ブラッシングによるお口のケアと負担の少ない治療の実践

おくにし歯科の治療の様子です。

おくにし歯科の治療の様子です。

患者さまのブラッシング技術を高める

悪くなってしまった歯は治療を行うことで毎日の生活に支障のない状態を取り戻すことができます。しかし、治療後にお口のケアを怠ってしまうとほどなくして再び治療が必要な状態となってしまいます。歯を長きにわたって健康に保つために必要となるのは治療ではなく予防です。そして予防への取り組みにおいて大きな役割を担うのがご自身で行っていただく毎日のブラッシングです。当院では歯に治療を行うこと以上に、ブラッシングを中心としたお口のケアに正しく取り組んでいただくことに注力して診療を行っております。しっかりとブラッシングを行っているにもかかわらず歯に問題が起きてしまうという方は少なくありませんが、そのような方はブラッシングの方法に何らかの問題を抱えていることが多く見られます。どのような治療を行う場合であっても、まずブラッシングを困難にしている原因をしっかりとらえることを診療の出発点にし、患者さまにお口に適したブラッシングの技術を身に付けていただくことを目指してまいります。

痛みの少ない麻酔注射で無理なく治療を受けていただく

歯の切削などの際に生じる痛みは患者さまにとって治療を受けることへの大きな負担となる場合があります。無理なく通院していただき、最後までしっかりと治療を受けていただくためには治療時の痛みを軽減して患者さまの負担を小さくすることが肝要です。当院では麻酔注射を行う際の注射針の刺し方や麻酔液の注入圧のコントロールにこだわることで痛みの少ない麻酔注射を行い、治療時の痛みの軽減に努めております。治療時の痛みが苦手な方でも、気兼ねなくお越しください。

どなたでもお越しいただきやすい環境を整えております。

どなたでもお越しいただきやすい環境を整えております。

【小児歯科】お子さまを歯医者嫌いにしないことを意識した診療スタイル

小さなお子さまは歯の治療に対して強い不安や恐怖を感じる傾向があります。お子さまが不安や恐怖を感じている状態で治療を進めてしまうことは歯の治療に対する強烈なトラウマとなってしまうおそれがあるため、治療を急ぐのではなくお子さまの不安や恐怖をじっくりと取り除くことが大切です。当院では初診時にはとくに治療を行わず、お口の状態のチェックやフッ素の塗布にとどめる場合も少なくありません。お子さまを歯医者嫌いにしないことを意識し、お子さまが少しずつ診療室の雰囲気に慣れるのを待ってから治療を行います。お子さまの身体を押さえつけて無理に治療を行うことはありませんので、気兼ねなくお子さまをお連れいただきたいと思います。

おくにし歯科の歯の模型です。

おくにし歯科の歯の模型です。

予防に対して親御さまにも率先して関与していただくために

小さなお子さまは自分でお口のケアを行うことができません。お子さまのお口の状態を管理することができるのは親御さまです。親御さまにもお子さまのお口の健康を守る高い意識をお持ちいただき、お子さまの毎日のブラッシングに率先して関与していただきたいと思います。小さなころに身に付いた予防の習慣はお子さまが将来お口を健康に保つうえで大きな役割を担います。当院ではお子さまの診療時に親御さまにも毎日の正しいブラッシングの大切さについてしっかりお伝えするよう努めております。

治療の終わりは予防の再スタート

治療を終えた時点ではお口は良好な状態を取り戻しています。しかし、しっかりと予防に取り組まなければその良好な状態はやがて失われ、再び治療が必要な状態となってしまいます。治療の終わりは新たな予防のスタートであるととらえてお口の健康な状態を維持していただきたいと思います。当院で治療を受けられた患者さまには定期的にメンテナンスのご案内はがきをお送りしております。ご家庭のケアに歯科医院で受けるメンテナンスを組み合わせてよりよい予防に取り組んでいただきたいと思います。

効率的なブラッシング方法をお伝えしてセルフケアの予防作用を高める

患者さまに寄り添った治療を心がけています。

患者さまに寄り添った治療を心がけています。

【歯周病】つまようじ法によるブラッシング

歯周病の治療や予防ではブラッシングなどによって歯周環境を清潔にすることが必要となります。歯の表面だけでなく、歯と歯のあいだや歯周ポケットの内部の汚れもしっかりと取り除くことで歯周環境は改善しますが、歯間ブラシやフロスを使ったケアは患者さまの負担も増えるため継続に難しさを感じる方も少なくありません。そのような方にはブラッシングだけで歯と歯のあいだや歯周ポケットの内部の汚れも取り除くことができる「つまようじ法」によるブラッシングを推奨しております。つまようじ法によるブラッシングは毛先が歯間に入り込むように設計された歯ブラシを使用して行います。つまようじ法でブラッシングを行うことで歯と歯のあいだや4mm以下の歯周ポケットの内部をよりきれいにしていくことができます。

