医院からのお知らせ

通院中の患者様は予約の兼ね合いが御座いますので直接お電話にてご相談くださいませ。

当院では感染予防策として下記の内容を実施しております。
①医療用手袋、紙コップ、エプロンは患者様毎に使い捨てのものを使用
②診療スタッフは全員マスクの着用
③器具(歯を削るタービンなども含め)の滅菌、消毒は高圧水蒸気滅菌器(オートクレーブ)で実施
④空気清浄機を設置し、空気中の除菌、防カビ対応
⑤患者様が治療を終えるごとに、アルコール、アンモニウムの化合物で、診療台や診療ライトをスプレーして清拭。
⑥診療室、待合室をアルカリ電解水をスプレーし、マイクロファイバー布で清拭。

また、新たに強化しました対策として下記を実施しております。
①診療室入り口にアルコール消毒液を設置
②医療スタッフのみでなく、受付スタッフも全員マスクの着用
③治療前と治療後に、過酸化水素水(オキシドール)でお口の周り、唇の内外を消毒
④アルカリ電解水のスプレーとマイクロファイバー布の除菌、清拭は診療台だけでなく
テーブル、ドア、ドアノブ、受付カウンターなど、患者様、スタッフの触れる場所は特に重点的に実施
⑤スタッフは毎朝検温し、健康状態を確認の上、37.5度以上の熱があれば、自宅待機

必要な診療が受けられなくなることを極力さけるため、環境づくりに一同努めております。

一日も早いウイルス感染の収束を願って、今後も予防対策に取り組んで参ります。

 

EPARKからのおすすめポイント

守口市駅から
徒歩2分!

京阪本線守口市駅より徒歩2分、大きな青い看板が目印の歯医者さんで、わかりやすい立地が魅力といえます。

ショッピングセンター内に
ある歯科医院です!

駅前のショッピングセンター内にある歯医者さんなので、買い物や習い事ついでに立ち寄れます。

さまざまな治療に注力
患者様に寄り添った治療

インプラントや歯周病、歯科口腔外科といった分野の治療にも力を入れており、患者様に寄り添った治療を行っています。

三浦歯科は開業して30年以上。
技術研鑽一筋でがんばってきた院長をはじめ、30~35年働いているスタッフが5人います。
同じ「歯」であっても患者様お一人一人の治療工程は異なります。
通り一遍な治療ではなく、患者さんそれぞれに合った治療プランを立案し、
「よかった~」と思っていただけるようにじっくりと向き合い治療に取り組ませていただいております。

 

診療受付

三浦歯科医院

守口市駅 徒歩2分
守口駅 徒歩7分

〒570-0038 大阪府守口市河原町10-15 テルプラザ226

診療内容

保険診療 / 入れ歯・義歯 / 虫歯 / 歯周病 / 親知らず / 歯科口腔外科 / 小児歯科 / 予防歯科 / インプラント / 美容診療 / ホワイトニング / ホームホワイトニング / オフィスホワイトニング / 口臭 / つめ物・かぶせ物

受付時間

診療受付時間
09:00~13:30 
15:00~20:00  
14:30~18:00     
10:00~14:00     

※歯医者・歯科への電話受付についての注意事項【必読】

歯医者・歯科への電話受付についての注意事項

※お客様が受付専用電話番号に発信した電話番号は、受付確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

 

交通案内

〒570-0038
大阪府守口市河原町10-15 テルプラザ226

京阪本線守口市駅より徒歩2分
テルプラザのビル内にあります。

「徒歩3分」エリアのランドマーク情報
京阪本線守口市駅東出口より徒歩2分です。
テルプラザ2F 入り口の大きな青い看板が目印です。

外観
 

 

医院写真

  • 外観外観。
    こちらの酸素カプセルが目印です。
  • 受付受付。
    当院のスタッフが笑顔でお待ちしております。
  • 待合スペース待合スペース。
    安らげる 空間を演出しております。リラックスしてお待ちください。
  • 診療風景診療風景。
    ブラッシング指導をする際も、丁寧で分かりやすい説明を心がけております。
  • 完全個室の診療ブース完全個室の診療ブース。
    人目を気にすることなく治療を受けられます。
  • ミーティング風景ミーティング風景。
    定期的にミーティングの時間を取り院長やスタッフ達全員の連携、教養を深めます。

 

京阪本線守口市駅より徒歩2分と好アクセスです。開放的な「やすらぎの空間」を
イメージした院内は患者様一人ひとりがリラックスしてお過ごしいただけます。

 

