口腔内環境の改善を目指す

日々研鑽を行うスタッフが、丁寧に対応いたします。

日々研鑽を行うスタッフが、丁寧に対応いたします。

歯科衛生士の技能向上への取り組み

予防歯科ではお口のなかのプラークや歯石の除去を行い、口腔環境を清潔に保つことが大切です。

定期検診では、歯科衛生士が患者さんのお口のクリーニングや歯石の除去を行ってまいりますが、より良いケアを目指していくためには、歯科衛生士の技術水準の向上をはかることが重要なポイントとなります。

歯科衛生士の技能向上のため、院内でスタッフ同士による勉強会を開いています。
技能の研鑽に努めることで、患者さんのお口のケアをより良いものにしていきたいと思っております。

口腔内写真を活用してわかりやすい説明を行う

予防への取り組みは、歯科医師や歯科衛生士が主導して行われるべきものではありません。

患者さんが、高い予防意識のもと、ご自身の歯の健康と主体的に関わっていくことが求められます。
当院では、患者さんにご自身の歯の状態により意識的になっていただくために、患者さんの口腔内写真を撮影し、お口の状態の移り変わりをご覧いただけるようにしています。

診療を終えられた患者さんには、その日に行った処置内容をご確認いただける専用のシートをお渡しています。
これは、予防への取り組みを継続していただくための、工夫のひとつです。

当院では、定期検診などの予防歯科の取り組みを、歯科医院でごく当たり前に行うものとしてご理解をいただいており、患者さんには、気軽にお口のクリーニングに取り組んでいただいております。

こちらのスケーラーを活用して、お口の中を綺麗にしていきます。

こちらのスケーラーを活用して、お口の中を綺麗にしていきます。

「気付き」を与える診療

日頃のケアや定期検診によって予防に努めるべきであることを理解していても、それを実行するのは、なかなか簡単なことではありません。

予防歯科の必要性を言い募ることは、ときに押し付けがましく聞こえてしまうこともあります。
当院では、患者さんに予防の必要性を説くのではなく、診療を通じて「きれいになった」「お口のなかが気持ちいい」という気付きを得ていただくようにしています。
PMTCによる歯面清掃や、ブラッシング・フロスの指導だけが歯科衛生士の仕事ではありません。
患者さんに主体的に予防に取り組んでいただくために、押しつけの治療ではなく、診療の中で気づいてもらうきっかけを作ることこそが、予防担当として期待される役割です。

予防にあまり前向きになれない患者さんであっても、コミュニケーションを重ねるなかで、ブラッシングができない事情などを受け止めていくようにしています。

お口のトラブルの根本原因を改善する

虫歯や歯周病は、お口のなかにたまってしまった細菌によって引き起こされる病気です。

治療によって、一時的に痛みを取り除くことはできますが、お口の環境が以前と変わらなければ、やがて虫歯や歯周病が再発し、治療を繰り返してしまうことに繋がります。
そのような事態を避けるためにも、日頃から、お口のケアをしっかりと行い、お口のなかを清潔に保つことが大切です。
虫歯になってしまった場合は、切削を最小限にとどめた治療を行い、治療を終えたあとは、お口に虫歯菌が増えないようにしっかりとケアに取り組んでいただきたいと思います。

歯周病は、重症化して歯が揺れ動き始める前に治療を開始し、お口の環境を定期的に管理していくことで、再発を防ぐことができます。

幅広く対応、できるだけ負担の少ない治療の提供

麻酔をおこない治療をしますが、万が一痛みが生じた際は遠慮なさらずにお申し付けください。

麻酔をおこない治療をしますが、万が一痛みが生じた際は遠慮なさらずにお申し付けください。

歯医者で痛みを我慢したことはありませんか?

