院長 荒谷 和弘(Kazuhiro Araya)

歯科医師になって36年、大倉山に当院を開業して30年。インプラントも1990年から導入して27年、470人を超える治療件数があります。新しい技術の研究や勉強はいまも続いています。

当院はただ虫歯を治すだけの歯科医師ではありません。患者さまのお口の中全体を身守り、悪化しないようにケアして快適に暮らしていただくことが目標です。

そのために、患者さまへのご説明は惜しみません。検査や治療の結果、お口の中がどうなるのか、どういうメリットやデメリットがあるのかを知らなければ、患者さまも治療方法を決断できません。インプラントを希望される方は、特にご不安な気持ちも大きいと思いますので、ご遠慮無くお聞きください。コミュニケーションをしっかりとって、いつまでも患者さまのお口のパートナーとして当院をご利用いただければと思います。

院長経歴

  • ・1982年 鶴見大学歯学部卒業
  • ・1982年 鶴見大学歯学部補綴学第Ⅲ講座入局
  • ・1985年 東京都古川歯科医院勤務
  • ・1987年 あらや歯科医院開設

医師 志賀 健太郎 (Kentaro Shiga)

経歴

  • ・鶴見大学歯学部卒業
  • ・鶴見大学歯学部病院総合診断室Ⅱ

歯科衛生士 冨岡 ゆかり(Yukari Tomioka)

 

歯科衛生士 三上 久美(Kumi Mikami)

 

歯科衛生士 伊藤 暢子(Nobuko Ito)

歯科助手・受付 三宅 栄子(Eiko Miyake)

 

歯科衛生士 青木 眞由美(Mayumi Aoki)

 

歯科衛生士 島野 利江(Rie Shimano)

 

歯科衛生士 簾内 利江(Toshie Sunouchi)

 

診療受付

ブルーライン新羽駅 出口徒歩7分

〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11

保険診療 / 入れ歯・義歯 / 虫歯 / 歯周病 / 親知らず / 歯科口腔外科 / 小児歯科 / 予防歯科 / インプラント / 美容診療

診療受付時間
10:30~13:00 
15:00~22:00  
10:30~13:30    
14:30~17:00   

■ 混雑時間帯:平日 17:00~22:00

※歯医者・歯科への電話受付についての注意事項【必読】

歯医者・歯科への電話受付についての注意事項

※お客様が受付専用電話番号に発信した電話番号は、受付確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

 

〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11

横浜市営地下鉄 新羽駅 徒歩7分
東急東横線 大倉山駅 徒歩18分

横浜市営バス 41系統 太尾西住宅 停留所 徒歩1分

「徒歩3分」エリアのランドマーク情報
新羽橋を渡った東側が当院です。

 

 

患者さまもスタッフも、そして私も笑顔でいる
そんな笑顔のあふれる医院にしたいと思っています。
歯が痛くなってくる方でも、治療が終われば笑顔になりますし、
定期検診をしっかり受けていただければ、
元気な歯でしっかり噛めますから自然と笑顔になります。
歯が痛くなくても悪くなる前にご来院いただければ幸いです。
お口の状態をより良くして、
いつまでも患者さまが笑顔でいられるよう、力を尽くします。

 

Q. 歯医者を目指したきっかけをお伺いしてもよろしいですか?

父親は苦労人の歯科医師で、勤め人から修行して転身しました。一人っ子だった私は、診察室で遊ぶのが大好きでした。 その頃から患者さまが父に感謝して帰っていかれるのを見て育ってきました。商店街だったので、ほかのお店ではお客さんが帰る時に店主が「ありがとうございました」というのに、うちではその逆でしたので、小さい頃は不思議に思っていました。
大きくなってくると、感謝して帰られる意味が分かり、「歯医者は人に感謝される仕事だ」と自分も感謝されるような歯科医師になりたいと思ったのがきっかけですね。

Q. 子供時代はどんな子だったんですか?

一人っ子で、商店街の中に住んでいましたが、中でもいちばん小さかったせいで外に出るとすごく可愛がられました。週の半分はよその家で夕食をごちそうになっていたほどです。ほかのお店のお手伝いもしていて、きちんと間違えずにお釣りを渡せたのを褒められたのはよく覚えています。
歯科医院では、診察室がいろんなものがあっていちばんお気に入りの場所でした。患者さんがいない時などはいい遊び場でしたが、診察台をいじることだけは禁止されていました。
勉強は5年生の時に通っていた塾の先輩が進学校に入学し、坊主頭になったのを格好いいと憧れて必死に勉強しました。親は特に勉強にうるさいわけではありませんでした。どころか、何も言わないので、自分でしっかりしようと思っていた程です。そういう子どもでしたね。