特徴

疾患を見落とさない細部にわたる「共診査」

精密な診査はお口の中を守るためには非常に重要なことです。人間ドックと同じように細かい検査をすることで自覚症状の有無とは関係なくご本人様が気付かれてない疾患が見つかることがほとんどです。三浦歯科では通常のレントゲンとCT撮影、口腔内写真をとらせていただき、口臭検査、歯周病検査、虫歯検査を行っております。

診察風景

今後を視野にいれた「共診断」と丁寧な治療計画の説明

三浦歯科医院では目先の診断ではなく、患者さまがご自身の歯でお食事をされ、いつまでも健康な体を維持していただくために、今どうしたらよいかという視点から診断をさせていただいております。また、検査診断結果は専門の知識を持つスタッフからご説明させていただきます。
不安でわからない状態のまま治療することはございませんので、質問等がございましたらお気軽にお尋ねください。

カウンセリング

再発防止のための「予防プログラム」

欧米の方では歯医者さんは痛くなってから行くのではなく、痛くなる前に「予防」で行くというスタンスが定着しています。ホームケアでの歯垢除去率はどれだけ上手に磨けても70%くらいです。せっかく治療終了してホッとしたのにまた数年おきに治療を繰り返すことは時間とお金の無駄遣いだけではなく体に負担がましてしまいます。そこで、歯科医院に通ってケア・予防管理をしていくことでこうした治療の繰り返しを防止することができます。三浦歯科では患者さまに「また来たい!」と思っていただける予防プログラムに力をいれております。

治療風景

患者様に寄り添った「インプラント治療」

歯が無くなるショックは計り知れません。ましてや初めて入れ歯になった人のショックも相当大きいものです。
インプラントはそのような悩みにお応えできる第3の永久歯と言えます。「インプラントって怖くないの?」「失敗しないの?」等の様々なご質問がありま
すが、三浦歯科では説明することはもちろん、歯科用CTを利用した精密な診断のほか、患者様と話し合いながら治療を進めてまいります。
ご自身の歯のように「噛める感覚」をもう一度味わってみたい方はお気軽にご相談ください。

治療風景
 

診療の基本は①よく噛めること②美しいこと③長持ちすることです。
この3つがQuality of Lifeを高める治療になります。
一診療所、一歯科医師として、かかわりあった患者さん一人ひとりに出来るだけのことをしてあげたいです。
これらを通してQuality of Lifeを実現させていきたいです。

 

Q. 多くの先生方から学んだ「歯科の真髄」とは?
印象に残ったもの、大きな影響を受けた考え方
どこにプライドを持つか???

大学の恩師である補綴のK先生からは、「歯科治療は技術である。」と、また、先輩のM先生からは「経営力とスタッフあってのものだね」と経営とスタッフを大切にする重要性を教えられました。
予防のK先生、インプラントのN先生、H先生などこれはすごい!と思う方の研修に追っかけのように通い、見識や技術を取り込みながら、自分の体系を構築してきたと思います。
診療の基本は①よく噛めること②美しいこと③長持ちすることです。
角度を変えて言えば、Quality of Lifeを高める治療。同じ長生きでも、健康で活き活きと生活できる「健康寿命」を長くすることが大切と考えます。良く咬めれば脳への刺激から、ボケにくく、転倒による骨折も防止できます。
診療のアイデアル・プラン(思い描く治療計画)を目指しながら、オルターネイティブ・プラン(患者様の現状に寄り添った代替の治療計画)との差を少なくするよう努めています。

Q. 敷居が高いと感じる患者様のために

お困りの方にすぐ対応できるよう、初診・急診は随時受け入れておりますし、治療は早く短期間で終えられるように、患者様のご負担を少なくするよう努めています。
また、当院のスタッフは、患者様の不安やお悩みをお聞きし、その方に寄り添って、歯科医師や診療スタッフとの架け橋をします。ですので、気軽にお越しいただきたいと思います。
当院には家族ぐるみで長いお付き合いの患者様も多く、長年勤続のスタッフとも信頼関係が出来ていると自負しています。

Q. 自由診療についての不安
保険と自由診療について十分理解したうえで比較検討ができるよう心掛けている部分は?

最初に、きちんと精密検査やレントゲン写真、CT、口腔内写真の撮影など行って、患者様の情報をデータにします。それをもとに、保険で治療した場合、自由診療で診療した場合をシミュレーションしてイメージ画像を作成します。それを患者様に見て頂き、それぞれの料金をご説明したうえ、ご納得いく方法を選んで頂きます。
また、自費診療を希望されていても、今はご事情が難しいという方もいらっしゃいます。そういう時は、将来的に可能な時期がくるまで、メンテナンスでより良い状態を維持していくことを目指します。息長くお付き合いできる信頼関係を大切にしています。

