当院ではお子さまから大人まで定期検診をおすすめいたします

佐々木歯科クリニック

虫歯・歯周病の早期発見に定期検診をおすすめします

虫歯も歯周病も、治療をしなければ悪化することはあっても、自然に治ることはありません。いずれも初期は自覚症状に乏しいトラブルですが、徐々に何かしらの症状が出てきます。虫歯なら、冷たいものや甘いものがしみる、痛みがでるなどです。歯周病の場合は、歯ぐきが腫れぼったい、歯磨きをすると出血する、歯ぐきが下がってきた、口臭がきつくなったなどがあげられるでしょう。虫歯・歯周病は、どちらも早期発見すれば簡単な治療ですむこと、予防が可能であること、症状が進行すると抜歯せざるを得ないという3点において共通しています。面倒かもしれませんが、毎日ていねいな歯磨きを心がけ、また早期発見のためにも定期検診に通うようにしましょう。お金も時間も節約することができます。

お子さまへの治療はきるだけ短時間で治療を行うようにしております

乳歯と生えたばかりの永久歯は、どちらも柔らかいために虫歯になりやすい傾向にあります。とくに乳歯の場合は、進行が早いうえに神経のある歯髄が大きいため、あっという間に神経に到達して痛みがでます。また、治療をしなければ永久歯や歯並びにも悪影響を及ぼすことがあります。しかし治療が苦手なお子さんは少なくありません。そのため、当院ではできるだけ恐怖心や不安を和らげてから、短時間で治療を行うようにしております。できれば、小さなうちから予防を心がけるようにしましょう。また、親御さんによる仕上げ磨きも重要です。

治療後から良い状態をキープするために今後は予防歯科を

治療が終了したら、それで終わりと思っている方も少なくありません。しかし、虫歯や歯周病の再発で痛い思いや辛い思いをしないためにも、治療後から良い状態をキープできるよう心がけることが大切です。歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスなどを使って隅々まで歯を磨くようにしましょう。また、歯科医院での定期的なクリーニングもおすすめです。毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、磨き残しがあることは珍しくありません。当院の予防歯科では、虫歯や歯周病が出来ていないかの確認、磨き残しのチェック、お口のクリーニングをご提供しております。この機会にぜひ正しい歯磨きを身につけましょう。また、歯石やバイオフィルムをご自宅の歯磨きだけで除去するのは難しいため、ぜひ歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニングをご利用ください。

当院の設備・機材について

いろいろな作用を持ったオゾン水を使用しています

オゾン水とは殺菌作用のある特殊な水で、専用の機械で水を電気分解することにより作り出しています。当院では歯周病治療、インプラント、歯科口腔外科、根管治療などでオゾン水を利用することで、歯周病の治癒を促進したり、外科手術の炎症を抑えたりすることが可能となりました。オゾン水は毒性のあるものではありません。また、オゾンの殺菌作用は、物質と結合することにより起きる酸化反応です。いったん反応を起こしてしまえば後はただの水となりますので、人体に悪影響はございません。お気軽にご来院ください。

レーザー治療とは

レーザーはさまざまな歯科治療に活かすことができます。例えば、口内炎の治癒促進、虫歯菌や歯周病菌を死滅、歯質の強化、腫れを抑える、メラニンを除去するなどがあげられるでしょう。レーザーによる切開は、メスと比べて痛み・出血が少ないために治療後が良い傾向にあります。また、炎症を抑える作用があるため、外科手術の後の炎症を抑えたり、入れ歯などでできてしまった傷や口内炎などを治療することにも利用可能です。レーザー治療には痛そう、熱そうなどのイメージがあるかもしれません。しかし、実際にはあまり痛みはありません。

レーザーで健康的な歯ぐきに

喫煙などが原因で歯ぐきが黒ずんでしまっている場合、レーザーを使うことでメラニンを除去することができます。治療の所要時間は15分程度、治療中は痛みもほとんどなく、施術後1~2週間程度で健康的なピンク色の歯ぐきを取り戻すことができるでしょう。ただし、喫煙などを続けていると再発しやすい傾向にあります。喫煙をやめることは難しくても、喫煙の量を減らすなど、健康のためにもご検討されてはいかがでしょうか。

