噛み合わせ治療について

オペラデンタルオフィス

噛み合わせの重要さ

噛み合わせは他院での治療の際にあまり重要視されない項目かと思います。しかし当院では、噛み合わせが治療の土台となる部分だと考えているため、様々な症状を治療する前にまずは噛み合わせから治療し、治療を行っています。分かりやすく説明すると、口全体を家と仮定した場合、噛み合わせとは柱に当たる部分です。つまり、家全体を支えている柱が歪んでいると、いずれは全体的な崩壊を招くということになります。見えにくい部分ではありますが、噛み合わせはそれだけ重要なのです。
お口の健康のためにも、ぜひ一度噛み合わせチェックをしてみてはいかがでしょうか。

インプラント治療について

オペラデンタルオフィス

噛み合わせを考えたインプラント治療

見た目の美しさや、本物の歯に近い使用感から最近ではインプラント治療を希望される患者さまが増えていると思います。インプラント治療とは、何らかの原因で歯がなくなってしまった箇所に、チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を生成することです。入れ歯のように取り外して掃除する必要がなく、またブリッジのように健康な歯に負担をかけてしまうこともないため、残存している歯を傷つけることがありません。当院では、患者さまに合う噛み合わせを考えながらインプラント治療を行うため、残存している歯や、生成した人工歯に余計な負荷が加わりません。よってインプラントはご自身の歯を長く保ちやすいです。インプラントはたくさん入れればいいというわけではないため、埋入本数を極力おさえ、残っている歯を1本でも多く、傷つけずにそのままの状態で長く保てる治療を目標としています。それが本当のインプラント治療だと思っており、私たちオペラデンタルオフィスのインプラント治療への想いです。

オペラデンタルオフィス

インプラント治療における噛み合わせ確認

当院のインプラント治療には特徴が2つあります。そのうちの1つは「インプラント治療の前に、噛み合わせを考える」ということです。歯を失う原因も、入れ歯がガタついてしまう原因も、どちらも噛み合わせが悪いことで、歯全体にバランスよく力がかかっていないことに起因していることが多いと考えます。噛み合わせが悪いと偏った力の入り方をし、特定の場所ばかりに負荷がかかってしまい、その歯から損傷が激しくなります。そして抜けてしまったところに入れ歯を入れても、入れ歯が合わなくなってしまい、痛みを引き起こしてしまう可能性があります。
当院ではそういった事態を避けるために、インプラント治療の前にまず噛み合わせを考慮した入れ歯を作ります。そして噛む力のバランスを確認してからインプラント治療を行います。

インプラント治療において大事な歯茎

もう1つの特徴は「インプラントの周りに硬い歯茎をつくる」ということです。もちろん個人差はありますが、歯茎には硬い歯茎(角化歯肉)と軟らかい歯茎(歯槽粘膜)の2種類があります。この歯茎のつくりによって、生まれつき歯槽膿漏になりやすい方もいらっしゃいます。患者さま一人ひとりの歯茎の個性を考えて、インプラント治療の後に2次手術として「硬い歯茎」をつくり、インプラントのもちをよくします。インプラントは自由診療での治療になってしまうため、他の治療に比べると高額です。そのため、しっかりと先を見通した治療が大切なのです。

当院の想い

オペラデンタルオフィス

当院の名前の由来

オペラデンタルオフィスでは、お口の健康を考えて診察を行っております。当院のこの「オペラ」という名前の由来は、歯を残すことを目的とした保存修復学という歯科医学の一分野から由来しております。1本でも多くの歯を残すことができるように、歯を失う原因を考えて根本から治療をしていくことが当院のスタイルです。また、音楽のオペラからも由来しています。当院がある浜松が音楽の街と呼ばれているので、地域の人に愛されるようにとつけました。

当院の治療方針

当院の治療方針は「予防によって虫歯の無い美しい笑顔の人を育て、治療によって体の歪みをとり、体も健康とする。」です。虫歯は一度できてしまうと、どんなに治療を施しても元の状態に戻せません。そこで重要なのが、虫歯になる前に予防をすることです。口内環境だけではなく噛み合わせや顎の関節から改善していくことで、将来虫歯にかかるリスクを減らすことが出来ます。
「患者さまの笑顔と健康に接すること」これがオペラデンタルオフィスのスタッフ一同の喜びです。

オペラデンタルオフィス

お子さまに健康への意識付けを

日々、様々な患者さまの治療を行っていく中で、幼い頃からの治療や予防の大切さを感じます。虫歯や歯周病は毎日の汚れの積み重ねや、噛み方の癖などによって引き起こされることがあります。これらを引き起こさないためには、小学2~4年時の頃からの丁寧な治療が重要です。当院では、綺麗な噛み合わせであれば汚れもたまりにくいため、虫歯や歯周病になりにくいと考えています。さらに患者さんに合う噛み合わせになると個々の歯に不当な力がかからず、均等に力が分散されるので、力によって歯を失うことも少ないです。よって歯が長持ちするのです。子供のうちに整った噛み合わせになるように育ててあげることで、将来の様々なリスクを回避することが出来ます。見た目だけが良い歯並びではなく、口腔内に合う噛み合わせを持った、「歯では苦労しない人」を育てることを目標としています。

治療器具の紹介

咬合器(アーティキュレーター)について

噛み合わせを分析する機器を咬合器といいます。歯と顎の関節の位置関係や歯列と頭蓋骨の位置関係、顎の動きを再現するための機器です。歯列の左右・前後差の測る検査、一般的な補綴治療、顎関節の移動など、目的によって機器を選択します。合わない入れ歯を咬合器につけて分析すると、たいてい前後に傾いている場合や、歯の左右の高さに差があります。入れ歯の方や、多数の歯に問題を抱えている患者さまには使用しながら治療を行っております。

オペラデンタルオフィス

全自動注射器について

当院では出来る限り痛みの少ない治療を心がけております。施術の痛みを減らすための麻酔注射ですが、この麻酔自体が痛みを伴うため、患者さまにとっては負担になります。そこで当院では、全自動注射器を採用しております。注射が痛いと感じてしまう原因には、体の中に麻酔液という異物が強く不安定な圧力で入ってくるから、という理由があります。この全自動注射器は麻酔液が一定の、なおかつ速度をコンピューターで制御しながら注入する事が可能です。また、麻酔液を人肌の温度に保つことも痛み軽減には欠かせない要素で、温度を保つ器具も導入しております。これらによって、患者さまへの負担をやわらげるようにしています。

医院からのお知らせ

※ご予約・お問合せについて※
現在、EPARK経由のWEB予約は停止中となりますので、
医院へ直接ご連絡ください。
 

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 受付不可

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

2019年11月

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内