小児歯科の治療内容|尾野歯科医院

お気に入り

4.5いいね!

口コミ25

最寄駅
名鉄岐阜駅
出口 車27分

住所 岐阜県山県市東深瀬714-1地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

EPARK医療総合アプリ「デジタル診察券」が利用できます。

乳歯が生えたら

乳歯が生えたら

虫歯や歯周病予防対策は、早い方が良いと思います。そこで当院ではお子さまに乳歯が生えたときから、フッ化物応用をおすすめしています。乳歯が生えたときがもっとも吸収しやすく、予防の働きが期待できるからです。1本残らずすべての歯にフッ化物を塗布し、その後も継続的に通院して塗布していただくと、より予防のためになります。

小児歯科の特徴

フッ化物応用は年4回が目安です

フッ化物とは、太古の昔地殻を形成し、人間などの生き物の骨を生成する主原料フッ素が水に溶けたときの呼称です。これを幼児や小児の歯に塗布することで、虫歯になる確率が飛躍的に下がったことから、1994年度には保険適用の虫歯予防の一選択肢となりました。歯科医師と歯科衛生士による塗布が可能で、大人の歯が形成される15歳くらいまでに定期的に塗布するようすすめられています。当院では、年4回を目安にしていただいています。

痛くないように、泣かせないように治療いたします

お子さまの歯を守るには、しっかりとすべき治療を終えなければなりません。しかし治療の意義を十分に理解できないのもお子さまですから、対処には気を使います。嫌われたら、治療は続けられないからです。そこで当院では、和やかな雰囲気作りや痛みをできるだけ与えないようにしています。例えば麻酔は使わないようにしています。お子さまが恐れているのは痛みであり、注射器を見ると、多くのお子さまが恐怖を感じるからです。あくまで最終手段ということにして、どうしても使用しなければならない場合は、針のない麻酔器で軽く麻酔をしてから細い針を用います。雰囲気作りの例としては、1回の治療にかかる時間が短くなるようにしています。長引くと、疲れなどから雰囲気が悪くなり、治療を嫌いになってしまうからです。それからお子さまに限りませんが、歯科医師や歯科医院に恐怖感をお持ちの方がいらっしゃいます。そういう患者さまには、すぐに治療は始めず、お口の中を拝見するだけで終えるなどの工夫をしています。

お子さまの治療には親御さまのご協力が不可欠です

お子さまの治療が円滑に行われるよう、親御さまには、以下の四つの点にご留意いただきたいと考えています。まず受診は午前中にお願いします。お昼過ぎになると、疲れから機嫌が悪くなることが多いからです。お子さまに元気がある、午前中においでください。二つ目は、歯科医院に連れくるためにうそをつかないようにしてください。かえって歯科医院嫌いを増長させてしまうことがあります。逆に治療のあとに、「よく頑張ったね」などとたくさんほめてあげてください。三つ目は、身軽な服装にしてください。お子さまは治療の際に嫌がって泣いたり暴れたりすることがあります。すると汗をかくことになりますので、ご来院いただくときはTシャツなど、軽装でお願いします。最後に待合室でお待ちいただくときの注意です。できるだけリラックスさせてあげてください。本を読んで聞かせることや、お話をしてあげてください。よろしくお願いいたします。

医院からのお知らせ
※WEB予約をご利用される患者さまへ
診療時間外に予約を入れられた場合は、折り返しの連絡が次の診療時間での連絡になります。

ネット予約・空き状況確認

2022年6月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-215091無料通話
  • 受付中
掲載のご案内