治療中の痛みを我慢してしまう患者様は多くいらっしゃると思います。
当院では、患者様によりリラックスして治療を受けていただくため「痛みが生じた際は遠慮なく手を挙げてください」とお声掛けや診療チェア前への掲示物の貼りだしをしています。
もちろん治療中には、痛みが生じないよう表面麻酔の使用、症状に応じて麻酔針も4種類の注射針を使い分け、丁寧な治療をおこないます。
また、麻酔液を体温に近い状態まで温めることにより、局部麻酔をする際の圧迫感を軽減しています。
当院は、リラックスして治療を受けられる体制づくりをしています。

原因菌から考える歯周病治療

患者様の中には、定期的に歯科医院に通っているけど治らない、ご自宅で丁寧なブラッシングを行ってはいるけど治らないなど、歯周病で悩まれている方も少なくありません。
歯周病を改善していくには、原因菌を減らしお口の中を清潔にする必要があります。
当院での処置は、歯科衛生士による口腔内のプラークや歯石の除去はもちろんのこと、必要に応じて位相差顕微鏡を使用し原因菌のチェックをおこない、お一人おひとりにあった治療計画のご提案をおこなっています。
今までは、中等度~重度の歯周病を患った患者様は、外科的処置に頼るしかありませんでした。手術となると躊躇してしまい踏み切れなかった方も少なくありません。
歯周病の原因菌を薬で減らすことによって、健康なお口の状態を維持し、歯周病の治療に当たります。
歯周病に対して内科的な治療を行っていくことは、治療への敷居を下げるものですし、なかなか歯周病の症状が改善しない方にとっても朗報となるものです。

口が開かない、顎が痛いなど自覚症状で悩まれていませんか?

顎関節症を治療するには、まずご自身に生活習慣を知っていただくことが大事です。原因には複数あり、その積み重ねで顎関節に負担をかけているからです。
例えば頬杖をついてしまう、ふとした瞬間に歯を食いしばる、寝ている間に歯ぎしりをしているなど、自然におこなっていることがあげられます。それらの癖を知っていただき、取り除くように意識することが顎関節症を治療する第一歩です。
生活習慣へ目を向けていたいただき、顎関節への負担を減らしながら、筋エクササイズをおこなっていただきます。この筋エクササイズは、ご自宅でもおこなえるセルフケアの方法となり、顎関節にある関節円盤の位置を整えます。
顎関節に炎症が見られる場合には内服薬の処方。歯ぎしりによる痛みの場合にはスプリントといった装置を製作し、顎関節への負担軽減を図るなど症状によって各種治療を組み合わせ行います。

治療機器を用いた診断に基づいたインプラント治療

ストローマン社製インプラント

当院のインプラント治療では、ストローマン社製のインプラントを採用しています。

当院では、インプラント体に取り付ける人工歯もストローマン社製のCAD/CAMシステムによって製作を行います。

インプラント治療の可否を慎重に判断する

インプラント治療を行うためには、患者さんの顎の骨に十分な骨量が必要となります。

当院では歯科用CTによって、インプラント治療の可否判断を行いますが、顎の骨の密度が十分でない場合には、インプラント治療を行うことができないため、入れ歯などの方法で代替します。

また、インプラント治療など手術が必要な治療の場合は、ご要望に応じて歯科麻酔担当の歯科医師を招いて管理して頂きながら治療をおこないます。
手術に対するご不安がある場合には、お気軽にご相談ください。

進行した歯周病の患者さんは、治療後のケアに大きな懸念が想定されるため、やはり入れ歯など他の方法をご提案いたします。

さまざまな矯正方法で歯並びを改善する

当院では矯正を得意とする歯科医師が在籍しております。しっかりと診断をして治療いたしますので、お気軽にご相談下さい。

当院では矯正を得意とする歯科医師が在籍しております。しっかりと診断をして治療いたしますので、お気軽にご相談下さい。

担当の歯科医師による矯正治療

当院では毎週木曜日に、矯正治療担当の歯科医師が矯正治療にかかわる診療を行っております。
矯正治療は、長い治療期間を必要とするため、治療の開始にあたっては、疑問点などに回答した上で、決断する必要があります。

また、患者さんがきちんと歯科医師を選ぶことも大切なポイントのひとつです。
矯正治療をご検討されている方は、まずはご予約のうえ、ご相談にお越しいただきたいと思います。

矯正治療についての一般的なご質問については、木曜日以外も承っております。

筋機能訓練による歯並びの矯正

一般的な矯正治療では、歯にブラケットと呼ばれる矯正装置を固定し、ワイヤーの張力によって歯の位置を誘導していきます。
しかし、このようなブラケットタイプの矯正装置は口元で目立ってしまい、お食事やブラッシングの際にも大きな負担が伴います。

当院では、マウスピースによる筋機能訓練を主体に行う矯正方法もご用意しています。
頬杖や口呼吸といったお口の悪習慣を改善しながら、歯並びと顎の位置を正常な状態に誘導することができます。

