入れ歯・義歯の治療内容|高橋歯科医院

お気に入り
当院には技工室があり、歯科医師と歯科技工士が連携してスピーディーに被せ物や入れ歯を作製できます

当院には歯科技工士がいるため、コミュニケーションをとりやすく細やかな調整が可能です。

入れ歯・義歯

当院には技工室があり、歯科医師と歯科技工士が連携してスピーディーに被せ物や入れ歯を作製できます

通常、詰め物や被せ物、入れ歯の作製は、外部の歯科技工所に依頼します。そのため、数日程度の時間がかかる場合が多く、患者さまにはその間、治療を待っていただかなければなりません。しかし、当院は院内に技工室を備えています。そのため、作製工程を院内で行なうことができるため、患者さまをお待たせすることなく、スピーディーに治療を進めることができます。

また、院内に歯科技工士がいるため、詰め物や被せ物の色合わせや、噛み合わせなど、患者さまのご要望に合わせて非常に細やかに調整することができます。なお、作製する技工物の種類によっては、外部の歯科技工所に作製を依頼する場合がありますのでその場合はご了承ください。

留め金や装着感が気になる方には、金具を使わない、目立ちにくくて柔らかい素材の部分入れ歯もあります

一部の歯を失った際に、部分入れ歯を使用する場合があります。部分入れ歯は、留め金を他の歯にかけて、固定するのが一般的です。この金属製の留め金はお口を開けた際に目立ちやすいのがデメリットです。

この留め金が目立つのを避けたい場合、金属がなく歯茎と同じ色で目立たない部分入れ歯を使用する方法があります(ノンクラスプデンチャー(※))。この部分入れ歯は、ナイロン樹脂でできており、留め金を使わずに固定できます。そのため、お口を開けることに抵抗を感じにくくなり、自然な表情で笑うことができます。

ナイロン樹脂の部分入れ歯はとても柔らかく、つけた時に痛みや違和感が出にくいという特徴があります。失った歯を補う治療では、インプラントも目立たず違和感が出にくい方法の一つです。しかし、患者さまによっては、顎(あご)の骨の密度が不足している方や糖尿病などの全身疾患のためにインプラント治療ができない方もいらっしゃいますが、そのような場合でも心地良くご利用いただけます。


※は自由診療。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

2019年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
-
22
23
24
25 26 27 28 29
30

2019年12月

1
2 3 4 5 6 7
8
9 10 11 12 13
14
15
16 17 18 19 20 21
22
23 24 25 26 27
28
29
30
31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内