨いている”のに、どうして虫歯や歯周病になるのか?」というご質問を受けることがあります。しかし毎日歯を“磨いている”からといって、歯周病の予防につながるように“磨けている”とは限りません。ブラッシングの方法が誤っていれば磨き残した部分がでてくる可能性があります。

歯周病につながる細菌は、日ごろのブラッシングで磨き残した場所を中心に繁殖していきます。そのままにしておくと歯茎(はぐき)の腫れや口臭、出血などのさまざまな問題を引き起こします。最終的には歯を失いかねない恐ろしい病気が歯周病です。

多くの人が歯周病にかかっているといわれています。痛みが少なく、自分ではなかなか症状に気づけないのが歯周病の患者さまが増えている原因だと考えています。「歯がぐらぐらするから」という理由で歯科医院に行くという患者さまは、歯周病の症状が進行していると考えられます。

こうした事態を回避するため、当院では症状がでる前に定期検診を受けるようおすすめしています。定期的にお口の中を拝見すれば、症状を早く見つけることができ、歯周病が進行する前に治療が可能です。患者さまのお口の状態に合わせたブラッシングの指導もできますので、一緒に歯周病を改善しましょう。

医院写真

0066-9752-099713無料通話
掲載のご案内