歯周病

「悪くなってから行く」のではなく、定期的な診察が虫歯や歯周病の進行を食い止めます

超音波スケーラーを使用してお口の掃除をしていきます

「悪くなってから行く」のではなく、定期的な診察が虫歯や歯周病の進行を食い止めます

当院の歯周病治療は、歯周外科治療までを見越した治療計画を立てているので、必要な場合は手術を用いることもあります。

まずはご自身の歯周病の状況を把握していただくために、歯茎の検査や歯周ポケットの深さ測定を行い、検査結果によっては写真を用いて分かりやすく説明をいたします。その後治療をさせていただきます。

また、歯周病は悪化をさせないことが大切なので、歯を染色して歯磨きの磨き残しのチェックや清掃、ブラッシングの指導といった予防のためのメンテナンスも3カ月に一度行っています。また、機械を使用して歯の表面汚れを使って取る着色除去も行っており、メンテナンスの際にきれいな歯に戻すこともできます。

定期的なメンテナンスを行うことで虫歯や歯周病の進行を抑えることができ、お口の中の汚れを取ることですっきりと気持ちのいい気分になることもできます。

他院へ足を運ぶことなく外科的な手術も一貫して当院にて行えます

歯周病が進行した場合に必要な歯周病の外科的な手術も、当院で行うことができます。

歯周病が進行してしまったら、歯茎を切開したりする外科的な治療が必要になります。当院は、一貫して治療から手術まで行えるようになっております。手術を行うことで、メンテナンスでは取り切れないほど歯周ポケットの奥深くまで入ってしまった歯石などを、歯茎を開いて目視した状態でしっかりと除去することができます。その後のメンテナンスがしやすくなり、歯周病の再発を抑え、将来的にも歯を抜かずにいられることにもつながります。また、ご希望の患者さまには歯周組織を再生させる再生療法も行っております。

被せ物の段差を作らずに、しっかり行き届いたブラッシングを指導いたします

当院ではブラッシングをしやすいように、患者さまのお口に合った被せ物を作製しております。

被せ物を入れた歯に段差があると、その部分にブラッシングが行き届かず、虫歯や歯周病が再発する原因となってしまいます。また、基礎となる歯茎の状態が良好でないと歯に合致する被せ物ができません。当院では歯茎の状態を確認したあと、まず被せ物に近い状態の仮歯で噛み合わせの位置など様子を見て調整を行ってから被せ物を入れて、より効率的なブラッシングを行えるようにしています。

ブラッシング指導は、毎日行う重要な虫歯・歯周病予防であるため、一気に口内を磨くのではなく、2,3本の歯を一筆書きで行うようなピンポイントに行えるように指導しています。

医院写真

0066-9801-216315無料通話
掲載のご案内