EPARK歯科熊本県宇土市宇土駅熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック宇土院

医院からのお知らせ

ご希望の条件での受付は仮受付です。 予めご了承ください。

パール総合歯科は「私たち自身が治療を受けたい歯科医院」を目指します。

EPARKからのおすすめポイント

土曜日午後も診療!

土曜日は18時半まで診療をしているので、子育てやお仕事で忙しい方でも通いやすい歯医者さんです。

女性歯科医師が在籍!

女性歯科医師が常勤で在籍しているので、男性歯科医師が苦手な方でも気軽に通える歯医者さんです。

総合歯科クリニック!

スタッフが多数!医療設備も充実しており、リラックスして診療を受けられる歯医者さんです。

「熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック宇土院」の特徴

自分の歯を失わずに済むようにすることは、健康のためにも大事です。
当院では、治療後にはじまる定期的なメンテナンスこそが、実は治療のはじまりと考えます。
お子さまから高齢者まで、幅広い年齢層の方に来院いただけるファミリー対応の歯科クリニックですが、
「総合」という文字通り、100人いれば100様、まったく違うお口の状態に合わせて医院の総合力で診察・治療に当たります。

 

診療受付

歯医者・歯科への電話予約についての注意事項

※お客様が予約専用電話番号に発信した電話番号は、予約確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

受付時間

診療受付時間
09:30~12:30
14:00~18:30

■混雑時間情報
17時から比較的混み合います。

お勧めの時間帯 15時~17時

 

交通案内

熊本県宇土市高柳町字島之内20-9

鹿児島本線 宇土駅 より車で約6分
三角線 緑川駅 より車で約4分
また駐車場も複数ご用意しております。

「徒歩3分」エリアのランドマーク情報
宇土市役所

外観
 

 

EPARKに寄せられた熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック宇土院を利用した患者さんの声です。
患者さんのよい声は励みに、患者さんのよくない声は貴重なご意見として真摯に受け止め、積極的に改善を図っております。

すごく綺麗なクリニックで、先生や歯科衛生士さんの対応もとても丁寧で親切でした。

きょうちゃんさん 熊本県 40代 女性 投稿日 2017/11/07

受付でも、診察室でも、親切、丁寧に対応していただきました。ありがとうございました。設備も綺麗で清潔感がありました。

ムックさん 熊本県 40代 男性 投稿日 2017/09/25

初めての歯医者で凄く不安で仕方なかったんですが予約し電話での連絡の対応が凄く良くて安心しました!施設も設備も凄く良いと思いました!

とときんさん 熊本県 20代 男性 投稿日 2017/08/09

 

 

  • 外観当院は完全バリアフリーの 創りになっております。
  • 待合室明るい光が差し込む 待合室でお待ちください。
  • カウンセリングルームまずはカウンセリングルーム にてしっかりお話を お聞かせください。
  • 診療室診療室です。 個室もございますので ご安心ください。
  • 歯科用CT歯科用CTを使って 精密な検査を行います。
  • スタッフ一同お困りのことなど ございましたら お気軽にご相談ください。

パール総合歯科では医療設備の充実はもちろんのこと、
歯科医師・スタッフのホスピタリティ、院内感染対策への取り組みなどを常に意識し改善を図っております。
ご来院いただく患者さま方が笑顔で帰ることのできる医院づくりをこれからも続けて参ります。

 

 

特徴

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニックの患者様に対する【目標】

歯を失わないようにすることが目標です。「虫歯」「歯周病」のない健康なお口づくりを目指しましょう。

歯科医院に来られる方は、大抵「歯が痛い」「虫歯検診で要治療といわれた」など、問題や痛みなどを機にご来院されます。まず、患者さまの歯の状態をレントゲンや実際に見ることですべて把握してから、来院されたきっかけの治療の先を見据えた治療の計画を作成していきます。
当院では、12歳前後のお子さまなら「虫歯のない永久歯列を作る」、成人の方なら「治療後に新しい虫歯を作らない」「歯周病を防ぐ」「今以上に歯の本数を減らさない」ことを目標にしています。将来的に歯の本数を減らさないようにするようご提案しています。
詳しいご説明はもちろん、患者さまのご希望や疑問に答えながら、一緒に治療の計画を作成していますので何でもご相談ください。
旧来の治療法である入れ歯や、ブリッジなどは、将来的に歯を痛めてしまう可能性が考えられる治療法に関しては、メンテナンス方法だけでなく、傷んだ歯や歯ぐきをどうすればダメージを改善できるかを考え、新しい歯科医療やより精密な治療法を学んでおり、情報共有も行っています。総合技術を動員して患者さまのお口の健康を保ちます。