こだわりの製作工程

歯科技工士にも診療へ参加していただきつつ、患者様に合わせたものをお作りいたします。

歯科技工士にも診療へ参加していただきつつ、患者様に合わせたものをお作りいたします。

材料よりも、入念な製作工程にこだわる

当院は入れ歯治療では、レジン床入れ歯や金属床入れ歯など、さまざまな素材の入れ歯を選択することが可能です。

しかし、入れ歯の品質は素材によって決まるものではありません。
どのような素材の入れ歯であっても、製作工程にこだわって入念に製作することで、患者さんのお口によく馴染み、しっかり噛める入れ歯となります。

当院では、顎咬写真を正面・側面から撮影し、型取りも噛みあわせた状態で行うなど、製作工程にこだわった入れ歯治療を行っています。

必要に応じて、歯科技工士にも診療に参加していただき、入れ歯治療を行います。

動きやすい下顎の入れ歯

入れ歯がお口のなかで動いてしまうことにお困りの方は多いものですが、多くの場合、お口のなかでよく動いてしまうのは、下側の入れ歯です。
下側の入れ歯は、舌や唇の動きや、嚥下運動の影響を強く受けるため、上側の入れ歯よりも安定しにくい傾向があります。

当院では、下側の入れ歯であっても、お口にフィットして動きにくい快適な入れ歯とするために、機能印象による型取りを行います。
機能印象によって、舌や唇など、動きのある粘膜部分の型取りを行うことができます。
機能印象を入れ歯に丹念に反映していくことによって、お口のなかで動きにくい入れ歯を実現することができます。

口元に白さを取り戻すホワイトニングや修復物

通常6種の色合いの中より天然歯に近い色を選択しますが、当院ではさらに細かく、35種の色合いにわけることが出来ます。

通常6種の色合いの中より天然歯に近い色を選択しますが、当院ではさらに細かく、35種の色合いにわけることが出来ます。

自然な色合いに近づけた修復物の提供

お口の見た目の美しさを大切にされる患者様は増えています。
当院では、より天然歯の色合いに合わせるために、歯科技工士へ依頼をおこないます。
顔の表情・輪郭などデータの取得、精巧な型取りはもちろん、より天然歯の色合いに合わせるためシェードガイドと言われる実際の歯の形をしたセラミック製の色見本にも拘っているのが特徴です。
通常6種の色合いの中より天然歯に近い色を選択しますが、当院ではさらに細かく、35種の色合いにわけることができます。細かく分けることにより、患者様の天然歯に調和する修復物を製作することが出来ます。
依頼をおこなう歯科技工士も同じシェードガイドを所有しているため、各種データを用いた天然歯に調和する仕上げることができます。

当院では、歯医者とお家で行うデュアルホワイトニングをご利用いただけます。

当院では、歯医者とお家で行うデュアルホワイトニングをご利用いただけます。

歯を削らずに歯を白くする

ホワイトニングを行うことで、歯を削ることなく、手軽に歯を白くすることができます。
予防に取り組まれている方が、さらに歯に白さを求めたい場合などにもお薦めです。

当院では、ご来院いただいて施術を行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で時間をかけて取り組んでいたくホームホワイトニングに対応しています。
オフィスホワイトニングは、スピーディーに歯を白くすることができるため、結婚式や写真撮影などのイベントが控えている方にお勧めです。

専用のマウスピースと薬剤を使って取り組んでいただくホームホワイトニングでは、歯の色をお好みの白さにゆっくりと近づけていくことができます。
オフィスホワイトニングに比べて色戻りが少なく、長期間にわたって白さを保つことができます。

ご希望の方には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングをご利用いただけます。

歯肉の黒ずみを改善するデンタルエステティック

歯肉の黒ずみにお悩みの方には、デンタルエステティックをお勧めしています。
デンタルエステティックでは、歯肉のメラニン色素を除去することによって、歯肉の黒ずみを取り去り、健康的な色みの歯茎を取り戻していくことができます。

ホワイトニングを行うことで歯を白くすることができますが、歯が白くなることで、逆に歯肉の黒ずみが目立ってしまうものです。
デンタルエステティックをホワイトニングと併用することで、口元をさらに美しくすることができます。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 可能 休診日

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
20
21
22
23 24 25 26
27
28 29 30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
ネット予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9750-612487無料通話
  • 24時間受付中
通院中の方
お問い合わせ
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内