Q. ありがとうございます!念願叶ってこのお仕事をしていますが、歯医者の楽しさはどんなところにありますか?

歯医者に来られる患者さまには、歯が痛くて顔を抱えて来られるお客さんも少なくありません。ですが、治療して痛みを抑えると、スッキリした表情でお礼を言って帰っていかれる。歯医者をめざしたきっかけと同じですが、やはり、それはやりがいを感じますね。
そういう意味で考えると、歯医者というのは「ペインクリニック」だと思うんです。痛みを止めるクリニックということです。そして、予防歯科はこの先、痛くなりそうな箇所を処置します。しかし、歯を抜いたあとは入れ歯やインプラントなど、ペインクリニックとは別の技術と知識が必要になります。多くの引き出しを備えていなければなりませんが、それもまた歯医者の面白さのひとつです。

Q. 長年歯医者として多くの患者様を診られたと思うのですが、思い出深いエピソードはありますか?

卒業後半年くらいの頃、他の歯科医院を手伝っていたのですが、たまたま私意外に歯科衛生士もいないという時間帯に飛び込んで来た患者さまの抜歯がとにかく大変でした。横向きの難しい永久歯だったのですが、それを助手もなくひとりで抜歯することになってしまいました。卒業半年で、いきなりの難題でした。
1時間一人で格闘してなんとか抜いたのですが、なんともバツが悪かったのは、その日の昼食に餃子を食べていたので、抜歯後に患者さまから「痛くはなかったけれど、にんにくのニオイがきつかったです」と苦笑されてしまいました。なんとも間が悪かった思い出です。

Q. 次にご趣味をお伺いしてもよろしいですか?

ゴルフに行っています。基本的にアウトドア派で、外に出ることが好きですね。
大学の時はスキー部だったので、今もスキーはします。それと、大会にはOB戦もあって、私は出ませんが先輩をお連れする役割で参加しています。
それとキャンプ。子どもが小さかった頃は一緒に連れて行ったのですが、もう大きくなったのでひとりでキャンプに出かけています。ご飯を作って焚き火を眺めながらお酒を飲んであれこれ思索するのが気に入っています。
スキューバダイビングも若い頃に資格を取りまして、「ダイブマスター」です。インストラクターは生徒を取らねばいけないので、そこで止まりました。開業前は、平日は歯科医院で働き、金曜の夜から日曜の夜まではダイビングショップでバイトしていたこともあります。色々なお客さまがいらして面白かったですよ。

Q. スタッフの方の笑顔がとても素敵ですよね!

私は当院を患者さまもスタッフも、そして私も笑顔でいる、笑顔のあふれる医院にしたいと思っています。歯が痛くなってくる方でも、治療が終われば笑顔になりますし、定期検診をしっかり受けていただければ、元気な歯でしっかり噛めますから自然と笑顔になります。
歯科衛生士は、それぞれ受け持ちの患者さまが決まっている担当制をとっていますが、時には急用や病気で休まれることもあります。そうすると、患者さまも歯科衛生士のファンなので、いる日に変えられる方がほとんどです。特に歯科衛生士さんに笑顔を心がけるよううるさく言っているわけではないのですが、自然とそうなっているのかもしれませんね。患者さまひとり当たり1時間も時間を取って、うち50分は話を聞いていることも少なくありません。それぞれの患者さまへの対応は任せていますから、しっかりお話できることが受け入れられているのかもしれません。

Q. 最後に医院のこれからについてお伺いしてもよろしいでしょうか。

患者さまにとっても、スタッフにとっても笑顔のたえない医院でありたいと思っていますので、歯が痛くなくても悪くなる前にご来院いただければ幸いです。その後は口腔内の状態をより良くして、いつまでも患者さまが笑顔でいられるよう、力を尽くします。

 

ずっと自分の歯で食事をするために大切なのは、予防です。

当院では患者さま一人ひとりのお口の衛生状態、健康状態をあげていくことを目標としています。歯医者に来られる方は痛みがきっかけで、その治療をして痛みを止めることがまず優先されます。その時に、お口を確認させていただくと、ほかにも虫歯になっている歯や歯周病などが見つかることがあります。

