インプラントの治療内容|植村歯科クリニック

お気に入り

4.3いいね!

口コミ8

最寄駅
隼人駅
出口 徒歩2分

住所 鹿児島県霧島市隼人町内山田2-2-2地図

  • 土曜診療
0066-9801-216185 無料通話

インプラント

インプラントは自分の歯のように強く噛め、歯並びもきれいに仕上げられる治療方法です

インプラントは自分の歯のように強く噛め、歯並びもきれいに仕上げられる治療方法です

失った歯を補う治療は、ものを噛める状態にするためだけでなく、歯を支える骨を残すためにも重要です。じつは歯を抜いてしまうと、それまでその歯を支えていた骨がやせていってしまうことがあるのです。これは支える歯がなくなったことで、もう骨がそこにある必要がなくなるからだと考えられています。しかし骨がやせてしまうと、お口の中のバランスが悪くなってしまいます。

そこで当院は、失った歯を補う治療としてインプラント(自由診療)をおすすめしています。インプラントは顎(あご)の骨の中に人工の歯を埋め込む治療方法のため、歯を支える骨がやせてしまうことを防ぐことができます。歯並びもきれいに仕上げることができるため、治療後は自分の歯と同じように食事を味わったり、会話を楽しんだりすることができます。

失った歯を補う治療には、インプラントのほかに部分入れ歯やブリッジという方法もあります。しかしこれらは、失った歯の隣の歯に留め具などを使って固定する方法のため、健康な歯に負担がかかるというデメリットがあります。ただ、インプラントは保険がきかない自由診療です。部分入れ歯やブリッジよりも費用が高額になることが多いという問題はあります。メリット・デメリットを理解した上でご選択いただければと思います。

総入れ歯の患者さまでも、インプラントで入れ歯を固定することで強く噛めるようになる場合があります

患者さまの中には、失った歯の本数が少ない場合はインプラントを、本数が多い場合は入れ歯を選ぶ、とお考えの方が多くいらっしゃいます。たしかに失った歯の本数が多い場合、手術の負担が大きくなることや費用が高くなることを考えると、インプラントを選ばないことは妥当に思えます。しかし安定性の面から考えると、入れ歯はインプラントに敵わないのが事実です。

そこで当院は、この問題にお応えするための治療方法をご用意しています。それはインプラントで入れ歯を固定する治療方法です。失った歯の本数分のインプラントを埋め込むのではなく、たとえば顎の奥に数本だけインプラントを埋めて、それを土台にして入れ歯を設置するのです。歯茎にくっつけているだけの一般的な入れ歯に対して、顎の骨にしっかりと埋め込んで固定しているため、とても安定性の高い入れ歯になります。

この方法であれば、ものが噛みやすくなりますし、インプラントの本数も少なくて済みます。費用面についても、患者さまの負担をかなり抑えられます。現在使用している入れ歯の噛む力にご不満のある方は、一度ご相談ください。

0066-9801-216185無料通話
掲載のご案内