歯科口腔外科

歯を失って困っている方へ、複数の治療方法のご提示を心がけております

歯を失って困っている方へ、複数の治療方法のご提示を心がけております

そもそも歯科口腔外科とは、「親知らずの抜歯」や「口腔内の腫瘍」・「顎関節症」などの、メスを使用したりする外科的処置を行う治療のことです。なかでもあまり皆様に知られていないのが、「歯の移植」が歯科口腔外科でできることです。ちなみに歯の移植とは、主に奥歯が抜けた所へ、親知らずを移植することが主な治療方法です。義歯などを利用すると、力のコントロ-ルを上手に加えることができず、強い力に耐えきれず割れたり欠けたりすることがあります。しかし、自然な歯というのは、噛み心地を感じるセンサーが機能しているので、力をコントロールすることができ、歯を痛めるリスクを抑えることもできます。

当院では、歯の抜歯をしないといけない患者様に対して、歯の移植の提案をすることもあります。きちんとメリットやデメリットをお話ししてから治療をスタートさせますので、まずは数ある治療方法野中からゆっくりお選びいただければと思います。

「歯の移植」で機能・見た目ともに改善出来るよう努めています

歯を欠損してインプラント治療を進められた方でも、実は歯の移植で機能の改善・見た目の改善ができる可能性があります。ただ、歯の移植ときくとご不安に思われる方も多いので、当クリニックで実際に治療された症例の画像などを見ていただき、メリット・デメリットももちろんご説明したうえで、納得いただければ治療に進んでいきます。

歯を失った、欠けた等のお悩みで、どの治療にしようか迷っている方は1度歯の移植も候補に入れてみてはいかがでしょうか。まずは状況を見させていただき、患者様にあった治療方法をご案内させていただきます。

噛み合わせ・歯並びは早期改善が大切です

歯並びや噛み合わせが悪いことでおきる現象は、うまくブラッシングができず虫歯になったり歯周病のリスクがあがります。また食いしばりなどで過度な力が加わっていると、歯が弱くなり歯が欠けたりして、治療が必要になります。定期的に来ていただき、口腔内を見ていると、患者様の生活の傾向も分かってくるので、タイミングやリスクを加味して、改善できる治療を提案させていただいています。

そもそもご自身で気づきにくい症状でもあります。もしご自身が、噛み合わせ悪いかもとお気づきの方は、早期改善が重要なので、まずはお早めにご相談ください。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可

お問い合わせ
ください

お問い合わせ
ください

2020年2月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
-
26 27 28 29

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内