EPARK歯科東京都立川市立川駅セントラル歯科医院

衛生面・設備面の両方を兼ね備えた充実した環境で、患者さまに寄り添った治療をご提供

EPARKからのおすすめポイント

完全予約制でスムーズな
診療を受けられます

診療ごとに十分な時間が確保されているので、待ち時間も少なく、治療に専念することができる環境です。

自費診療が中心の
歯科医院です

売上の約8割が自費診療であり、多くの方がセントラル歯科医院の自費診療を希望されていらっしゃいます。

個室の診療室・オペ室が
用意されています

完全個室の診療室やオペ室があるため、プライバシーが守られています。また、衛生管理にも力を入れており不安なく治療が受けられます。

診療受付

受付時間

診療受付時間
09:30~13:00     
14:30~19:00     
14:00~17:00     

交通案内

〒190-0012
東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル2F

■最寄駅からの所要時間
中央本線立川駅 北口 徒歩3分
多摩モノレール立川北駅 北口 徒歩4分
多摩モノレール立川南駅 出口 徒歩8分
青梅線西立川駅 出口 車7分
中央本線国立駅 出口 車11分

外観や受付写真
 

院内写真

  • 受付
  • 待合室
  • 待合室
  • カウンセリングルーム
  • 診療室
  • オペ室

当院は、ゆったりとした待合室やプライバシーに配慮した診療室(個室・半個室)となっており、患者さまにリラックスして治療を受けていただけるよう配慮しています。
さらに、院内感染防止対策にも取り組んでおり、各治療器具の消毒・滅菌には細心の注意を払っています。
患者さまのニーズにお応えできるよう設備環境を整え、知識・技術研鑽にも力を入れておりますので、お困りごとがございましたら遠慮なく当院までご相談ください。

もっと医院写真を見る

特徴

丁寧なカウンセリングと精密検査、個室オペ室でのインプラント治療

インプラント治療の前にその歯を本当に抜く必要があるかの精密な検査を行います。そのために、当院では新しい医療機器を用意しております。
例えば他院で抜歯が必要と言われた場合でも、精密検査の結果、抜歯をしなくて済む場合もあります。その上で、抜歯が必要となってしまった場合、もしくは既に歯を失ってしまった患者さまにご提案できる治療法として、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3つがあります。それぞれの治療法にメリット・デメリットがありますが、入れ歯は取り外しするため前後の歯を痛めることがあり、ブリッジは前後の歯を削らなければならないため、将来、周辺の歯を犠牲にしてしまうことも考慮して治療を進めていく必要があります。一方、インプラント治療は、歯を失った部位に再度噛む力を取り戻すことができ、周辺の歯に負担をかけることもありません。両隣の歯を傷つけることなく残せるということは、患者さまにとって大きなメリットです。
インプラント治療の目的は、患者さまにおいしく食事をしていただき、末永く健康に過ごしていただくことにあります。
また、患者さまの年齢や将来を見据えた治療・設計をしてなるべく体の負担を少なくしており、腫れや痛みを抑えた治療・技術と経験が重要となります。そのため、なるべく歯ぐきを切らないインプラント治療や歯を抜くのと同時に行うインプラント治療にも対応しています。また、当院院長は、歯科医師にインプラント指導を行うために全国を回っており、患者さまにより良いインプラント治療をご提供できる体制を整えています。

特徴画像

歯科用CTやマイクロスコープを用い、細部まで丁寧な治療を実現

長期間にわたり根の治療を行っても治らなかった歯や抜歯が必要と判断された歯でも、精密な検査と肉眼の数十倍の視野を確保できるマイクロスコープを使うことにより、治療を行い治すことができる場合もあります。
根の治療は歯科の治療の中では特に難しく、成功率の低い治療です。しかし、根は歯冠部を支えるための重要な部分であり、根の治療がしっかりしていないと、その上にきれいな歯を乗せても意味がなくなってしまいます。
そのため、当院ではマイクロスコープを用い、精密な治療を行うことにより患者さまの大切な歯を守ることに努めております。マイクロスコープを使った根管治療は自費診療となりますが、多くの患者さまが受けられています。

特徴画像

精密検査で原因の追及、治療計画の説明とご納得いただける治療の提供

何かしらの問題が生じて来院された患者さまに対し、主訴部位の痛みを取り除く治療だけを施せば、また同じような問題が起こる可能性があります。当院では、患者さまの背景なども含めて問題の原因を追究し、患者さまの現状をきちんと把握すること、その詳細を患者さまにご説明することを重視しています。
技術があれば、歯の問題を解決することは容易ですが、「治療が必要ない状態を作りあげること」にこそ意味があると考えています。そのため、一つひとつのステップを丁寧に踏んでいくことで、「患者さまの歯をお守りすること」を最終的な目標としています。
当院のカウンセリングでは、新たな虫歯やトラブルを発生させないことを目的に、患者さまの現状や治療方法、そのメリット・デメリットを全てご説明いたします。患者さまにしっかりご理解いただくためにお時間を頂戴し、歯科用CTやマイクロスコープを用いて得た情報などを全て活用してまいりますが、ご不明な点などがあれば、ぜひお気軽にお尋ねください。

