歯周病

歯科衛生士による歯周基本治療で口腔環境の改善

歯科衛生士による歯周基本治療で口腔環境の改善

歯周病の症状の進行を食い止めるうえで重要なことは、歯周病になる原因を取り除き、さらに歯周病が進行しにくい環境をつくること、つまり歯周基本治療です。歯周基本治療をしっかりと行うことで、歯茎の状態が改善し、より良い歯周病の治療が可能となります。

当院では、歯周基本治療をより良いものにするために、歯科衛生士が日々技術の習得に努めています。
また、歯周基本治療を行うためには、歯垢付着の状態、歯茎の出血、歯周ポケットの深さ、歯の動揺度等を調べると共に、エックス線の写真から歯の周りの歯槽骨の状態を確かめる必要もあります。
こういった歯周組織の検査においても歯科衛生士の診断力が問われます。当院は、歯科衛生士一人ひとりの技量や診断力を高めることに努めています。

さらに、歯周基本治療の大きな役割を担うのがお口に合ったブラッシングです。ブラッシングを丁寧に行っているという方でもお口のなかには磨き残しが出てしまいます。ブラッシングの癖や歯並びの状態、噛み合わせのバランス、歯と歯の隙間の状態によって磨き残しが出やすい箇所は異なりますが、お口の状態に合ったブラッシングの方法を身につけることで、日々のブラッシングの働きを高めることが可能となります。

当院では歯科衛生士によるブラッシング指導も行っています。ご家庭でお使いの歯ブラシをお持ちいただき、染め出し液を使いながら実際にブラッシングを行っていただきます。患者さまにお口のなかを確認していただきながら汚れの残りやすい箇所や歯ブラシの届きにくい箇所をお伝えするほか、ブラッシングの癖も指摘しながらブラッシング方法を身に付けていただきます。

医院からのお知らせ

2020年1月より金曜日が以下の診療時間へ変更となります。
午前/09:30~13:00
午後/15:00~19:00

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 休診日 受付不可

2020年8月

1
2
3
-
4
5
-
6
-
7
-
8
-
9
10
11
12
13
14 15
16
17
18
19 20 21 22
23
24
25
26 27 28 29
30
31

2020年9月

1
2 3 4 5
6
7
8
9 10 11 12
13
14
15
16 17
18
19
20
21
-
22
23 24 25 26
27
28
29
30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内