小児歯科の治療内容|岡本デンタルクリニック

お気に入り

口コミ11

最寄駅
立川駅
南口 バス7分

住所 東京都立川市富士見町7-37-22 ふじみビル2F203地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

EPARK医療総合アプリ「デジタル診察券」が利用できます。

0066-9801-213404 無料通話

小児歯科

まずは慣れていただくところからはじめます

当院では、トラウマや歯医者嫌いにならないように無理やり押さえつけてといったような治療は行いません。
ブラッシング指導など少しずつ慣れてもらいながら、治療を進めていく方針です。
ほとんどのお子様は2~3回来院していただくと治療ができるようになります。
歯科医師に何をされるかがわからないから恐い、というお子様もいらっしゃいます。その不安を和らげるためにTell Show Do法を取り入れています。
Tell Show Do法(TSD法)とは、お子様にTell(話す)、Show(示す)、Do(実践する)ことにより、
段階的に恐怖心を和らげる系統的脱感作法の一種です。
お子様に話す際には、「お口の中をこういうふうにするよ」「虫歯があるからね」などといったやさしい口調で説明します。

幼い頃からの予防が大事

乳歯のころから、歯の予防の習慣づけをすることが大切です。
お子様には、フッ素塗布やシーラント実施のために、定期的に歯科医院にお越しいただくことをおすすめしています。
シーラントとは、歯の溝をプラスチック樹脂の一種を使って埋めることで、虫歯予防をめざす方法です。
対象とするのは、生えてすぐの6歳の臼歯や、乳歯の奥歯です。歯も生まれた直後は表面が未成熟で弱いのですが、
徐々に唾液中のカルシウムなどを歯が吸収し、年月が経つとともに強くなります。
したがって、同じ永久歯であっても大人とお子様で歯の強さを比べると違います。
それだけ、お子様は虫歯になりやすいので、シーラントなどの虫歯対策をおすすめします。

保護者の方と一緒に歯を守っていく

保護者の方には仕上げ磨きの指導や、場合によってはおやつ指導、生活習慣や指しゃぶりなどの悪習癖の指導など行っています。
歯科医師と保護者の方の二人三脚でお子様の歯を守っていく姿勢が大切だと考えています。
そのほか、お子様の噛み合わせについて、必要であれば連携している矯正を得意としている歯科医院に紹介をしています。
ご希望の方は一度ご相談ください。

0066-9801-213404無料通話
掲載のご案内