虫歯の再発リスクを小さくする治療

虫歯などの治療では被せ物や詰め物などの修復物を歯に取り付けます。被せ物と歯との適合が十分でなければ修復物と歯の隙間に段差が生じてプラークがたまりやすくなってしまいます。詰め物を取り付ける場合にも表面の研磨が不足しているとやはりプラークがたまりやすくなってしまいます。プラークがたまりやすくなると虫歯の再発も起こりやすくなります。当院では、虫歯などの治療で歯に修復物を取り付ける際、丁寧に処置を行うことで、プラークがたまりにくく虫歯が再発しにくい治療歯を目指しています。

歯をより長持ちさせるために保険内診療でできる根管治療

重症化した虫歯の治療では歯の神経を取り除く根管治療を行う必要があります。根管治療では歯の神経をすべて取り除き、根管の内部をほとんど消毒して封鎖することが求められます。しかし、根管治療は歯科の治療のなかでもとくに難しい治療のひとつとされ、消毒が不十分な場合には再治療を繰り返してしまうケースも見られます。当院ではこの根管治療をウルトラフィル垂直加圧根充システムによって行います。根管の内部の封鎖には劣化しやすいシーラーが用いられる場合がありますが、当院では液体のウルトラフィルを加圧して根管の内部に隙間なく充填することで封鎖を行います。丁寧に根管治療を行うことで歯を安定した状態でお使いいただくことが可能となります。当院で行うウルトラフィル垂直加圧根充システムは、保険内診療です。根管治療を必要とする方にとって、長期的に良い状態で歯を保存することができる治療を受けることは、とても重要なことだと考えております。

美しく、健康な口元にするための治療の提供

気軽に手に取ってお確かめください。

気軽に手に取ってお確かめください。

【入れ歯】メタルフレームを使用した違和感の少ない入れ歯

入れ歯の装用時の違和感は、入れ歯をお使いの方からとくに多く寄せられる悩みのひとつです。とくにレジン床入れ歯は床部分が温度の伝達も遅いため、自費診療で作製される入れ歯よりも違和感が出やすい傾向があります。嘔吐反射の強い方は入れ歯を装用し続けることさえ困難なケースも見られます。当院では上顎の入れ歯にメタルフレームを使用し、下顎の入れ歯もレジン部分が小さくなるように設計することで、違和感の少ない入れ歯の作製に努めています。保険診療で作製される入れ歯であっても違和感の少ない入れ歯作りに努めさせていただきますので、現在お使いの入れ歯の装用感にお悩みをお持ちの方は、当院まで気軽にご相談いただきたいと思います。

【ホワイトニング】ご自宅で歯を白くするホームホワイトニング

当院ではご自宅で取り組んでいただけるホームホワイトニングのメニューをご用意しております。ホワイトニングを希望される場合には、まずお口全体の検診を行い、ホワイトニングの概要をお伝えいたします。その後、色調ガイドを使って患者さまの歯の色みをチェックしたうえで、目標となる歯の白さを決定いたします。検診後は、お口のクリーニングを行って専用のマウストレーを作製いたします。マウストレーができあがり次第、ご自宅でホワイトニングをスタートしていただけます。

地域に密着したアットホームな診療空間作り

おくにし歯科のキッズスペースです。

おくにし歯科のキッズスペースです。

お子さま連れの親御さまにもリラックスできるキッズスペース

待合室の一角にはキッズコーナーを設けております。アニメのDVDをご覧いただけるモニターも設置しており、小さなお子さまにも楽しく時間を過ごしていただけるようになっておりますので、お子さま連れの親御さまにも気兼ねなく通っていただけます。また、院内には院長の趣味である自転車をモチーフとした模型が展示されております。展示物をご覧いただきながら診療前の緊張しがちな気分をリフレッシュしていただきやすくなっております。

医院からのお知らせ

★第2第4のみ日曜は診療しています

0066-9754-537122無料通話
掲載のご案内