診察風景

ひざ上診療からはじめる【小児歯科】

小さいお子さんは歯医者の診察室が苦手!ですので託児ルームでのひざ上から歯科医師に慣れていただきます。

待合室で聞こえてくるのは、歯を削る音や別のお子さまが泣いている声だったりと歯医者は怖い場所と思うお子さまは多いものです。また、スタッフがマスクをしているため表情がよくわからず、不安に感じられるお子さまもいらっしゃいます。
当院では歯医者に慣れていなかったり、拒否が強いお子さまをいきなり診察室の椅子には座らせないようにしています。最初に託児ルームでリラックスいただき、歯科医師や歯科衛生士のひざの上に乗ることから開始していきます。託児ルームでは保育士がついておりますので、離れて過ごすところから慣れてもらうようにしています。そして、先生のひざの上で、少しずつ治療を始めていきます。慣れてきて診察室での治療を受けられるようになったお子さんの様子はモニターで見守ることができるようになっています。
小さなお子さまは、早めに虫歯を治し、永久歯に生え変わる前や乳歯の状態からお口の中をきれいに保つことが将来を左右します。 お子さまにきれいな歯並びを希望される親御さんには「カウンセリングルーム」をご用意しておりますので、ご相談いただけます。じっくりと小児矯正についてご説明させていただきます。きれいな永久歯列は、お子さまがおとなになった時に、貴重な財産になるはずです。

キッズルーム

少ない本数でで多くの歯を取り戻せる治療法【All-on-4®】

歯を失ってしまった方におすすめ。「ALL-on-4」で施術すれば、その日に食べ物を噛むことが出来ます。

ほとんどの歯を失った方は、総入れ歯でなく「ALL-on-4」で施術すれば、その日に食べ物を噛めます
当院では、20年前よりインプラント手術を行っています。材料によって保健が適応になるものと、ならないものがございます。
症例をこなしていれば、当然腕は良くなりますが、インプラントは常に研鑽する必要がある分野でもあり、それを怠ることはありません。
インプラントをご希望される方で、ほとんど歯が残っていない方には「ALL-on-4」という施術をお勧めしています。これは身体への負担も費用も抑えたインプラントです。手術も短時間ですみ、固定式仮歯を入れますので、手術日からものが噛めるようになります。
「ALL-on-4」は、この方法を日本で広める教育機関としての役割も果たしている「マロクリニック東京」へ当院の歯科医師と患者さまが行って施術をしてもらいます。九州で「ALL-on-4」は年に数回ですが、「マロクリニック東京」では、毎週のようにこの手術をおこなっています。当院はこの「マロクリニック東京」と九州で唯一提携関係を結んでいます。

治療風景

不安や恐怖感が取れない方にお勧めの【ハイブリッド鎮静法®】

リラックスして眠っている間に治療や手術が終わっている痛みのすくない歯科治療を受けることができます。

当院で開発、登録商標を取得した「ハイブリッド鎮静法」を用いて痛みを感じない治療や手術を受けることができます。この鎮静方法で麻酔を患者さまに施してから、治療に入ります。この方法が向いているのは時間がかかる外科手術ではなく、治療の痛みに恐怖を感じる方や、不安な方、そして口の中に治療機器を入れると反射的に吐き気を催してしまう方などです。
「ハイブリッド鎮静法」では、そのまま心地よく寝てしまう患者さまも多く、起こすと「痛くなかった」「時間が短く感じました」と言っていただけます。この方法は麻酔の状態をさほど気にせずに済むメリットもありますが、万一処置が長引いてしまう場合に備えて麻酔専属歯科医師が当院に常駐しており、本格麻酔を行います。

治療風景
 

インタビュー

キャッチコピー

健軍院も宇土院も、カウンセリングルーム、予防歯科ルーム、
オペ室と、診察室以外の部屋を別に設けています。
また、診察室は隣とユニットで区切って、
診察時の人目を遮るように配慮しています。

理事長である私とスタッフとの連絡は、各院の代表で構成する幹部会経由でスタッフ全員に伝わります。
私の考えや、重要な情報を伝えていますが、
あとは各院に任せています。
また、スタッフは各自勉強会に参加するなど研鑽をおこたりません。

もっとインタビューを見る

歯科医師として特にやりがいを感じる時はどのような時ですか?