虫歯で穴が空いたり、歯周病が悪化して骨が溶けてしまうと、それを歯科技術で補うことはできても、元通りにもどすことはできません。痛みがやむと通院をやめてしまう患者さまもいらっしゃいますが、痛くなるごとに来院して治療することを繰り返していると、歯を抜くしかなくなってしまいます。それより、なにも無い時に検診させていただき、お口の中を念入りにチェック、このままだと悪化しそうな箇所があれば先に治療することをお薦めします。当院には経験を積んだ歯科衛生士がいますので、正しいブラッシング指導などを受けていただくことが、お口をさらに健康にしていきます。

歯科衛生士は患者さまそれぞれについて専任でつきますので、責任を持ってサポートいたします。ずっとご自分の歯で食事をしていただくため、予防歯科や治療に当院一丸で診させていただきます。年に3・4回はクリーニングも兼ねて定期検診に通っていただくのが良いと思います。

あなたに新しい歯を与えるお手伝いをします。

すでに何本かの歯を抜かれてしまった方でも、現在は「インプラント」という人工歯根を顎の骨に埋め込み、上物の歯を入れる治療法があります。
今でこそ一般的に用いられることがポピュラーになったインプラント治療ですが、当院では大倉山に開業してすぐ、27年前の1990年という黎明期にインプラントに魅せられた荒谷院長がいちはやく治療に取り入れました。これまで470人を超える患者さまにインプラントを施術し、1300本以上の経験があります。それだけ数多くの症例に接し、適した治療を積み重ねています。

インプラントは入れ歯よりもメンテナンスの時間を抑えることができますし、しっかりと噛んで食べられることができます。そのため治療に前向きになる患者さまも多いです。

当院のインプラント治療では手術でも基本的にメスを用いません。麻酔はかけますので、痛みはほとんどなく、歯ぐきもほとんど腫れません、27年の経験と知識で患者さまの生活が快適になるお手伝いをさせていただきます。

歯医者は怖くないところ…私たちの笑顔がそれを証明します。

患者さまがリラックスして通える、頼りになる歯科医師とはどんな歯科医師でしょうか? 当院では、歯科技術がしっかりしていることはもちろんのこと、患者さまと接する歯科医師と歯科衛生士、受付などすべてのスタッフの人間性もよく、きちんと患者さまの声や悩みを聞いて、丁寧に答えることも大切と考えています。
来てみないと分からないと思われるかもしれませんが、webでの情報もご参考にいただければ幸いです。

当院では患者さまに笑顔で帰っていただきたいという思いで接しています。来院される患者さまが不安な気持ちでおいでになり、最初に接するのは受付スタッフですが、少しでも気持ちを落ち着けていただけるよう、優しい笑顔でお出迎えいたします。もしご不明点や心配なことがあれば、遠慮なくお聞きください。

 

 

  • 皆さまを笑顔で
    お迎えいたします。

     
  • 光が差し込む
    明るい待合室です。

     
  • こちらが当院の診療室です。
  • 分かりやすい説明を
    心がけています。
  • 治療は丁寧に、患者さまが
    リラックスできるように
    気を配っています。
  • 治療を行うユニットは
    常に清潔を保っています。

 

歯医者が苦手な方でも心を落ち着かせることが出来る、
そんな空間を当院は目指しています。
そのために、院内のお手入れをきちんと行い、
いつでも気持ちよく治療を受けていただけるよう心がけています。
何より私たちの自慢は「笑顔」、最後は笑顔でお帰りいただけるよう努めてまいります。

 

あらや歯科医院の基本情報

医院名

あらや歯科医院あらやしかいいん

予約
住所

〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山7-11-11

アクセス

ブルーライン新羽駅 出口 徒歩7分

東急東横線大倉山駅(神奈川県) 徒歩18分

診療受付・休診日
  • 木曜・日曜・祝日
  • 土曜診療
  • 18時以降診療
診療受付時間
10:30~13:00 
15:00~22:00  
10:30~13:30    
14:30~17:00   

混雑時間帯:平日/夕方 土/午前

診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 親知らず 歯科口腔外科 小児歯科 予防歯科 インプラント 美容診療
施設規模
診療チェア数5台
お問い合わせ

045-544-9696

特徴

施設情報

個室制|駐車場あり

サービス

急患対応|20時以降診療

0066-9801-404835無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内