治療内容|吉岡歯科医院

お気に入り

4.6いいね!

口コミ13

  • すぐ予約確定
  • 土曜診療
  • 18時以降診療

なるべく抜かない、なるべく神経をとらない

3代続く歯科医院

院長の父親が開院し、3代に渡って歯科治療を担う当医院は、地域に根ざした歯科医院として親しまれています。家族ぐるみで長きに渡って通院されるご家庭も多いため、小さなお子様からお年寄りまで、様々な年齢層の方を診療しています。院長と副院長の2人体制で治療に当たり、担当した患者さまを最後まで1人の歯科医師が責任を持って診療していますので、定期検診を受けていただければ、些細な変化も見逃さず、症状が悪化する前に手を打つことができます。

昔から変わらないモットー

どんな方に対しても、なるべく「抜歯」や「抜髄(ばつずい)」をしないことがモットーです。つまり、「歯を抜かない」、「歯の神経を取らない」ということです。そのためにも虫歯はもちろん歯周病にもならないように予防に力を入れています。患者さまへは磨き残しのないブラッシングの仕方についての指導をするかたわら、定期検診をおすすめして歯の状態を確認し、虫歯・歯周病の予防へと繋げています。

患者さまの歯を生かすことが大事

もちろん、虫歯や歯周病がかなり進行している場合は抜かざるを得ない場合もあります。歯は、虫歯ができて小さいうちは痛まないですし、何ともないように思えるのですが、虫歯がどんどん大きく広がって神経に近くなると痛みを感じるようになります。虫歯が神経に達すると虫歯を削り、神経を取るだけでなく、歯そのものも抜かなければならない場合がとなってしまいます。実は、考え方の違いによりますが、残せそうな神経でも取ってしまう歯科医師もいます。しかし、当医院ではギリギリでも「なるべく残す」のが信条です。当医院で抜いてしまうパターンは、基本的に虫歯が大きくなっていて歯の頭もなくなり、歯の根っこだけになっているまでに症状が進行していた場合、抜いてしまうこともあります。また歯周病ですと、歯周ポケットがどんどん深くなっていき、歯茎の中にある歯を支えている骨がなくなってしまう病気で、そのために歯が抜けてしまいます。その症状が進行して相当悪くなり、骨が無くなってもう歯を支えきれない、とならない限り、当医院は抜かない方針です。その人の歯をギリギリまで残しています。まずは、患者さまの歯を生かすことが大事なのです。

インプラントをおこなわない為の予防歯科

まだ残すことが可能な歯でも思い切って抜いてしまい、インプラントを治療の選択肢として、すすめる歯科医師が増えていますが、当医院ではできるだけ患者さまの歯を残して保険でできる治療をおこなうことをモットーとし、インプラントは取り入れておりません。そのためにも患者さまとともに予防をしっかりおこなっていき、なるべく抜かない治療に専念しています。

保険を重視した治療

当医院では、歯の治療において、金属もセラミックも、どちらでも患者さまのご希望に合わせて使用しています。何よりも、保険を使うことが当医院の方針としているため、基本は保険を使った治療で進めていきます。患者さまにも保険内で治療をおこなうメリット・デメリットなどお伝えして、患者さまの費用面を考えた上で、治療方針を決めていきます。

コミュニケーションを大事にし、時間と費用の削減を心掛けます

患者さまに普段から歯に意識を向けていただく

患者さまの歯を残すべきと考えていても、グラグラになった治療の施しようのない歯やかみ合わせのできていない親知らずなど、そのような歯は抜くことになりますが、できれば歯は残したいと考えています。口の中の健康を保つためにも予防が大切です。患者さまには、普段から歯に意識を向けていただくことを説明し、痛み出してからではなく、痛み出す前に歯の状態をチェックする、そのためにも少なくとも年に2回は定期検診に通っていただけるよう、治療の際にうながしています。

治療が終わってからがスタート

神経を取らなくていいように、患者さまへの指導については、お子様だけでなく、大人にも歯磨き指導をしています。虫歯や歯周病の治療が終わってからがスタートだと私たちは思っています。治療が終わっても、今までと同じような意識で歯を磨いていると、また数年後、もしかしたら十数年後かもしれませんが、同じところが同じように悪くなってきます。そのようなことを防ぐには、患者さまがしっかりとした意識を持っていただき、検診を受けていただくことが大切です。当医院から強制することはできませんので、きちんとお話をして、患者さま自身にも歯に対する責任を持っていただかなければならないのです。

