患者さまお一人おひとりに寄り添った診療のために

患者様のお話を親身にお伺いいたしまして、どんなお悩みをいだいているのか把握していきます。

患者様のお話を親身にお伺いいたしまして、どんなお悩みをいだいているのか把握していきます。

その声にしっかり耳を傾けます

患者さまお一人おひとりのお口の状況は異なります。

初めて当院においでになる患者さまの緊張をときほぐし、不安を取り除くことが、信頼関係を築くための第一歩となります。
当院ではまず、初診の患者さまのお話をうかがうことに徹しております。
どのようなことに困って当院においでになったのかを、患者さまの一言ひとことから読み解かねばなりません。
歯科医師の最初の仕事は、患者さまのお声を聞き逃さないことだと肝に銘じて丁寧にお話をうかがい、そのお気持ちやご要望に沿って、治療を進めてまいります。

専門用語は使わないよう、患者様にもわかりやすいご説明をいたします。

専門用語は使わないよう、患者様にもわかりやすいご説明をいたします。

わかりやすいご説明を心がけております

自身の口の中をよく確認しようとしても、鏡に映るのはそのごく一部です。
ご家族のお口についても、よくわかっていると胸をはっていえる方は少ないのではないでしょうか。
ご自身のお口の現状をしっかりご理解いただくため、患者さまへのご説明に際しては、専門用語を用いないことを心がけております。

患者さまにインパクトを与えると同時によりわかりやすいご説明を行うためにも、メディアなどの媒体や画像などを通して、視覚に訴えるご説明を意識してまいりました。
目から入った情報を、ご自身のお口の中とうまく擦りあわせながらご認識いただくことで、よりご理解しやすくなるはずです。
口腔内カメラを使えば、ご自分のお口の中をリアルタイムで確認していただくこともでき、口頭の説明だけではどうしても伝わりづらい部分、イメージしづらい部分を補うこともできます。

こうの歯科

できるだけ歯を保存するように努めています

大切な歯を守り残していくため、当院では予防的な観点に基づいた治療に重点を置いてまいりました。
「悪くなる前の治療」を行う予防歯科でのお付き合いを重視することで、できるだけ問題を生じさせないようにし、仮に問題が生じた場合でも早期に対応することが、患者さまの歯を守ることにつながると考えております。

虫歯治療にあたっては、その程度によって対応が異なってきます。
重度の場合は削らざるをえないこともありますが、比較的初期の場合は、できるだけ削らず、定期検診などによって経過観察することをおすすめしております。
歯は、ひとたび削ってしまえば、元に戻ることがありません。
治療をしても、元通りの歯になるわけではないとご認識いただくことが重要です。
少しでも長くご自分の歯で食事していただくためにも、できるだけ削らず抜かないことで大切な歯の寿命をのばしていきたいと考えております。

自分の歯だと捉えて診療にあたります

患者さまの歯を少しでも残すため、歯科医師は、患者さまの歯を自分の歯だと思って診療にあたるべきだと考えています。

かけがえのない自分の歯であれば、どうしても削りたくありませんし、抜きたくありません。

原因を究明します

予防歯科は、歯科医師による一方通行な治療のみでは、その役割を果たすことができません。
患者さまのご協力が非常に重要になるため、現状をまず患者さまに理解していただき、予防のための取り組みの必要性をご認識いただけるように努めております。

生活習慣や食生活、そのリズムなどが原因となって虫歯や歯周病に感染することをご説明し、その見直しを行っていただくようにお話ししております。
こうした内容をご理解いただき、生活習慣の改善がうまくいっているかどうか、ブラッシングが効率よく行えているかどうかを確認する仕組みとして、定期検診を上手にご活用いただきます。
その気づきがあるかどうかが、将来のお口の状況を決めるといっても過言ではないと思っております。

患者さまのニーズに合わせた治療をご提供するために

治療後の、予防歯科がとくに大切です。

治療後の、予防歯科がとくに大切です。

問題の原因を探り、ご理解いただけるように努めます

歯科医療には多様な科目が存在しますが、その基盤には予防歯科があると当院では考えています。
痛みや違和感などがある場合の治療はもちろん必要ですが、そういった状況になる前の予防を重視して診療を行っております。
本当に悪くなる前に、先手を打っていくことが私どもの目指す歯科医療です。
それでも、お口の中に問題が生じた際には何が原因なのかを知り、患者さまの意識を変えることが重要です。

患者さまの生活習慣、生活リズム、食生活などが全てお口の環境に影響してきます。
当院では、それらの中から原因を特定し解消するためにも、患者さまの背景をしっかりうかがってまいります。

侵襲を最小限にとどめるよう努めます

虫歯治療の際には、患部を特定するため、検知液を毎回用いております。
これは虫歯の部位をわかりやすく示すためのもので、襲を必要最低限にすることができます。

また、拡大鏡によってより細部まで確かめながら治療を行うことで、大切な歯を残すことにつなげております。

トラウマにならない治療を行うように努めます

お子さまの歯をご自宅でケアされる際に大切なことは、保護者さまがお子さまのお口の中に興味を持たれることです。
今どの歯が生えていて、どの歯が抜けているのかなど、さまざまな方面から関心をもって見ていただくことが重要です。

仕上げ磨きの際にでも、ぜひお子さまのお口の中を見てください。
プラークコントロールのレベルを上げるために、気をつけていただきたい内容を単純化し、私どもが一つずつお伝えしますので、その内容をぜひ習慣化してください。
またお子さまの歯科の導入にあたっては、緊急性がある場合を除いて、時間をかけてステップを1つずつ踏み、お子さまのトラウマになるような治療を行わないように心がけております。

