レーザー治療の治療内容|マリンみなと歯科

お気に入り

4.1いいね!

口コミ41

最寄駅
稲永駅
出口 徒歩5分

住所 愛知県名古屋市港区一州町1-3 ベイシアみなと店内1F地図

  • 土曜・日曜・祝日診療
  • 18時以降診療
幅広い治療に活用できる『Er:YAGレーザー』

幅広い治療に活用できる『Er:YAGレーザー』

当院ではEr:YAGレーザーを導入し、患者さまの治療時の負担に配慮しております。Er:YAGレーザーは、レーザー機器の中でただ一つ、歯を削ることが認められているレーザーです。歯を削るタービンと比べると音や振動が少ないため、痛みの軽減につながり、患者さまへの負担を少なくすることができます。小さなお子さまや歯科が苦手な方も、気兼ねなく治療を受けていただけます。

虫歯の治療以外にも、口内炎などによる傷の殺菌や知覚過敏にも使用することができ、また根管治療では、抜歯をしなければならないような状態であっても、Er:YAGレーザーを使用することによって抜かずに済むケースもあります。

レーザー治療の特徴

さまざまな症状に対応できる

さまざまな症状に対応できる

Er:YAGレーザーは、知覚過敏、口内炎や傷の殺菌などにも使用できます。口内炎や入れ歯などによる傷の殺菌は、1~2回で治療を完了できます。

知覚過敏は、象牙細管という歯の神経につながる孔が開くことで、神経に刺激が加わるというメカニズムで起こります。Er:YAGレーザーで歯の表面に薄い膜を形成することで、歯の神経への刺激を防ぐことができます。このように、さまざまな症例に使用できるので一度ご相談いただければと思います。

知覚過敏の改善

知覚過敏の改善にEr:YAGレーザーを使用することで、通院回数を少なくすることが期待できます。できるだけ早く知覚過敏の症状を改善したい方におすすめです。レーザー以外の方法は、どの部分で症状が起きているのかによって異なります。

歯の根元が削れたことで知覚過敏を起こしているのであれば、その部分にプラスチックを詰めます。また、歯ぎしりによって歯が削れてしまっているのであれば、マウスピースを装着して歯を保護します。

口内炎の改善

口内炎による傷の殺菌にEr:YAGレーザーを使用することで、症状の改善を目指します。また、Er:YAGレーザーを使用せずに治療をする場合、口内炎の種類に合わせて治療法が決定します。

ストレスや疲れが溜まることで生じるアフタ性口内炎は、ステロイド剤配合の軟膏やシールタイプ、スプレータイプの薬を使用します。しかし、放置しても1~2週間程度で自然に改善していきます。

歯のとがっている部分があたることで生じる潰瘍性口内炎は、お口の中の粘膜を刺激している虫歯の治療や入れ歯の調整を行います。傷口には軟膏を塗り、傷の治りが遅い場合は抗生物質が必要と判断されることもあります。

根管治療に活用できる

歯の中には神経があり、これを取り除くことを根管治療と呼びます。根管治療の際には抜歯をしなければならない場合がありますが、Er:YAGレーザーを使用することで抜歯を免れる可能性があります。

根管治療は、虫歯が進行して神経に達した場合や、神経が死んだ状態で時間がたつことにより膿の袋ができた場合に行われます。神経に虫歯が到達したり膿の袋ができてしまうと、強く痛んだり、腫れることがあります。まずは、根管治療が必要にならないように、虫歯の予防をすることが大切です。

医院からのお知らせ
●診療時間が変更になりました。
 最終受付:平日は19時まで、土日祝は18時までとなります。
 何かございましたら、お気軽にご連絡ください。

ネット予約・空き状況確認

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-212562無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内