インプラント治療が終わったあとで「生活が楽しくなった」「食事が噛めるようになって本当に嬉しい」と患者さまに言っていただけると、やはり、やりがいを感じます。

インプラントをせざるを得ない患者さまは、施術前は歯がグラグラしていたり、無い歯が多くて、歯ぐきも歯周病が悪化されています。そういう患者さんの表情は、どうしても暗くなりがちです。ものを噛むことができずに、この先どうなるのか不安になりますし、その気持ちのまま来院されます。
ところが、インプラント治療が終わりに近づくと、みなさん表情が明るくなってくるんです。特に女性は明るい色の口紅をさしたり、メイクもきちんとされて、洋服も明るいデザインになります。髪型にも気を使うようになりますね。もう、別人のようです。

自分の歯できちんと食べられる、お口の中がスッキリしてくると、全身どころか精神的にも大きな影響があることがわかります。そのうえで、感謝されるのは、とてもやりがいを感じられます。
また、当院では治療やインプラントされた方のメンテナンスも見させていただいていますが、ある時、メンテナンスさせていただいている患者さまに「インプラントも全然悪くならないね」と言われて、調べたらインプラントから11年目でした。言われた当時は開業してから12年経ったときですから、自分でも少し驚きました。患者さまのお手入れも良かったこともありますが、歯医者冥利に尽きますね。

これまで数多くの様々なタイプの患者さんを診てこられたと思います。
その中でも特に印象に残っている患者さんとのエピソードをお聞かせください。

いちばん強烈に残っているのは、年配の女性の患者さまですね。インプラント治療により口腔内が腫れた状態で来院されたんです。「これは難しいな、どうしようか」と考え込むほどひどい状態でした。

まずは上顎のインプラントを当院の方法できちんとやり直しました。それでものが噛める状態になって、すごく喜んでいただけました。それまでは腫れが酷くてものを噛むどころではなかったのですから。
下顎の方はというと、ブリッジが無理矢理に組まれていたのですが、これが歯ぐきに食い込んで骨が見えそうな危うい状態でした。すぐに措置すべきか迷いましたけれど、下の歯はまだ噛めたので、「とりあえずこのままにしましょう。お金もかかりますので」と申し上げました。
ところが、その患者さまは「先生にお任せするから、いいタイミングでいつでもやってください。冥土の土産にお金なんていらないでしょ」と言ってくださりました。

しかし、その患者さまはその後、全身疾患で体調がすぐれなくなり、インプラント手術にドクターストップがかけられてしまいました。外科手術が必要になるため、麻酔医による麻酔をかけての施術になるのですが、麻酔医にも断られました。それでも「どうしてもやってほしい、文句は言わないから」という強いご希望で、下顎のインプラントの治療は4年後になりました。
身体への負担も少ない「ALL-on-4」で私が全責任を負うことを条件にやらせていただき、無事成功しました。実際に、全身症状が悪化することはありませんでした。本当に私どもにとって思い出深い患者さまでした。

平日は診療、週末は研修の繰り返しとのことでとても多忙な前田先生のリラックス(息抜き)方法はなんですか?

家族やスタッフを連れてよく外食にいきます。食べ道楽なので、みんなで美味しいものを食べたり飲んだりするのが好きなんです。

最近は、スポーツクラブにハマっていまして、仕事あとでも行っていますね。まず筋トレをして、それからスイミング、あとはシャワーを浴びて帰って、家族やスタッフとお店に出かけます。 プールで泳いでいる時は、いろんなことを考えすね。飲んでしまうとお酒が入って考えられないので、スイミングはけっこうリラックスして考えられる貴重な時間といえます。 ほかにテニスやサイクリングなど、身体を動かすというか、仕事では1日室内にいますから、思い切り広い空間で発散しているのかもしれません。

前田先生が設計されたこの医院様の創りで、特にこだわられた箇所、コンセプトを教えてください。

歯医者とわかると怖がる方もいるので、歯医者らしくない歯医者を作ろうと考えついたんです。健軍院は、特に半円形の外観にこだわりました。イメージは思いつきです(笑)。ラフスケッチを建築士さんに渡して実現しました。