なるべく少ない回数で治療を終えてしまうことに、重きを置かれる保護者さまもおられますが、そうした治療で歯科医院へのトラウマを抱えてしまえば、のちのちの健康を損なうことにもなりかねません。
一つひとつのステップに時間をかけて丁寧に治療することで歯科医院が怖くなくなれば、定期検診で問題の部位を早期に発見できます。
早期治療を行えば、痛みをともなう治療をする必要もありません。
将来の健康な歯を維持していただくために、良いサイクルを生み出していきたいと考えています。

インプラント治療は、治療を終えてからが本当のスタートです。メンテナンスが大切ですから、しっかりとご説明いたします。

インプラント治療は、治療を終えてからが本当のスタートです。メンテナンスが大切ですから、しっかりとご説明いたします。

インプラント治療後の機能維持にも努めます

何らかの理由で歯を失ってしまった患者さまに対しては、治療の選択肢として、入れ歯・ブリッジ・インプラントの三つからお選びいただくことになります。
それぞれのメリット・デメリットをしっかりご説明したうえで、患者さまのご要望に応じてインプラント治療のご紹介をしております。
インプラント治療は、入れ歯やブリッジのデメリットを補完する治療法ではありますが、デメリットも当然ございます。
外科的処置が必要であり、高額な費用のご負担があるため、インプラント治療を希望されていても費用面で躊躇される患者さまも大勢おられるのが現実です。

当院は、数多くのインプラントをご用意する中で、費用のご負担が少なく、患者さまのお口の状況に合うものをご提供したいと考えております。
他院でインプラントを入れた場合でも、そのメンテナンスに対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。
インプラントの場合も、「埋めて終わり」ではありません。
治療を終えてからが、本当のスタートラインです。
インプラント治療後のよく噛める状態を長く維持するためにも、メンテナンスを行い、予防という観点から長期にわたって関わらせていただくことを重視しております。

ご高齢の患者さまの健康維持に努めます

歯科医療を受けたくても、お身体の具合が悪く歯科医院に足を運べないといった患者さまが、今後ますます増えてこられる中で、当院ではそういった患者さまのニーズにお応えするため、訪問歯科診療を行っております。

患者さまやご家族からの要請があれば、ご自宅におうかがいし、お口の健康を維持するために努めてまいります。
お口の健康に責任をもつためにも、訪問歯科診療への取り組みを強化してまいりますので、ぜひお気軽にお声がけください。

精密な歯科診療をご提供するために

精密な治療には、精密な検査結果がとても大切です。しっかりと診断を行ったうえで、治療を行います。

精密な治療には、精密な検査結果がとても大切です。しっかりと診断を行ったうえで、治療を行います。

精密な検査結果をご用意します

当院には3次元CTを設置し、親知らずの抜歯やインプラント治療の術前検査において活用しております。
肉眼では見えない部位が見えるようになり、細やかなところまで確認できるため、根管治療などにおいても便利です。
場面に応じた細やかな撮影により、詳しい分析が可能になりますので、診断の精度をより上げることができます。

また、治療前治療後の変化を確かめていただくためには、口腔内カメラを活用しております。

治療に対する恐怖心をできるかぎり少なくするための工夫も行っております。

治療に対する恐怖心をできるかぎり少なくするための工夫も行っております。

笑気吸入鎮静法を導入しています

歯科医院に恐怖心を抱いているお子さまは、恐怖のあまり、術者から見ては予想しきれない動きをとることがあるため、落ち着いて施術できるように、笑気吸入鎮静法を採用しております。
これは、笑気(亜酸化窒素)と酸素を混ぜて鼻から吸い込む方法であり、無臭ですので、お子さまでも無理なく吸入することができると思います。

笑気吸入鎮静法を用いることで、機器が歯を削る音や振動、治療を受けるに際しての不安や恐怖を気にせず、リラックスしていただけるようになります。
この鎮静法は、使用している最中でも呼びかければしっかり反応が返ってきますので、反応を確かめながら治療を進めることもできます。
成人の患者さまにも使用可能です。ご希望があればお気軽に声をおかけください。

患者さまの思いに寄り添う歯科医院であるために

ご自宅で行う日々のデンタルケアは、とても大切です。しっかりと実践できるよう、指導していきます。

ご自宅で行う日々のデンタルケアは、とても大切です。しっかりと実践できるよう、指導していきます。

細やかなブラッシング指導を行います

使用される歯ブラシに関しては、患者さまお一人おひとりに合ったものをお教えし、ブラッシング方法を指導させていただいております。
歯が1本しか残されていない方とお子さまの歯では、使うべき歯ブラシも異なってまいります。

さまざまなブラッシング方法と補助器具がある中で、より良いかたちで使っていただけるよう、工夫しながらご提案するように努めております。
ご自宅でもそのまま実践していただける細やかなブラッシング指導を目指してまいります。

フッ素塗布で強い歯をつくります

定期検診に通院してくださるお子さまには、フッ素塗布を行っております。
歯が生えてきたばかりのお子さまは歯が弱いため、特にフッ素塗布をおすすめしています。

フッ素塗布を行うことで、吸収したフッ素が歯質と結合し、歯質を強化していきます。
歯の再石灰化を促すため、できる限りフッ素塗布を行うように心がけております。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 可能 可能

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
-
17 18
19
-
20
21
-
22
-
23
-
24 25
26
-
27
28
-
29
-
30
-
31

2019年11月

1
2
-
3
4
-
5
-
6
-
7 8
9
-
10
11
-
12
-
13
-
14 15
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内