4.6いいね!

口コミ21

最寄駅
鴻池新田駅
出口 徒歩9分

住所 大阪府東大阪市鴻池町2-4-3地図

  • 土曜・日曜・祝日診療
  • 18時以降診療

予防歯科

美味しいご飯を食べられるお口の状態を維持するための予防歯科。

山形歯科医院 予防歯科

虫歯や歯周病は歯を失う原因となることが多いため、毎日のセルフケアを正しく行うことはもちろん、歯科医院での定期検診を受けることが重要です。当院は、治療が終わった後のメンテナンスまでしっかりサポートし、健康なお口を維持していただけるように努めています。

院内には遊び道具がたくさん置いてあるキッズスペースがありますので、お子さま連れの方でも気軽に通院することができます。家事や育児が忙しくて歯科医院に出向くことが難しいという方も、ぜひ一度当院へお越しください。一緒に歯の健康を維持していきましょう。

小児歯科

お子さまが「歯科医院に慣れた段階」から治療スタートです!

山形歯科医院 小児歯科

小児歯科では、お子さまに対して「治療のトラウマ」を与えないことが大事なポイントになります。当院ではお子さまと言葉のキャッチボールをしながら、恐怖心の強さや緊張の度合いをしっかり把握し、治療を開始するタイミングや治療の範囲を決定しています。

特に、恐怖心の強いお子さまは「何をされるか分からない」という不安を持っています。そのため、治療器具に触れてもらうなどして、徐々に慣れてもらうようにしています。診療の際には親御さまも診療室にお入りいただけますので、お子さまの成長を一緒に見届けてあげましょう。

睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群」でお悩みの方は当院へご相談ください。

山形歯科医院 睡眠時無呼吸症候群

「睡眠時無呼吸症候群」とは、眠っている間、数秒間にわたって呼吸が停止する疾患です。熟睡とは程遠い眠りしか得られず、睡眠の質の低下を招き、起床時の集中力の低下の原因となりかねません。
とりわけ運転を主業務とする方にとっては非常に警戒を要する病気といえます。昨今、企業では従業員の健康管理を重要視していますので、当医院にも業務で運転をされる方の検査来院が増加しております。

当院では大阪大学歯学部付属病院・顎口腔治療部から医師を招いて症状の改善を目指します。主にお休みの際にスリープスプリントというマウスピースをお口にはめることで上下の顎の位置が調整して、空気の通り道を作っていきます。「しっかり寝ているつもりなのに身体の疲れが取れない」という方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。内科の医師と連携した治療を提供いたしますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯

埋まってしまった親知らずも当院にお任せください。

山形歯科医院 親知らずの抜歯

当院では、親知らずの抜歯にも対応しています。親知らずは隣の歯にぶつかってダメージを与える可能性があるほか、噛み合う歯に当たってしまうことで、噛み合わせのずれを引き起こす原因になるため、抜歯をした方が良い場合が多いです。また、痛みなどの症状がある場合は、他の歯に対して既に悪影響を及ぼしていることもあるため、早めの治療が重要です。

当院では、骨や神経の状態を3次元で把握できる「歯科用CT」で親知らずの状況を詳しく診断した上で、治療計画を立てます。斜めに生えている親知らずだけでなく、強い痛みが出ることがある水平埋伏歯の親知らずでも、リスクを考慮した上で抜歯することが可能です。

歯周病

口腔内をいかに清潔に保つか

歯周病といえば、50代以上の中高齢者のかかるものと想像されるかもしれませんが、近年はその若年化が懸念されています。歯周病の前兆の歯肉炎と、歯周病との線引きは難しいのですが、これからは20代、30代からしっかりと歯周病対策を講じておくべきと思われます。歯周病の治療はつまるところ、いかに清潔に口腔内を保つか、そして骨が溶けてなくなったところに新たに骨を作ること、この2点に集約されます。後者を例に取りますと、インプラント治療でも同様のことが言えますが、長期にわたって歯が欠損し、歯周病にかかっていると、顎の骨は細くなってしまいます。その場合は人工骨や骨補填材が必要となってきますが、このような治療によって症状がおさまり、快方に向かったはずの歯周病もその後のお手入れを怠って、口腔内の綺麗な状態を維持できないのでは、意味がありません。さらに言うなら、あとから作った歯はもともとの自分の歯より弱く、悪くなるのも早いのです。それだけに、しっかりとした歯のお手入れの意志をいかに患者さまに持っていただけるかが、歯周病治療には大切になってきます。

