一般的な歯科診療について

岡野歯科医院

痛みの少ない治療

歯医者で痛い治療を受けた経験から、歯医者を苦手としている患者さまも少なくありません。当院では、少しでも歯医者への苦手意識が薄れるよう、できるだけ痛みの少ない治療を心がけております。麻酔を打つ際にも、細い針を使い、ゆっくりと一定の圧で打つことで麻酔の痛みを軽減しております。

なるべく削らない・抜かない治療

当院の治療方針は、なるべく歯を削らず抜かないことです。やむをえず入れ歯にする場合でも、根面キャップをかぶせることで残せる部分があれば残すようにしております。なお、緊急性が高い場合や、お口のことを考えると削る・抜くという選択肢が良いといった場合にはそちらの治療方法で行います。それでも、患者さまが納得しないまま歯を削る・抜くということはございません。なお、進行している虫歯には根管治療を行いますが、なかなか治らないケースもあります。しかし、このようなケースでも歯根端切除術を行えば神経を保存可能です。

歯周病治療とブラッシング

歯周病が疑わしい場合は、まず検査を行いましょう。検査により歯周病であることが分かったら、スケーリングやSRPなどの基本的な治療を行います。歯周病は歯周病菌が増えていることが原因ですので、お口の中を清潔に保つことが大切です。歯医者でお口の中を掃除するだけでは足りませんので、ご自宅でもしっかり歯磨きをしましょう。当院では、歯周病治療の一環として、ブラッシング指導も行っております。磨いているつもりから卒業し、毎日しっかり磨けるようになりましょう。なお、歯ブラシだけでは磨き残しができるため、デンタルフロスなどを使って歯と歯の間までしっかりきれいにすることが大切です。

歯周病サインに気付いたらすみやかに歯医者へ

歯周病の初期は、決して何も症状がないわけではありません。具体的には、歯茎の腫れや、歯磨きの時の出血があげられます。歯茎の腫れは、鏡などでチェックしていないと気付かないことも多いでしょう。また、初期段階では歯磨きのたびに毎回出血するわけではないため、忙しいと見逃してしまいやすいことも否めません。しかし、歯周病が進行すると、歯磨きのたびに毎回出血する、口臭が強くなってきた、歯がグラグラするなどの症状が出始めます。ここまで歯周病が進んでしまうと、抜歯しなくてはならないケースもあります。お口の中は、皮膚と違っていつも目に見えている場所ではありません。ちょっとした違和感を「まぁいいか」で済ませずに、ぜひ歯医者で確認してもらいましょう。

予防歯科について

予防歯科の目的

予防歯科の目的は、お口の中を清潔に保つことでお口の健康を維持し、天然歯を守ることです。お口の中が清潔に保たれていれば、虫歯・歯周病のトラブルを減らすことができるでしょう。ご自宅でしっかり歯磨きをしているつもりでも、磨き残しはあるものですし、バイオフィルムや歯石、歯周ポケットの中をご自宅の歯磨きだけで除去することは困難です。歯医者のプロフェッショナルクリーニングを活用し、お口を隅々まできれいにしましょう。

当院の予防歯科について

当院の予防歯科では、PMTC(※)やブラッシング指導などを行っております。患者さまの状態によっては、食生活の指導などが必要となることもあるでしょう。予防歯科の一環として、ブラッシング指導も行っております。この機会に自分が磨き残しやすいところ、苦手なところを知り、ご自宅でもしっかり磨けるようになりましょう。

定期検診を受けましょう

昔に比べると、予防に対する意識が高まっていることを感じています。しかし、日本全体で見ると、まだまだ定期検診や予防歯科を活用している人は少ないといえるでしょう。最低でも半年に1回は、歯医者でお口の中をチェック、そしてクリーニングを受けることをおすすめいたします。定期的に歯医者でお口の中を確認することで、虫歯や歯周病があった場合でも早期発見・早期治療が可能です。虫歯も歯周病も、初期は自覚症状に乏しい口腔トラブルですが、早期に治療を始めることができれば治療も長引きません。

