気づかないうちに歯周病になっているかもしれません。

予防歯科

気づかないうちに歯周病になっているかもしれません。

普段から毎日歯ブラシをしていても、お口の中には取れない汚れが出てきます。その汚れは、歯科医院でしか取ることができない汚れです。汚れが蓄積していくと歯周病を引き起こす原因になり、ご自身の歯をなくすことにもつながってしまいます。歯を失うと、入れ歯やインプラントなどの治療が必要となってしまいます。

そうならないために、予防歯科では歯のクリーニングを行い、歯のトラブルを早期に発見、治療します。からだの病気であれば体調が悪くなってから病院を受診しますが、歯は痛くなってからではなく、痛くなる前に受診することが大切です。歯の健康のため、予防歯科を受診してみてください。歯を長持ちさせて、将来入れ歯のいらない歯を目指しましょう。

基本的には保険の範囲内で治療を行いますが、患者さまのご希望の内容によっては、自由診療で行うこともあります。患者さまとご相談して、希望に添った治療法をご提案します。

セルフケアと歯科医院で行うPMTCを組み合わせて歯周病・虫歯を予防。

セルフケアと歯科医院で行うPMTCを組み合わせて歯周病・虫歯を予防。

虫歯や歯周病の予防は、毎日の歯みがきなど患者さまのセルフケアが特に大切ですが、どれだけ念入りに歯みがきをしても取れない汚れがでてきます。そのような汚れは歯科医院で取り除くことが可能です。汚れをそのままにして歯周病になってしまうと、歯を支える歯周組織がなくなっていき、いずれ歯を失う可能性がでてきます。そうならないためにも、定期的に歯科医院へ通っていただくことをおすすめします。

当院ではPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)というプロの技術で歯のクリーニングを行い、汚れを取り除きます。歯周病の前段階である歯肉炎の炎症を抑えます。次に噛み合わせを確認し、歯の汚れ具合などとも合わせて、より良いセルフケアへのアドバイスを行います。基本診療は、保険の範囲で行っていますが、患者さまのご希望に合わせて自由診療で行う治療法もありますので、ご相談ください。

診療メニュー(すべて税抜)

歯肉炎の治療
溜まった汚れや歯石を除去した後、専用の器具を使用し
着色汚れなどを落としていきます。
歯の表面もツルツルになりお口がスッキリします。
噛み合わせのチェック
噛み合わせが合わないことにより、虫歯などのお口のトラブルを引き起こす他、肩こりや頭痛など体全体の悪影響を招いてしまいます。
それを防ぐために、噛み合わせのチェックなども当院では行っています。

治療の流れ

step1

問診

問診

患者さまの体調によってもお口の中は変わるので、お口の状況や体調について、できるだけ詳しくお話を聞かせていただきます。

step2

検査

検査

お口の状況を確認し、虫歯の有無や前回の治療からの変化を見ます。必要があればレントゲン撮影も行います。

step3

ブラッシング指導や現状のお口の説明

ブラッシング指導や現状のお口の説明

診察と検査結果から、患者さまのお口の現状を詳しくご説明します。その上で、今後のセルフケアのポイントをアドバイスします。

step4

クリーニング

クリーニング

現状で溜まっている歯石などを除去し、お口のクリーニングを行います。歯石の除去は、主に歯科衛生士が行います。

step5

仕上げ

最後に院長が患者さまのお口の中を確認し、歯石除去の仕上げを行います。そして今後の治療についてご相談します。

よくあるご質問

歯の健康を保つために、どの程度の期間(間隔)で定期健診を行うのがよいですか?
基本は、3カ月に1回が望ましいですが、患者さまのお口の状況によっては、月1回お越しいただいた方がいい人もいらっしゃれば、半年に1回でいい方もいます。ただ、1年以上期間があくと、取り除いた歯石が元に戻ってしまうので、1年はあけないほうがいいでしょう。
定期検診の内容を教えてください。
まずは、お口の現状把握をします。そして現状をご説明し、セルフケアのチェックをして、歯科衛生士によるクリーニングを実施します。最後に院長が仕上げをして、今後の治療をご相談します。定期健診のみでよい患者さまは、次回の受診を決めています。
定期健診に来院される患者さんの割合は全体のどれぐらいですか?
全体の患者さまの約半分は、定期健診に来られています。しかし、来られていない方もいらっしゃるので、皆さまに歯に対する意識をいかに向上していただくか、ということも歯科医院の勤めだと考えています。
予防歯科を啓蒙するための工夫や実施していることありましたら教えてください。
やはり、その人にあったブラッシングをご提案することでしょうか。取り組みやすく、続けやすいようにアドバイスをすることが大切です。例えば、7割できたら、3割は歯科医院でしましょうと提案するだけでも、患者さまの歯みがきへの取り組み方が違ってきます。
クリーニングは保険内で治療できますか?保険内診療と自由診療での違い、自由診療の場合およその費用を教えてください。
はい。保険内で治療できます。当院では、ほとんどの患者さまが保険の範囲内で治療をしています。患者さまがどこまでの治療を希望されるかによって、自由診療になることもあります。自由診療になる場合としては、予防歯科に加えて、ホワイトニングをした場合などです。
定期健診の所要時間はどれぐらいですか?
診察を含めて、全体で30分~1時間程度です。もちろん、初診で来られた方は、問診も長くなりますので時間がかかります。初診の際は、前後にある他のご予定には余裕をもっていただくことをおすすめします。
PMTCを取り入れていますか?
はい。取り入れています。受ける方は、女性の方が多いです。着色による歯の汚れなどの場合は、PMTCを行うだけでだいぶ白くなる患者さまもいらっしゃいます。中には、ホワイトニングを希望して受診したけれど、PMTCだけでよいと判断されて続けていらっしゃる患者さまもいます。
クリーニングで気を付けていること、工夫している点などありましたら教えてください。
患者さまご自身で磨きにくい奥歯の方は特に重点的に、専用の機械を使って痛くないようにクリーニングをしています。痛みが少ない治療をすることで、患者さまにもリラックスして治療を受けていただけるため、痛みには細心の注意を払って治療を行っています。
クリーニングだけをお願いすることは可能ですか?
難しい質問です。患者さまから「歯に黒いところがあるから、そこだけクリーニングしてほしい」と言われても、それが虫歯であった場合、クリーニングのみの対応は難しいです。まずは、患者さまのお口の中を診察・検査してから、クリーニングをします。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
-
15 16
17
-
18 19 20
21
22
23
-
24
-
25 26 27
28
-
29 30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9689-081428無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内