入れ歯・義歯

どのような入れ歯にしたいか、まずはしっかり時間をかけてご希望をお聞きするようにしています

診療台はパーティションで区切っているので、入れ歯を外しても他の人に見られることはありません。

どのような入れ歯にしたいか、まずはしっかり時間をかけてご希望をお聞きするようにしています

入れ歯、義歯の製作または修復をする際は、まず患者さまのお話をじっくりお伺いすることから始めます。「現状では何に不満があるのか」「困っていることは何か」「どのような噛み心地を望んでいるのか」など、ご希望や悩みにしっかり耳を傾け、一つひとつに対応することが、患者さまに合った入れ歯をご用意するには必要だと考えているからです。

悩みごと、困っている理由、患者さまお一人おひとり違います。その問題を引き起こしている原因を探り、お口の状態に合わせた入れ歯を作ることが大切になります。わからないことや不安なことがあればお気軽にお尋ねください。患者さまがお話ししやすい環境整えて、時間をかけてご希望をお伺いします。

負担が少なく、自分の歯と同じ感覚でものを噛めるブリッジも提案できます

歯を失ってしまった方には、入れ歯以外にもブリッジと呼ばれる、失った歯の両隣にある歯を柱にして橋を架けるように人工の歯を被せる方法をおすすめしています。

失った部分への対処法としてすぐにイメージするのは入れ歯やインプラントです。しかし、入れ歯は毎日の洗浄などをしっかりと行う必要があり、装着感に不満を感じる方も少なくありません。また、インプラントは治療する時の外科的な手術による身体的な負担が大きく、治療を受けることをためらってしまう方も多いのではないでしょうか。

ブリッジは、そのような不満や心配が少ない治療方法です。失った歯の両隣にある歯に接着剤で固定することで、お食事の際にも、ご自身の歯と同じような感覚で食べ物を噛むことができます。治療期間も短いため、噛む機能の改善に繋がります。他にもブリッジにはメリットが多いので、歯を失ってしまったという方はお気軽にブリッジについてご相談ください。

医院写真

0066-9752-099713無料通話
掲載のご案内