内装面は、設計時に気に入っているホテルを参考にしていたりします。宇土院は、外観はスッキリしていますが、外資系のホテルっぽく見えますよね。これは、あるホテルがお気に入りだったころに作ったせいです。内装も受付の制服もホテルのイメージがあります。

健軍院も宇土院も、カウンセリングルーム、予防歯科ルーム、オペ室と、診察室以外の部屋を別に設けています。また、診察室は隣とユニットで区切って、診察時の人目を遮るように配慮しています。 また、小さいお子さまをお持ちのお母さまなら、ベビーカーのままあがっていただけます。待合室では無料でWi-Fiをご利用いただけます。
院内の衛生面にも気を配っていますので、不安なくおいでいただけます。

医院様の「チーム医療」の団結力を深める為に何か取り組まれていることなどございますか?

三ヶ月に一回、「健軍院」と「宇土院」両院のスタッフ全員参加ので勉強会を開催しています。
内容は、丸1日ギッシリです。まず重要事項を記入する「朝礼ノート」を見直し、大事なことを振り返って再確認します。さらに、各院の症例発表では情報を共有し、講師を呼んでの講義をしてもらうこともあります。そのあとは全員で飲みに行きます。これはこれで、チーム力を高めるとともに、団結に役立っているのではないでしょうか。

理事長である私とスタッフとの連絡は、各院の代表で構成する幹部会経由でスタッフ全員に伝わります。私の考えや、重要な情報を伝えていますが、あとは各院に任せています。 また、スタッフは各自学ぶことに貪欲で、日々勉強を行っています。それに加えて来てくださる患者さまが多いので症例が多く、それもスタッフの実力とチームの総合力を増していると考えます。

 

医師スタッフ

院長写真

理事長略歴

  • 1986年3月鹿児島大学歯学部 卒業
  • 1995年4月パール歯科クリニック 開業
  • 1997年7月医療法人エステティックライン 設立
  • 2004年高知アーク歯科 開院
  • 2009年10月宇士パール歯科クリニック 設立
  • 2018年7月熊本パール総合歯科・こども歯科クリニック宇土院 開院
  • 2019年9月熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック宇土院へ院名変更
  • 現在に至る

理事長 前田 明浩(Akihiro Maeda)

歯は気になるけれど、子どもの頃に歯医者さんに怒られたり、一方的に歯を抜かれた記憶がある方も多いでしょう。そうした、よくない記憶から歯医者になかなか来られない方がけっこういらっしゃいます。

しかし今の歯科医師はむやみと歯を抜きません。できれば残す方向になっています。歯科医師やスタッフが自分でもかかりたいと思う歯科医院でありたいと思っていますので、患者さまにも納得いただけるよう、常に考えています。

当院は見かけが歯科医院らしくないのですが、それも歯医者に行く不安感を少しでもなくすため。リラックスいただける空間になっています。

基本は地元のファミリーを向けの歯医者ですから、ふつうの虫歯や歯周病治療もきっちり直します。お電話だと緊張してしまうという方はインターネットからお気軽にご予約ください。

 
院長写真

院長 木村 太郎(Taro Kimura)

アットホームな診療を心がけます。

院長経歴

  • 2017年3月 北海道医療大学 歯学部卒業
 
 

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック宇土院の基本情報

医院名

熊本パール総合歯科・矯正歯科・こども歯科クリニック宇土院くまもとぱーるそうごうしかきょうせいしかこどもしかくりにっくうといん

開院年月日

2009年10月

予約
住所

〒869-0452 熊本県宇土市高柳町字島之内20-9

アクセス

鹿児島本線宇土駅 出口車6分

あまくさみすみ線緑川駅 出口車4分

鹿児島本線熊本駅 東口車28分

診療時間
診療受付時間
09:30~12:30
14:00~18:30
診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 親知らず 歯科口腔外科 小児矯正 矯正歯科 小児歯科 マウスピース矯正 ワイヤー矯正 噛み合わせ 予防歯科 歯科検診 訪問歯科診療 インプラント 美容診療 ホワイトニング ホームホワイトニング オフィスホワイトニング 顎関節症 口臭 無痛治療 笑気麻酔 レーザー治療 クリーニング PMTC つめ物・かぶせ物
施設規模
先生の人数常勤男性2人
スタッフの人数常勤女性9人
お問合わせ

0964-53-9898

データ更新日:2017年9月15日

特徴

施設情報

駐車場あり

サービス

院内処方|カード払いOK(自由診療)

0066-9750-049609無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内