インプラント治療についてしっかりご説明をします

佐々木歯科クリニック

インプラントの4つのメリット

インプラントとは歯を失ったところに行う治療法です。人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上にアバットメントと呼ばれる土台と差し歯を付けることで、噛むことができるようになります。インプラントのメリットは大きく4つあります。1つ目は、目立ちにくいことです。お口にある他の歯に合わせて作るため、天然歯との見分けがつきにくいです。2つ目は、天然歯に近い噛み心地です。入れ歯の場合、噛んだ時に入れ歯の下にある歯ぐきに負担がかかりやすくなります。しかし、インプラントは顎の骨の中に人工の歯根を埋め込むため、噛んだ時に顎の骨でしっかり支えられ、天然歯に近い噛み心地を得られるでしょう。3つ目は、異物感が少ないことです。入れ歯もインプラントもどちらも異物であるという点では変わりありません。しかし、口の中でしっかり固定されているインプラントの方が異物感・違和感を減らすことができます。4つ目は、周囲の歯を守りやすいことです。ブリッジの場合は両側の歯を削らねばならず、部分入れ歯の場合でもバネによる負担で歯が傷みやすい傾向にあります。インプラントは両側の歯に負担をかけることがあまりありません。

インプラントの3つのデメリット

インプラントのデメリットは大きく3つあります。1つ目は保険が適用されないことです。自費の治療となりますので、治療費が高くなりやすい傾向にあります。2つ目は、持病によってはインプラントを適応できないことです。重い心臓病や糖尿病、骨粗しょう症の薬を使っている場合などは、治療をお受けできないことがございます。3つ目は、治療できないケースがあることです。インプラントは顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術が必要ですが、顎の骨が不足しているケースでは治療が難しくなります。

治療の流れ

まずは検査を行い、治療計画を立案しましょう。インプラントは、ただ埋め込めば良いというものではありません。骨の硬さや大きさ、位置などをふまえ、計画立てて治療を行う必要があります。手術の所要時間は30分~1時間程度、局所麻酔を使いますので痛みはありません。なお、インプラントを埋入する数により、時間は変動します。インプラントを埋入後、2~6カ月ほど間を置き、インプラントと骨が結合するのを待ちます。なお、この期間歯がない状態で過ごすのは大変ですので、仮の歯や入れ歯を利用して、日常生活に支障がでないようにします。その後土台を入れて、型を取り歯の部分を作ります。色や形などは、周囲の歯に合わせて作るため、インプラントの部分だけが目立ちにくいです。最後に歯を取りつけたらインプラントの手術は完了です。

メンテナンスが大切です

インプラントにも歯石はたまりますし、天然の歯と同様に歯周病に対するリスクがあるため、毎日のメンテナンスがとても重要です。特に歯周病で歯を失ってしまった方は、これまで以上に丁寧に歯磨きを行いましょう。定期検診でインプラントの状態や噛み合わせを確認し、クリーニングを受けて清潔を保つことも大切です。

選択肢を広げるために自費の入れ歯もご用意しております

佐々木歯科クリニック

マグネット式の入れ歯

当院では自費の入れ歯も取り扱っており、その1つがマグネットを使った入れ歯です。通常入れ歯はバネで固定しますが、マグネット式の入れ歯はマグネットを使って入れ歯を固定します。具体的には、歯根に磁石とくっつきやすい磁性金属を埋め込み、また、入れ歯にも小型の磁石を埋め込んで、お口の中で固定するのです。通常の入れ歯よりもしっかり固定されるため、食事中に動いたり外れたりすることが少なくなるでしょう。また、ブリッジのように両側の歯を削る必要もありませんし、バネで歯を傷めることもありません。デメリットとしては、神経のない歯でないと使えないことなどがあげられます。

フレキシブルデンチャー

ノンクラスプデンチャーとはバネを使わないことが特徴です。バネがないために見た目が自然で、入れ歯をつけていることが分かりにくい目立たない入れ歯です。

審美歯科についてご説明いたします

佐々木歯科クリニック

審美歯科とは

美容診療とは、歯の機能を改善しつつ、見た目の良さも追及した治療です。治療後が目立たないようにしたり、歯並びを改善したりすることもできます。口元にコンプレックスがあると、人と話す時に気になってしまったり、気軽に笑えなかったりするでしょう。こうした悩みを改善することも美容診療の役割だと思っております。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 休診日

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19
-
20
21
22
23
24
-
25
-
26
27
28 29 30
31
-

2019年11月

1
2
-
3
4
5 6
7
-
8 9
10
11 12 13
14
-
15 16
17
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
24
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内