ラバーダムを用いて細菌感染を防ぐ再発のリスクを減らす治療

細菌の侵入を防ぎながら治療を行います。

根管治療

ラバーダムを用いて細菌感染を防ぐ再発のリスクを減らす治療

根管治療は、診断の時点でマイクロスコープを用いて患部を丁寧に確認することが大切です。加えて、ラバーダムを使って清潔な環境で治療を行うようにしています。
根管となると歯の表面ではなく、根っこに近い部分になりますが、これらは複雑で目に見えない部分まで行き届いています。ここを治療するときにはマイクロスコープを用いて治療をしませんと、菌を残してしまう可能性もあり、再発を誘発させてしまうことになります。
マイクロスコープは肉眼で見える世界よりも約20倍の倍率で見えますので、より丁寧な治療を可能にします。これによって、何度治療をしても変化のない方や、原因不明の痛みがある方が治療を通して痛みが少なくなるということもあります。

また、ラバーダムを使うことも重要です。お口の中は細菌が潜んでいますので、深く削った患部に唾液が入らないようにしなければなりません。

医院写真

医院からのお知らせ
【木曜日の診療時間変更のお知らせ】
12月13日(木)までは9:30~13:00・14:30~19:00
12月20日(木)以降の木曜日は9:30~14:00の診療となります

ネット予約・空き状況確認

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19
-
20
21
-
22
23
-
24
-
25
-
26
-
27
28
-
29
-
30
-
31
-

2019年11月

1
-
2
-
3
4
5
-
6
-
7
-
8 9
10
11 12 13 14 15 16
17
18 19 20 21 22
23
24
25 26 27 28 29 30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内