特徴画像

ヨーロッパ基準の衛生管理を行い、院内感染予防対策を徹底

歯科医院を選ぶ際の基準に、衛生管理が徹底されているかという点を気にされる方は多くいらっしゃいます。
目が届かないところであっても、きちんと管理されていることが、患者さまとの関係を構築する鍵であると当院では考えています。
まず、使用した医療器具については、ジェットウォッシャーで洗浄したのち、クラスBの高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)で滅菌処理を行っています。滅菌後には、患者さまお一人に使用する分を個別にパッキングし、患者さまの目の前で開封しております。また、エプロンやコップ、グローブなどにはディスポーザブル(使い捨て)の製品を採用し、治療に際しては過酸化水素水を用いるなど、細部への配慮も欠かさず行っています。空中に飛散した細菌を吸収するため、チェアごとに設置した空気清浄機で、目に見えない空気中においてもこだわり、患者さまが落ち着いて治療を受けられる環境を今後も整えてまいります。

特徴画像

治療方針を見る

インタビュー

患者さまを第一に考えた診療をご提供 技術、設備、器具機材、素材選びに至るまで全ては患者さまの事を考えてより適したものを揃えています。

私どもは常日頃から、「これを患者さまの最後の治療にしたい」という思いをもって、治療にあたっています。基本的な技術を磨き、丁寧な治療を行うことで、再治療の必要がない長持ちする治療を――これが、私どもの目指す歯科医療です。しっかり時間をかけてカウンセリングを行い、患者さまの状態をしっかり見極め、お話をおうかがいすることで、患者さまの人生のタイミングに合わせた治療をご提案できれば、最後まで食事を楽しんでいただくことができます。そうしたお喜びをお届けできるよう、今後も全力で努めてまいります。

もっとインタビューを見る

様々ある歯科治療の中で力を入れて学んだことは何ですか?その理由も教えてください。

歯科医療の全ては、ものを「噛む」ために行うものであり、噛めなければ意味を成しません。
そういう意味で、私が力を入れてきたことは噛み合わせの改善であり、「噛む」という機能を取り戻すことと言えます。たとえインプラントの埋入を得意としていたとしても、そこに装着する歯でものをしっかり噛むことができなければ、患者さまのQOLは下がってしまいます。
噛み合わせに影響を及ぼすものは、歯だけではなく、骨格、筋肉の付き方、関節、歯茎など、お顔周りのほぼ全てが関わります。
当院では初診時に、1時間半ほどかけて、患者さまのお顔周りの状況を全般的に診させていただき、カウンセリングで生活習慣などについてお伺いしています。問題の原因を追究するために全てを調べ尽くし、患者さまお一人おひとりによりよい治療をご提供できるよう今後も勉強を続けてまいります。

今まで診てきた患者さまの中で心に残っている印象的なエピソードがあれば教えてください。

60代後半のある患者さまが、上下の歯に長いブリッジが入った状態で当院においでになりました。患者さまご自身に自覚はなかったのですが、そのブリッジの一つひとつがグラグラしており、その下の歯もかなり痛んでいる状態だったのです。この状態でブリッジをやり直しても、土台が不安定なため、数年のうちに再度トラブルが起きる可能性も否定できない状況でした。そして、1から治療し直す必要があるということを、設計図を起こしながら患者さまにご説明し、治療を進めていきました。
その結果、「しっかりものが噛めるようになった」とお喜びいただけたのですが、特に印象的だったのは、「同年代の友人が同じような状況で入れ歯にしたところ、思わぬ入院生活を送ることになり、大変苦労していた。私は将来を見越した治療をしてもらったおかげで本当によかった」と仰っていただけたことです。現在、たいして不自由に感じていなくても、将来問題が生じかねないなら、健康なうちにしっかり治療をしておくことが大切だったと患者さまに思っていただけたことは、当院の理念に通ずるものがあり、とても印象に残っています。この患者さまは今もご家族とご一緒に通院してくださっています。