治療した歯は永遠にそのままではありません

冠(クラウン)と呼ばれる被せものにしても詰め物にしても、基本的には長く持つものではありません。外れてしまうこともありますし、金属と歯では固さが違うため、隙間ができてしまうこともあります。そのため、どれぐらいの経過で起こるかは分かりませんが、何年か経つとまた歯が悪くなってしまいます。虫歯・歯周病治療と予防歯科、これらを含めた定期検診をおこなうことで、結果として、患者さまにとっての治療時間と費用面の負担を減らすことにもなると考えています。

コミュニケーションとリラックス

治療をおこなう際には、お子様でも大人でも、コミュニケーションを大切にすることを心がけています。どう治療していくかといった説明を丁寧にすることもそうですが、患者さまを怖がらせないよう、リラックスして治療を受けていただくことにも重きを置いています。そのリラックス感から、家族ぐるみでお付き合いさせていただく方も少なくありません。

お子様とも会話をしながら

家族で当医院をご利用される方もいらっしゃるため、当然小さなお子様も来院されます。付き添いの方からの説明を聞きながらも、直接、お子様と親しみを込めて接して会話することを心がけ、お子様に心置きなく治療を受けていただけるように気をつけています。その結果、とても素直に治療を受けてくれ、定期検診にも通っていただいていますので、お子様の歯科医院選びでお悩みの方は当医院までお越しください。

保険内の治療で出来る限りの治療を

基本は特別なことをするのではなく当たり前のことを丁寧に

当医院は「保険でできる治療」を掲げているため、特別珍しい治療や高額な設備を揃えているわけではありません。ですが、患者さまが求める治療を一人ひとりに対応し、丁寧におこなうこと、その治療がよりよいものであること、それを基本としています。診療は予約が基本ですので、来院されてお待たせすることもほとんどありません。

吉岡歯科医院

歯周病は痛み出す前の治療が大事

歯周病の怖いところは、痛みがないのに、どんどん進行していき、痛み出したらもう手遅れに近い状態であることです。状況にもよりますが、歯周病で痛みを感じるようになるのは、すでに歯がぐらついてしまっていて、そうなると抜かずに治療することがかなり厳しくなります。元の健康な歯に戻すことはまず無理なので、抜かざるを得なくなります。そのためにも、定期検診で歯の状態を確認しなければなりません。少し気になる程度でも、ご相談ください。早期治療がとても重要になってきます。

歯ぎしりや食いしばりが原因で悪化する症状

虫歯や歯周病に限らず、皆様は何かしら症状をお持ちです。その中でも多いのが、「歯ぎしり」や「食いしばり」です。歯や顎へのダメージが大きく、歯がすり減ったり、歯ぎしりが原因で歯の回りが痛んだり、亀裂が入って歯がしみてしまう、細菌が入ってしまうなど、様々な症状が引き起こされます。あまりにひどい時は歯が割れてしまうこともありますし、歯茎が痩せやすくなります。結果、虫歯や歯周病が進行してしまうといった怖れもあります。そうならないために、定期検診だけでなく、気になった時点で来院していただくことが重要です。

元通りにできない歯だからこそ、残していくべきもの

痛みのない時こそが予防のタイミング

できるだけ歯を残していきたいというのが当医院の昔からの方針です。どんな場合でも無理に残そうというのではありませんが、人間の歯は元に戻せるものではありません。ですから、痛みをほとんど感じない、健康な状態の時にこそ歯をチェックし、歯の磨き方を確認することが、実は重要なこととなります。その健康な状態を維持していくこと、それこそが、歯科医師の役目であるのです。虫歯になるともう歯を元に戻すことはできません。ですので、痛みを感じた時はもちろん、違和感やちょっとしたことでも構いません、ものを噛む時に感じる違和感や、かみ合わせの違和感、歯ぎしり、歯茎の状態など、どんな些細なことでもどのような症状に繋がるか分かりませんので、当医院へお越しください。

医院からのお知らせ

お急ぎの方はお電話でのお問い合わせ・ご連絡をお願いします。
また、誠に申し訳ありませんが、火曜日はWEB受付を受け付けしておりません。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

休診日

お問い合わせ
ください

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25 26 27
28
29 30

2019年12月

1
2 3 4
5
6 7
8
9 10 11
12
13 14
15
16 17 18
19
20 21
22
23 24 25
26
27 28
29
30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9801-213590無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内