歯科・芝クリニックの5つのこだわり

こだわり

治療の事前説明

今のお口の状態を理解していただき、一緒に改善していく治療を行っております

患者さまへ納得のいく説明を行い、お口に興味を持ってもらえるよう努力しています。

当院では、患者さまご自身にお口の状態を理解していただいてから治療を行うよう、心がけております。例えば、自分ではきちんと歯磨きをしているつもりでも実際はできていないケースが多く、口腔内カメラで見て初めて歯石、歯垢(プラーク)がついていることに気づかれます。

浅い虫歯、神経を取らなければならないほどの深い虫歯、外部からの衝撃で折れてしまった歯、お口の中の損傷など口腔内カメラで撮影した写真で状態を見ていただき、治療内容の説明をすることで患者さまに、より納得したうえで治療をすることが、可能だと考えております。

昔は歯医者に行くと削られて、いつの間に治療が終わっている、といったことがあったかもしれません。しかしご理解いただいた上で治療することで、患者さまご自身が自分のお口に興味を持つことができますし、お互いが納得のいく治療ができると思っております。

症状の原因を追求して、ライフスタイルからの改善をしていきましょう

当院では、ただ治すだけでなく、何が原因でなったのかを追求し患者さまが健康な歯で生活できるようにサポートをさせていただいております。コミュニケーションをとらせていただく際に、症状の確認をして、治療をするだけでなく、一体なぜそのような状態になったのかもお話しをさせていただいております。

例えば、歯石が付着している場合、ストレスが原因なのか、ブラッシング不足なのか、生活環境をお伺いすることで、今の状態になってしまった原因の追求をしています。そうすることで、食生活、生活環境など、全体的にみたお口のケアの指導をさせていただけるからです。患者さまによっては、お薬を服用している方、身体に病気を患っている方もいらっしゃるので、ご負担の少ない治療計画を立てるようにしています。

こだわり

先生の専門性・人柄

患者さまが自身の歯の状況を説明しやすいように、緊張が解けるよう努めています

患者さまが症状を伝えやすいように笑顔でのコミュニケーションを大事にしています。

当院では、患者さまが考えていることを緊張せずにしていただけるよう、コミュニケーションを大切にしております。歯医者に初めてご来院される方ですと、自分の歯の状況を自ら歯科医師へ説明しづらいことがあると思います。

状態を理解しきっていないこともあるのでしょうが、緊張していて思ったように話すことができないということがありますので、患者さまの緊張をほぐす意味でも、なるべく歯科以外の話をするようにしております。

医科と連携して無呼吸症候群(OSA)、いびきの治療もしております

少しでもいびきなど気になる方は、気軽にご相談ください。

当院では、この50年間で明らかになった重要な病気の1つである「無呼吸症候群」の治療、いびきの治療もさせていただいております。

無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まる病気です。無呼吸症候群は軽症の場合は、スリープスプリント(※)というマウスピースを装着することで、症状を抑えることができ、十分な睡眠を得ることが可能になります。治療時にもしかしてという方にはこちらからもお声がけをさせていただいておりますし、患者さまからも気になる方がいらっしゃれば、お声がけいただければと思います。

呼吸が少なくなると酸素をうまく体内に入れることができなくなり、高血圧、虚血性心疾患、脳血管障害になるリスクが高くなり死に至る場合がありますので早期に発見することが重要です。医科と提携しております。

患者さまがお困りになる前に気づくことができるよう意識しています

患者さまがお帰りの瞬間まで心地よく居られるよう、院内環境を整えています。

当院では、患者さまに笑顔でお帰りいただくための心遣いを意識しております。患者さまとのコミュニケーションはもちろん、お困りになる前の心遣いはとても大切だと思っているからです。例えば足が悪い方いらした際には先にタクシーを呼んでおくことで、負担をなくすようにするなど、小さなことかもしれませんが、きめ細やかな配慮をしております。

こだわり

痛みへの配慮

患者さまの感じる痛みと痛みによる精神的な負担をなるべくなくせるように配慮しています

患者さまの痛みを少しでも減らせるように、治療を行っております。

当院では、できる限り痛くない治療のご提供を目指しております。歯の治療は痛いというイメージがある方も多くいらっしゃることでしょう。ご自身の歯でしっかり生活をしていくためには、お口の問題の早期発見、早期治療が何よりですが、そのためには歯科治療に対しての「痛い」というイメージなくす必要があります。

当院では、できる限り痛みの出ないよう、麻酔は麻酔薬の入るスピードが一定となることで手動よりも痛みを感じることの少ない電動注射器を使用しています。

また、痛みの軽減のためにレーザーを使用しています。使用例としては、抜歯時の止血、抜歯後の傷の治癒の促進、顎関節痛、口内炎などです。あらゆるお口の痛み、症状に対応しており、痛みの軽減、治癒の促進を促すことが可能です。技術的な面はもちろんですが、痛みを抑えた治療で、患者さまの精神的な負担を軽減できると思います。

こだわり

イチオシの院内設備

快適な空間で、患者さまにリラックスをしていただくために

気持ちよく診療を受けていただけるように、減菌対策も徹底しております。

当院では、開放感のある作りにして、患者さまにリラックスしていただけるようにしております。開放感を出すためにも治療室はオープンな作りになっています。それにより、動線が確保できるため治療時に移動するときもスムーズに動けるようになっています。また緊張を和らげるためにも患者さまがリラックスできるような室内音楽をかけています。

当院では、使用器具はすべて大小2台のオートクレーブで滅菌消毒しております。また、医院全体も日々の清掃、空気清浄機、加湿器等で清潔に保つように心がけております。

こだわり

衛生管理に対する取り組み

当医院の新型コロナウイルス感染症対策

当医院では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大をふまえ、院内感染予防対策として以下の対策を実施しております。

【施設内の予防対策として】
・「密集、密接」を回避するため、待合室の人数をできる限り少なくしています
・待合室に空気清浄機を設置しています
・待合室の雑誌、新聞、ウォーターサーバー等は撤去しています
・治療内容により予約の間隔や治療用チェアーの調整をおこなっています
・定期的に換気をしています
・院内に消毒液を設置しています
・ドアノブなど院内の手に触れるすべての箇所を消毒液にて拭いています
・その他、歯科医師会や各学会等の指針や情報に基づいた対策をおこなっています

【スタッフの予防対策として】
・通常診療時以上のスタッフの感染防護対策(フェイスガード、キャップ、ガウンなど)の徹底をしています
・スタッフに検温を徹底し、倦怠感などの症状があれば自宅待機するよう徹底しています

【患者様へお願いしている予防対策として】
・事前問診、感染疑い症状がある場合の電話等による事前対応へのご協力をお願いしています
・ご来院前に検温をお願いしています
・37.5℃以上の発熱・のどの痛み・せき・だるさなどの症状、あるいは嗅覚異常、味覚異常などの症状がある場合には診療を延期していただく可能性がございます
・診療時以外はマスクの着用をお願いしています
・入室時には必ず手指消毒をお願いしています
・診療室、待合室の人数を減らすため、予約の厳守をお願いしています
・治療の前に抗菌性のうがい液でうがいをお願いしております



患者様に安心してご来院いただける環境づくりに努めて参ります。ご理解とご協力をお願いいたします。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

可能 可能

2020年7月

1
2 3 4
5
6 7
8
9 10 11
12
13 14
15
16 17 18
19
20 21 22
23
24
25
26
27 28
29
30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9801-217424無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内