診療のモットーを教えてください。

当院では、原因の追究と除去、情報提供、治療、予防を4つの柱に掲げ、日々の診療にあたっています。
患者さまの問題の原因がどこにあるのか、なぜそういった状況になったのか、問題を放置するとどのような事態が予想されるのか、そのために必要な治療はどのようなもので、そのメリット・デメリットは何か…歯科医師が患者さまに伝えるべき情報は多岐にわたります。ですので丁寧なカウンセリングを通してこれらの情報を全て患者さまにお伝えし、理解していただいたうえで、治療を進めるようにしています。
治療後に重要になるのは、その状態を維持するためのきちんとしたメンテナンスです。当院では、3ヶ月に1度を基本として患者さまの口腔内の状況に応じてメンテナンスの間隔をご提案しています。歯科衛生士がしっかり口腔内のクリーニングを行うのですが、こうしたメンテナンスの流れをきちんと機能させてこそ、患者さまの歯をお守りすることにつながり、患者さまの生活の質が向上していくのだと思っています。
例えば死ぬ前に3つの願いごとを叶えられるとしたら、その中には、家族や親しい友人との食事が含まれるのではないでしょうか。好きなものを美味しく食べることができるというのは、それほど大きな価値のあることです。その幸せを実感していただけるよう、スタッフが一丸となって患者さまをサポートいたします。

今後力を入れていきたいと考えている治療について理由と共に教えてください。

歯科医療においては、基本技術を高めていくことが非常に重要です。ですので、基本技術を高めつつ、新しい知識や技術のよしあしを見極め、本当に良いものだけを導入していきたいと考えています。
また、現在はインターネットの時代ということもあり、ご年配の患者さま方に対して情報をいかにご提供するかというのも課題です。ご年配の方は、体調の変化によっては、歯科医療を受けることが難しくなる可能性もありますので、治療を受けられるうちに噛み合わせを正し、食べる喜びを感じていただきたいと思っています。
今後も患者さまの「噛む」喜びにつなげるため、各々の技術を磨くと同時に、情報発信に努めてまいります。

医師スタッフ

院長写真

院長 髙橋 由(Yu Takahashi)

当院では、問題の原因追究、情報提供、治療、予防の4つを大きな柱として掲げ、日々の診療にあたっております。お口の中に問題が生じるのには、何らかの原因があります。その原因をはっきりさせ、取り除かなければ、治療を行うことはできません。また、原因が何にあったか、お口の状況はどうであったかを患者さま自身にご認識いただき、治療に臨んでいただくことで、ご自分の歯を守るための素地づくりをしていただきたいと考えております。
何らかの問題が生じてから治療を行うのは簡単ですが、ご自分の歯を守るためには長期的な取り組みが必要です。治療のために削ったり、抜いたりすれば、歯はもとにはもどりません。私どもは、治療を必要としない期間をできるだけ長く維持していただくため、全力を尽くしております。
当院では、歯を守る大切さを患者さまにお伝えし、患者さまと一緒に歩みを進めてまいります。そうした取り組みによって、口腔内の環境に興味を持っていただければ、これに勝ることはありません。
歯科医院は決して嫌なところではありません。自分の歯がなぜ悪くなってしまったのか、関心を持って歯科医院においでください。私どもは、患者さまの疑問にとことんお答えし、患者さまが自らその一歩を歩み出してくださるよう、力の限りサポートさせていただきます。

院長略歴

  • 2005年 松本歯科大学 卒業
  • 2011年 セントラル歯科医院 開院

歯科医師
伊東 恵理(Eri Ito)

スタッフ写真

歯科医師 高橋 道典
(Michinori Takahashi)

スタッフ写真

セントラル歯科医院の基本情報

医院名

セントラル歯科医院せんとらるしかいいん

開院年月日

2011年8月1日

住所

〒190-0012 東京都立川市曙町2-8-29 村野ビル2F

アクセス

中央本線立川駅 北口 徒歩3分

多摩モノレール立川北駅 北口 徒歩4分

多摩モノレール立川南駅 出口 徒歩8分

青梅線西立川駅 出口 車7分

中央本線国立駅 出口 車11分

診療受付・休診日
  • 水曜・日曜・祝日
  • 土曜診療
  • 18時以降診療
診療受付時間
09:30~13:00
14:30~19:00 
14:00~17:00    
診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 親知らず 歯科口腔外科 矯正歯科 マウスピース矯正 噛み合わせ 予防歯科 歯科検診 インプラント 美容診療 ホワイトニング ホームホワイトニング 顎関節症 ドライマウス クリーニング PMTC
施設規模
診療チェア数7台
先生の人数常勤男性2人 女性1人
スタッフの人数常勤女性8人
お問い合わせ

042-512-7643

データ更新日:2020年1月16日

特徴

施設情報

個室制

サービス

急患対応

掲載のご案内