口コミ39

最寄駅
長岡天神駅
西口 徒歩4分

住所 京都府長岡京市開田1-21-21地図

  • 土曜診療

SRP

具体的な歯周病の治療方法

歯周病が進行している段階では、歯茎を診断するだけではわかりません。歯周ポケットの深さを確認し、レントゲンによってあごの骨の状態を確認し、どのくらい進行しているのかを判断します。軽度の歯周炎であれば、まず歯の見える部分についたプラーク(歯垢)や歯石を除去する「スケーリング」を行います。これを行うことで歯茎がどれだけ引き締まったか検査をした後、歯茎の下にある根の部分のプラークや歯石を除去するSRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行い、歯の根の表面をきれいにし、プラークが再付着しないようにしていきます。これで、約1週間後に再度、歯周ポケットの深さを確認し、症状の改善が見られれば、3か月ごとのメンテナンスをおすすめしています。もし、改善が見られない場合は、歯肉を切開し、歯の根についた歯垢を取り除く外科的治療を行っていき歯周病の治療をおこなっています。

医院からのお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、診療人数の制限をおこなって、患者さん同士の接触を最小にしております。

掲載のご案内