入れ歯治療で多くの患者さまが紹介でご来院。患者さまがしっかり噛めるようになるのが、当院の願いです

いろいろな入れ歯をご提案し、患者さまのご要望をお伺いしてから、合った入れ歯を作製しています。

入れ歯・義歯

入れ歯治療で多くの患者さまが紹介でご来院。患者さまがしっかり噛めるようになるのが、当院の願いです

当院は入れ歯を得意としており、入れ歯を入れられた患者さまによるご紹介を受け、多くの患者さまにご来院いただいております。入れ歯に際して心がけているのは、患者さまの痛みがなくなり、納得されるまでとことんお付き合いさせていただくということです。

入れ歯には多くの種類があり、そのメリット・デメリットもさまざまです。当院では、患者さまにご自身のレントゲンを見ていただきながら、おのおのの特徴を提示し、ご検討いただき、費用のご負担についても、しっかりご説明したうえでご選択いただきます。

入れ歯によって、しっかり噛むことができる喜びを感じていただけることが、当院の願いでですので、まずはご要望をお聞かせください。

自由診療の入れ歯で歯茎に溶け込みやすいものや、管理しやすく違和感のないものを用意しています

自由診療の入れ歯で歯茎に溶け込みやすいものや、管理しやすく違和感のないものを用意しています

自由診療の入れ歯は種類が多くありますので、治療中に気になった方は遠慮なくお尋ねください。

当院では、保険診療の入れ歯と同時に、自由診療の入れ歯もご用意しております。自由診療の入れ歯のひとつであるノンクラスプデンチャー(※)という金属の止め具を使わずシリコンでできた入れ歯があります。金属を使用しないため、従来の入れ歯に比べて薄く、重みもありません。また、素材がとてもしなやかで丈夫なので、金属アレルギーをお持ちの患者さまでもお使いいただくことができます。色も歯茎(はぐき)と同じピンク色をしているため、天然の歯茎に溶け込みやすく、目立ちにくいです。

他にはコーヌス・テレスコープ(※)というバネを使わず、2重構造になった冠を使い、はめ込み式で装着する入れ歯があります。これは、患者さまに残された歯のかたちを整えてから、歯にセメントで合着した内冠と、義歯と合体した外冠が適合するように被せ、内冠と外冠を重ね合わせて、摩擦の力によって入れ歯を固定します。この入れ歯は密着性が強く全体が小さいため、従来の金属バネを用いた入れ歯より、入れ歯を支える歯に無理がかかりにくく、残った歯の保護をすることもできます。また、違和感の少なさ、管理のしやすさといったメリットがあるなど、利点の多い入れ歯です。

※は自由診療。
値段は医院や施術範囲によって異なります。

入れ歯は付けた後も次第に合わなくなる場合があるので、定期検診とメンテナンスが大事です

入れ歯は付けた後も次第に合わなくなる場合があるので、定期検診とメンテナンスが大事です

自由診療で付ける入れ歯も、保険診療で付ける入れ歯も大事なのはメンテナンスです。

入れ歯を入れるということは、噛み合わせの機能も向上し、噛むことによって食べる喜びを味わえることでもあります。今までなかなかチャレンジできなかった食べ物にチャレンジできるようにもなるでしょう。その一方で、入れ歯を入れると、その前より熱さを感じにくくなっている可能性もありますので、熱い食べ物を召し上がる際には少し時間をかけていただくようにお願いしております。

また、調整を重ね、心地よく使えるようになった入れ歯でも、次第に合わなくなったと感じるようになります。これは、入れ歯が変形するからではなく、患者さまの顎(あご)の骨が痩せ、歯茎のかたちが変わってしまうからです。歯がある状態で噛めば、それが刺激となり、顎の骨が痩せることはあまりありませんが、歯が抜けている状態では、顎の骨が痩せやすくなり、入れ歯が合わなくなってくるのです。

合わなくなってきた入れ歯はさまざまな弊害をもたらします。長く快適に使っていただくためにも、定期的な検診を受け、調整とメンテナンスをしていただくことが重要です。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9801-216561無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内