治療方針

Q.どのような治療方針で診療をされていますか?

さくら歯科クリニック 治療方針

患者さまにご理解とご納得いただいたうえで治療を行います。

A.説明を通じて、患者さまが同意をされてから処置を進めることを大切にしています。


大切にしているのは事前にしっかりと説明をして、患者さまがご理解、ご納得された上で必要な処置をすることです。治療では、歯を削ったり、抜いたりしなければいけないケースも出てきます。その場合であっても、まずは、患者さまが同意をされてから治療を進めるよう心がけています。

虫歯

Q.虫歯の治療でカウンセリングを重視する理由をお聞かせください。

さくら歯科クリニック 虫歯

健康な歯を残せる治療を第一に考えた治療を行っています。

A.「勝手に削られた」ということが起こらないよう、事前の説明を大切にしています。


虫歯の治療で心がけていることは、「できるだけ削らない、抜かない治療」です。患者さまの大切な歯を少しでも長く残したいからです。しかしながら、虫歯の症状が進んでいれば歯を削ったり、抜いたりしなければいけないこともあります。

そこで重視しているのが、治療前のカウンセリングです。「勝手に削られた」とか「こんなはずじゃなかった」ということが起こらないよう、お口の検査や治療法のメリットとデメリットをご説明し、患者さまが同意された上で治療を進めるよう努めています。

また、実際に歯を削る場合は、できるだけ慎重に処置を行うようにしています。例えば、深い虫歯の場合、タービンという電動の機械を使えば早く終わります。しかし、そこをあえてエキスカベーターという手動で歯を削る器具を使うようにしています。そうすることで、健康な歯を削らずに済みますし、神経を残すことにもつながるからです。

つめ物・かぶせ物

「白く見た目が自然な被せ物」歯科技工所と連携し、ご要望に添ったものを作製します

さくら歯科クリニック つめ物・かぶせ物

虫歯を削った部分や、怪我などが原因で欠けた歯は、被せ物・詰め物を入れて補う必要があります。当院は所属するグループ内に被せ物・詰め物を作製する歯科技工所があり、歯科技工士と密な連携を取りながら、歯にぴったりあった被せ物・詰め物の作製を行っています。

歯と被せ物・詰め物の隙間を小さくして、噛み合わせのズレもないような形状に作製すると、素材の割れや余計なすり減り、外れやすさを抑えることが期待できます。患者さまに長く快適にお使いいただける被せ物・詰め物をご提供させていただきます。

セラミックの被せ物・詰め物は金属と違い、見た目が白くお口元に馴染みます。銀歯が目立つことが気になる方は、当院までお申し付けください。

インプラント

綿密な治療計画を立てた上でのインプラント治療

さくら歯科クリニック インプラント

患者さまにご自身のお口の状態にあったインプラントをお選びいただけるように、当院で取り扱っている2種類のインプラントそれぞれの特徴について、メリットだけでなくデメリットに至るまできちんと説明しています。そして患者さまにご理解・ご納得をいただいた上で、治療を始めるようにしています。

また、処置の前には歯科用CTでお口の内部を立体的に写し出すといった、精密な診査診断を行い、治療時のリスクを軽減できるようにしました。外科処置を伴うことに対する不安に配慮しています。

インプラントには、失ってしまった歯を補うことを目的としたものだけではなく、部分入れ歯や総入れ歯をしっかりと固定するための支えとして使うものもあります。患者さまのニーズにお応えすべく、治療のバリエーションを様々用意していますので、ご興味のある方は、一度ご相談ください。

医院からのお知らせ
■臨時休診のお知らせ
2月29日(土)は臨時休診とさせていただきます。

ネット予約・空き状況確認

2020年2月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
20
21 22
23
24
25 26
27
28
29

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9801-221008無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内