非常に大事な幼少期の口内ケア

予防歯科

非常に大事な幼少期の口内ケア

予防でも矯正でも、口腔内のケアはお子さまが小さい頃ほど良い働きがあります。お子さまが小さければお子さまの顎の成長を使用した、成長期だけの治療が行えるからです。特に、永久歯が生えてくる時期には、歯並びをよくするための咬合誘導が良いです。永久歯は乳歯よりも大きいので、乳歯が抜けた後に永久歯が生えてきてもスペースが足りずに歯並びが悪くなる場合があります。この時期に咬合誘導を行い、永久歯を正しい位置に誘導してあげると、後に矯正を行う場合でもできるだけ小さいの矯正で済みます。

また、最近のお子さまは軟らかいものを食べているせいもあるかと思いますが、顎が小さい傾向があり、乳歯から永久歯への生え換わりの時期に、永久歯の生えてくるスペースを十分につくることができない場合が見られます。この場合には、乳歯を少し削ることで、永久歯の生えてくるスペースをつくって、歯並びをよくしたりいたします。また、当院には栄養士も勤務しており、お子さまの顎を丈夫に育てるための、噛みごたえのある、しかもおいしい料理のレシピを作っております。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22
23 24 25 26
27
28 29 30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内