親知らず

院長は、歯科口腔外科について知識や技術を習得しており、虫歯や歯周病治療のほかに、親知らずの抜歯にも対応可能です。
親知らずは、抜歯した方が良い場合、経過観察した方が良い場合、抜歯しない方が良い場合など、患者さんのお口の状態によって様々です。つまり、やみくもに抜歯するのではなく、残すことも考慮した治療を行っています。
そして、親知らずは、生え方により抜歯の必要になることも多いのですが、多くの患者さまはどうして大きな不安をお持ちのようです。そこで当院では、たとえ1本だけの抜歯でも、親知らずの生え方や埋まり方の確認をしっかりと診察したうえで、抜歯手術時にできるだけ患者さまにかかる負担がかからないように心がけています。
親知らずは、その全てが抜歯しなければいけないというわけではありません。抜歯が必要性かどうか、そしてその処置をどうしていくのかを、しっかり診断の上でご説明させていただきます。

医院からのお知らせ
日曜日・水曜日は休診とさせていただきます。

診療時間外にお問合せいただいた場合は、折返しの連絡が翌診療日になりますので、
ご了承下さい。

ネットでの受付は、医院に電話でおかけになった方との時間差で埋まってしまう
ことがありますのでご了承ください。

医院からの確認連絡をもちまして確定となりますのでご注意ください。

ネット予約・空き状況確認

2020年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27 28
29
30 31

2020年2月

1
2
3 4
5
6 7 8
9
10
11
12 13 14 15
16
17 18
19
20 21 22
23
24
25 26 27 28 29

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-219448無料通話
通院中の方
お問い合わせ
掲載のご案内