歯科検診

間違った歯の磨き方をしていないか

人間の歯も、中高年を過ぎると大抵は虫歯がありませんし、あってもほんの少しです。実はこれが歯周病予防にとっては、大きな落とし穴になっているケースが少なくありません。虫歯がないから、自分の歯の磨きの方法は正しい、というのは誤った認識です。「虫歯がないから歯医者には行かない」とお考えの方も多くいらっしゃいますが、虫歯と歯周病という病気は、まったく別物であり、どちらかというと歯周病の方が厄介です。しかし、虫歯がないということを拠り所とされている方は、ものが噛みにくくなった、歯が痛い、歯茎がすごく腫れてきたといった症状が表面化しない限りは来院されない方が多くいます。
ご自分で行う歯のメンテナンスには限界があります。自分でカバーできないところは当医院でカバーいたしますので、できるだけまめに検診に来お越しいただけると、予防・早期発見・早期治療と対処が可能です。また、ある程度高い意識を持たれて歯のお掃除ができていらっしゃる方も、歯科医院でのチェックを怠りますと口腔内の状態はかなり変わってきますので、定期的に検診を受けていただく必要があると考えています。

メンテナンス

どんなに忙しくても、メンテナンスには時間をかけて

当医院は、歯科医師以外のスタッフはすべて歯科衛生士です。患者さまの治療には十分に時間を取り、指導やご相談にもそれぞれの歯科衛生士が対応できる体制をとっております。当医院では、歯のメンテナンスや指導には、十分に時間をかけて丁寧に行うよう歯科衛生士に伝えています。患者さまとのコミュニケーションをとって信頼関係を築くことは、歯科治療にとってとても大切なことです。このメンテナンスの間にいろいろなことを患者さまとお話することで、患者さまの生活習慣などから治療にいたる原因がわかることもあるので、常にお声掛けするようにしています。そのせいか、患者さまの中には「いつもあの歯科衛生士さんにお掃除をお願いしていただけますでしょうか」とリクエストが来るまでになっております。

外科矯正治療

水平埋伏歯の抜歯にも対応

埋伏歯(まいふくし)とは、骨や粘膜の中に埋まってしまって出てきていない歯のことですが、親知らずが真横の方向に埋まっているものは水平埋伏歯と言います。埋伏歯は放置しておくと、歯並びが悪くなったり、歯茎に炎症を起こしたり、永久歯が生えてこられなかったりの不具合が生じてしまいますので、抜歯が必要となってきます。この際の抜歯は、多くの場合が大学病院で手術となり入院が必要となりますが、当医院では、ほとんどの症例を院内で抜歯治療することができます。また、当医院はもともと救急の患者さまを診ていましたので、たとえば事故で口の中や周りを切ってしまったといった場合にも、対応することが可能です。受け口や顎の矯正などの治療につきましても、通常は大学病院に入院しての手術を含む治療となりますが、当医院では歯科口腔外科の担当医や矯正歯科の担当医と綿密な連携をとっているため、よほど症状の重いものでない限りは、通院で外科矯正治療を行っております。このような体制を敷くことで、患者さまの負担が少しでも軽減されれば幸いです。

嚥下障害

大阪大学と提携して嚥下障害の治療を

我が国も65歳以上の人口が増加の傾向にあり、高齢社会となっています。人は高齢になると、ものを飲み込む嚥下(えんげ)の機能がどうしても衰えてきます。そのため、食べ物をのどに詰まらせてしまうことや、誤って食道ではなく気管の方に入ってしまった場合などにも、反射神経が衰えているため、とっさに吐き出すことができなくなります。一時期問題になった誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)なども嚥下障害によるものですが、当医院では、この分野にも有効な治療を行えるよう、大阪大学歯学部付属病院と提携しており、嚥下障害および睡眠時無呼吸症候群を担当する歯科医師3名が、非常勤で治療にあたっています。ものをうまく飲みこめなくなる障害は、加齢とともにどなたにも訪れる可能性がありますので、ちょっとした違和感、不調を感じる
ことがあれば、どうかお気軽にご相談ください。

ティース・バンク

歯の冷凍保存、ティース・バンク

ティース・バンクとは、自身の歯を抜いた時に冷凍保存しておき、将来的にどこかの歯を抜く場合や思わぬアクシデントで歯を失ってしまった時などに、保存の歯を充てんするというものです。2004年に広島大学によって事業化されましたが、当医院はその広島大学の提携医院となっており、歯の保存を行っています。どのような歯が保存の対象となるのかといえば、1つは親知らず、もう1つは成人の矯正で間引いた歯です。人工物ではない自分自身の歯での補填であるため、違和感がないことが大きなメリットとなっています。抜歯の日時に合わせて広島大学から保存キットが送られて来て、処置後すぐさま広島大学病院へ送り返し、20年間保存されます。

ネット予約・空き状況確認

2021年2月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27 28

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-212994無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内