Q. インプラント治療などのエピソード

忘れられない方と言えば、当時90歳代の男性の患者様。30年間上の歯が総義歯の状態でした。上顎にインプラントをされて、30年ぶりにアワビのお刺身が食べられた、ととても喜んでおられました。
また、癌で奥様が余命1年と診断されたご主人。「死ぬまでに、せめて何でも食べられるようにしてあげたい」と希望され、3、4か月でインプラントをされました。約1年後、奥様は亡くなりましたが、ご主人は、「美味しいものを食べさせてやれて良かった。」と仰いました。
余命が少ないから無駄だと思うか、最後に豊かな時間を過ごしたいと考えるか、それぞれかもしれませんが、この例で、私は仕事に誇りを持ちました。

Q. 地域医療、日本の歯科医療にたいして

大それたことは考えていませんが、一診療所、一歯科医師として、かかわりあった患者さんに出来るだけのことをしてあげたいです。
地域の診療所として、うちに来院された患者さんのあらゆる歯科の疾病と診療に対応できる診療所を実現してきました。
インプラント、虫歯、歯周病などの一般的な歯科診療、事故などによる脱臼などに対応する歯科口腔外科、予防歯科、美容診療、ホワイトニングなど幅広く対応しています。
口腔がんなど、早期に発見して、専門病院に紹介したこともあり、歯のことで困ったことがあった時に患者さん思い出していただける身近な診療所でありたいです。

 

院長写真

院長 三浦 均 (Hitoshi Miura)

〜歯科医師人生を振り返って〜
私は有難いことに、歯学部在学中や卒業後も大学の教授や先輩方々など多くの著名な先生から歯科の真髄についてご教示いただく機会が多くありました。

通り一遍な治療ではなく、治療過程の一つひとつをじっくりと追及し、それが結果として患者さんにとても喜んでいただけるものになる、この違いを肌で感じることができました。
 

院長写真 院長写真

このように、一つのことを突き詰めて考えていく中で、3年で見えてくること、6年で見えてくること、10年で見えてくること、があります。
そして30年以上経ったここ最近、やっと見えてきたこともあります。
「人生を送る上で、健康な歯というものが本当に大切だ」
とうことです。

私の目標は患者さんのクオリティーオブライフの実現。
健康寿命イコール寿命、つまり、寝たきりや要介護などにならず、自立して元気で健康なままいつまでも暮らせることを、歯科医療を通して実現することが私の使命だと思っております。

院長略歴

  • ・1983年3月
     広島大学歯学部歯学科 卒業
  • ・1983年4月
     大阪大学歯学部第二口腔外科研究生
  • ・1983年6月
     歯科医師免許 取得
  • ・1984年3月
     財団法人涼風会倉敷第一病院 勤務
  • ・1986年4月
     三浦歯科医院 開業
  • ・1989年6月
     医療法人三浦歯科医院 開設(組織変更)
 
 

三浦歯科医院の基本情報

医院名

三浦歯科医院みうらしかいいん

予約
住所

〒570-0038 大阪府守口市河原町10-15 テルプラザ226

アクセス

京阪本線守口市駅 徒歩2分

谷町線守口駅 徒歩7分

診療時間
診療受付時間
09:00~13:30 
15:00~20:00  
14:30~18:00     
10:00~14:00     
診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 親知らず 歯科口腔外科 小児歯科 予防歯科 インプラント 美容診療 ホワイトニング ホームホワイトニング オフィスホワイトニング 口臭 つめ物・かぶせ物 口腔がん検診
施設規模
診療チェア数10台
先生の人数常勤男性1人
非常勤男性1人 女性1人
スタッフの人数常勤女性4人
非常勤女性10人
お問合わせ

06-6994-0918

データ更新日:2020年1月14日

特徴

施設情報

バリアフリー|個室制|駐車場あり

サービス

カード払いOK(自由診療)

三浦歯科医院の特徴

院内にはリラクゼーション用のカプセルがあり、すべての診療室が個室となっております。院内はアットホームな雰囲気が感じられ、地域密着型の優しい治療が受けられる歯科医院です。

★三浦歯科医院(守口市河原町)【アクセス】守口市駅から徒歩2分/守口駅から徒歩7分

ネット予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9801-453893無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内