倉井歯科医院の5つのこだわり

こだわり

痛みへの配慮

できるだけ痛みの少ない治療に取り組んでおります。

虫歯治療や外科手術を行う際に必要なものが麻酔ですが、麻酔針を挿入する際の痛みがトラウマになったという方も少なくありません。麻酔が必要な処置だと判断した場合、当院は麻酔時の痛みやその程度について、事前にご説明しております。表面麻酔や電動麻酔器の導入、細めの麻酔針などによって、できる限り痛みの少ない麻酔に取り組んでまいりました。また、高周波治療器を導入し、電動メスとして使用することで、痛みを和らげます。消炎、消毒作用もございますので、リラックスして治療にお臨みください。

こだわり

はじめてご来院される方へ

患者さまが何を求めているかをしっかりお伺いできるよう、コミュニケーションを大切にしています。

倉井歯科医院では、患者さまが最初に訴えているお口の悩みに、できるだけ優先的にご対応することを心がけています。

「歯が痛い」「つめ物が取れた」などの悩みで来院したのに、他の治療を優先されると、納得しづらいからです。そのため、「まず、何をしてほしいのか」を患者さまからしっかりと聞き取り、できる限りそのご要望に添った治療を行うことを大切にしています。

また、痛みの原因を治療する前にどうしてもするべきことがある場合には、その理由をきちんとお伝えして、患者さまのご理解を得られるようにしています。「気が付いたら歯が削られていた」ということはありませんので、心置きなくご相談にいらしてください。

こだわり

治療の事前説明

治療経過も伝わるように、鏡や口腔内カメラで確認していただきます。

患者さまが不安なく治療を受けられるように、当院では手鏡と口腔内カメラを用いて説明を行います。

お口の中は自分で見ることができないため、「本当に虫歯があるのかな」と不安になることもあるでしょう。そこで、当院では事前説明時だけでなく、治療中や治療後にも歯の状態を確認いただいています。

治療方法に関しては、複数の選択肢を提示します。どうしても避けられない場合以外は、歯科医師側から強く治療を勧めることはありません。無理に高額な治療を押し付けることや、不要な治療を行うこともありませんので、ご心配は要りません。

こだわり

イチオシの院内設備

保育園で健診を担当している院長が、お子さまと同じ目線で診療をします。

小児歯科で重視しているのは、歯の治療前の緊張感をお子さまに与えないようにすることです。

当院長は、近隣の保育園で歯科健康診査を複数回担当したことがあり、その際に、お子さまの感情に合わせて向き合うことを学びました。怖がっている方には目線の高さを合わせ、気持ちに寄り添うようにします。「注射をする」「歯を削る」などの言葉は、「お口にシャワーをかける」「黒い所をきれいにする」などの柔らかい表現に変えます。怖がっていない方には、友達のような感覚で親しみを込めて接しています。

治療ができないほどお子さまが怖がっている場合は、何回か通って慣れていただきます。無理に治療をすることはお子さまにとってトラウマとなるおそれがあるため、いたしません。その場合は、なぜ診療ができないのか親御さまにきちんと説明しています。

高周波治療器や位相差顕微鏡を使用した治療を行っています。

当院では、患者さまへのご負担が少なく、予後の良い治療ができるように、高周波治療器を導入しています。高周波治療器には複数の機能が備わっており、中でも特に重宝しているのが電気メスです。電圧を調節して歯内の神経を取ったり、口内炎や顎関節症の痛みを和らげたりと、様々なことが行えます。

また、当院では患者さまのご希望に応じて、位相差顕微鏡を用い、お口の中に存在する歯周病菌を調べる検査を行っています。患者さまの歯垢や唾液を採取して、歯周病菌がどれくらい繁殖しているかを確認し、状況に合った治療方法をご提案しています。細菌の様子はモニターに映し出すことができ、患者さまにもご覧いただくことが可能です。

こだわり

メンテナンスの大切さ

1本でも天然歯を失わないよう、定期的にお口の中をチェックすることが大切です。

患者さまが持つ天然歯は、毎日の食事で栄養を取り入れて身体の健康を作るだけでなく、周りの人たちと会話をするコミュニケーションツールの役目も果たしています。だからこそ当院では、1本でも多くの歯を守るために、定期検診のご提案を行っています。

定期検診では、患者さまが毎日きちんと歯を磨けているか、虫歯や歯周病が発症していないかを確認します。歯垢や歯石が溜まっていないか、歯茎が腫れていないかなども丁寧にチェックして、その結果を基に患者さまご自身でお口のケアができるようにブラッシング指導を行っています。また、お口の病気や歯のひび割れなどがある場合には、患者さまに共有して、治療をするか否かを決めていただいています。

メンテナンスも気軽に通っていただきやすいよう、患者さま一人ひとりに配慮します。

定期検診の頻度は、基本的に3カ月から半年に1回がおすすめです。忙しくて通えない場合には、1年に1回の通院をご提案して、できるだけ定期的にお口の状態を把握することで、虫歯や歯周病が悪化しすぎないうちに治療ができるようにしています。

また、患者さまに歯が痛くなくても通いやすいと思ってもらえるように、当院は日の光が多く入る、気持ちの良い環境を目指して作り上げました。入り口ではスリッパに履き替えるスタイルとなっていますが、靴の脱ぎ履きが困難なご年配の方や、車椅子からの移動が難しい方、ベビーカーをご利用の方は、土足で入ることが可能です。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

休診日 可能

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内