小児歯科について

なるべく痛くない・怖くない治療

当院では、緊急性のある場合を除き、お子さまが歯医者に慣れることを優先して治療にあたっております。歯医者で痛い・怖い思いをしたことが原因で、大人になっても歯医者が苦手だという患者さまは少なくありません。歯医者が苦手だから、違和感があっても痛くても我慢をし続けてしまい、歯がぼろぼろになってしまう患者さまもいらっしゃいます。歯医者の雰囲気に慣れたり、器具を触ってみたり、歯医者に慣れることができてから治療を行うようにしています。お子さまの目線で話かけることや、麻酔が必要なケースでは表面麻酔を用いるなど、お子さまにとってできるだけ痛くない・怖くない治療を心がけております。ただし痛みがひどいなど、処置を早めに行った方が良いケースもあるでしょう。このような場合は、保護者の方と相談したうえで治療を行うこともあります。

お子さまの予防

当院では、フッ素塗布やシーラントも行っております。乳歯と生えたばかりの永久歯は柔らかく、虫歯になりやすい歯です。フッ素塗布で歯を強くすること、シーラントで溝を埋めることにより、虫歯になりにくい歯を作っていきましょう。また、小さなころから予防のために歯医者に通えば、歯医者で痛い思いや怖い思いをせずにすむため、トラウマを作ることもないでしょう。また、小さなころに予防の習慣がつけば、大人になってからも自分の歯を守りやすくなります。

保護者の方と歯科医師の二人三脚

お子さまの歯を守るためには、保護者の方の協力が必要不可欠です。食後の仕上げ磨きはもちろん、食生活や生活習慣などにも、ぜひ気を付けてあげてください。甘いものを食べる頻度を減らす、だらだら食べることを改善するだけでも虫歯の予防へ繋がるでしょう。歯科医師と一緒に、二人三脚でお子さまのお口を守りましょう。また、治療中はユニットの横でお子さまの治療を見守ってあげてください。

岡野歯科医院

お子さまの矯正

当院でご提供している小児矯正は、反対咬合など小矯正のみです。小矯正とは小規模な矯正のことです。歯全体を治療するような大規模な矯正や、成人の矯正については、申し訳ありませんが対応しておりません。しかし、信頼関係を築いている矯正の歯科医院をご紹介しておりますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯治療について

岡野歯科医院

保険から自由診療まで対応

当院では、保険のレジン床から自由診療の入れ歯まで、対応しております。患者さまのご要望に応じてご提案いたしますので、まずはどのような入れ歯をご希望されているのか、今の入れ歯にどのような不満があるのかを、お気軽にご相談ください。

自由診療の入れ歯

自由診療の入れ歯の中でも、比較的リーズナブルな入れ歯をご用意しております。金属を使わないノンクラスプデンチャーであるため、見た目が自然で入れ歯を入れていることがほぼ分かりません。また、薄くて軽いために装着感が良いことも特徴です。欠点としては、症例が限られていること、定期的な作り直しが必要なことがあげられるでしょう。こちらから押し付けることはございませんので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

※自由診療となります。

技工所と連携しています

当院が義歯などを依頼する技工所は、開院当初から付き合いがあり、お互いに信頼関係をしっかりと築いております。患者様のお口にしっかりと合ったものを提供できるよう努めておりますので、お気軽にご相談ください。

美容診療・ホワイトニングについて

岡野歯科医院

美容診療とは

美容診療とは、歯の機能を改善しながら、美しさをも兼ね備える治療です。たとえば、治療の後に使う被せ物にセラミックなどの素材を使うことで、治療後を目立たなくすることができます。また、ホワイトニングでは希望の白さにならない場合も、歯を少しだけ削りセラミックを貼りつけることで、希望の色を叶えられるでしょう。この他、歯並びの改善や歯の隙間を改善することなども、美容診療が得意とする治療です。

患者さまお一人おひとりにあった自然な歯を

オールセラミック(※)やジルコニアなどを使い、患者さまお一人おひとりにあった自然で美しい詰め物・被せ物を作成いたします。前歯などの目立つ部分はもちろん、奥歯などの目立ちにくい部分まで、丁寧に調整していきます。

※自由診療となります。

岡野歯科医院

ホワイトニングにも対応

当院では、GC社のホワイトニングをご用意しております。オフィスホワイトニング(※)・ホームホワイトニング(※)の両方に対応しておりますので、お好みに合わせてご利用ください。お忙しくて通院が大変な方にはホームホワイトニング、自分でホワイトニングを行うことに苦手意識のある方や初めてなので1回だけ試してみたい方には、オフィスホワイトニングが良いでしょう。

※自由診療となります。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 受付不可

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

2019年11月

1
-
2
3
-
4
-
5 6
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内