痛みをやわらげるための取り組み

麻酔専門の担当医師だからできること

歯科治療する際に、治療中の痛みや麻酔に対してあまりいいイメージを持っていない方が多いと思います。そのため、歯科医院を訪れるのをためらい、嫌がる方は多いのではないでしょうか。歯科治療に関する知識だけでなく、全身的な部分について学ぼうと考えた時に、麻酔というものが重要な要素だと気づきました。歯科麻酔について研鑽を積み重ねてきた歯科医師が、患者様のためを思った処置で痛みのない麻酔を目指しています。虫歯などの治療の際に用いる麻酔ですが、針を刺す位置にシートの麻酔薬を塗り、5~6分時間を置くことで針による痛みを軽減します。実際に麻酔をする際には、電動麻酔器を用い、注入速度を一定にすることで、麻酔液が入る際の痛みが緩和されます。とにかく、ゆっくり時間をかけること、この小さな心がけで、麻酔による痛みを軽減することが可能になるのです。また、患者様の症状によっては、保険、自費治療問わず5倍の拡大鏡を用いることで、丁寧な治療を行っています。丁寧に治療ができるとともに、痛みの少ない治療が可能になります。

嘔吐反射がある方のために

歯科治療中に口にものが入ることで、嘔吐反射が出る方がいます。そのような患者様のために、保険診療で静脈内麻酔を行っています。静脈内に麻酔液を投与することにより、緊張感や恐怖感を持つことなく夢の中にいる感覚で治療を受けることができます。治療中の記憶も残りにくく、痛みを感じないのが特徴です。保険範囲内において静脈内麻酔を行っている歯科医院は少ないと思います。嘔吐反射などで歯科治療ができずに困っている方はぜひ一度、ご来院ください。

静脈内麻酔によるメリットと注意点

点滴により、ゆっくりと時間をかけて静脈に注入するため、痛みの抑えた治療が可能になり、歯科治療に不安を感じることもありません。注意点としては低年齢の患者様には使えず、ある程度体重の増える中学生くらいの方から使用することができます。保険診療で静脈内麻酔をするためには、恐怖症だけでは難しく、嘔吐反射等の症状がある患者様に限られます。一度見させていただいて、こちらで判断してからの治療になります。また、局所麻酔でも治療が困難な患者様には、保険メインで全身麻酔での治療も行っています。

失った歯を補う治療

西葛西マリーナ歯科医院

なるべく自分の歯を残すために

歯を失ってしまってからは、それを補うための治療が必要ですが、自分の歯が残っているのであれば、まずはその歯を残すことに全力を尽くします。天然の歯に勝るものはありません。インプラントにおいても、わざわざ抜いてまでやる必要はないと考えています。しかし、歯を守るために抜く必要があるとき、移植を行うことや、その他オペで守れるのであれば、患者様の症状に適した治療法をご提案します。

失った歯を補うため患者さまの症状に適した治療法

金属を使ったクラスプと呼ばれる部分入れ歯では、隣接する健康な歯を削る必要があり、咬合圧による負担もかかります。インプラントは、健康な歯を傷つけることや負担をかけることなく、失った歯のみを補うことができます。今ある歯を失わないよう、周りの歯に対する負担を軽減するためにも患者さまの症状に適した治療法です。インプラントは失った部分の顎に人工歯根を埋め、その上から人工の歯をかぶせる治療法です。顎の骨と歯根がしっかりと固定されているため、入れ歯のように噛みにくい、浮くといった症状もなく、自分の歯と同じように力強く噛めます。しかし、全身疾患がある、顎の骨の量が少ないなどの患者様には治療できないこともあります。

失った歯に対するもう一つの選択肢

当院で取り扱っている入れ歯

インプラントは外科手術が必要になり、費用も高額になります。失った歯を補うために入れ歯という選択肢もあります。入れ歯を作成する際に必要なのは、いかに違和感の少ない装着感を実現できるかです。通常は歯科医院で取った歯型を元に技工所で作成しますが、当院では院内で入れ歯を作成しています。そのため、事前にサンプルや模型を用いることで、歯の色あいや噛み合わせをその場で、患者様と一緒に確かめることができます。調整回数を減らすこともできますし、患者様の負担も少なくなります。保険対応の入れ歯の他、自費治療の金属床の入れ歯も製作しています。

西葛西マリーナ歯科医院

金属床の入れ歯を選ぶメリット

保険対応の入れ歯の素材は歯科用プラスチック(レジン)です。強度を持たせるために厚みがあり、温度や味が感じにくい、しゃべりにくい、違和感がある、外れやすいため噛みにくいなどのデメリットがあります。一方、自費治療の金属床の入れ歯は、床部分を薄く作れるため、装着時の違和感が少なく、食事においては温度や味が伝わりやすいというメリットがあります。また、自費治療では素材に制限がないため、じっくりと時間をかけて製作することができます。顕微鏡を使ってより丁寧に仕上げることもできます。保険適応と自費治療の入れ歯それぞれのメリット、デメリットを説明し、患者様のニーズに合う入れ歯を提案させてもらっています。

様々な理由で来院が困難な患者様のために

障害をお持ちの方専用の診察時間

身体的な障害をはじめ、知的や精神的な障害を持っているために、歯科医院を受診することを諦めている方もいらっしゃるかもしれません。治療を受けることが難しく、待合室において静かに待てずに、他の患者様に迷惑をかけてしまったらと悩んでいる方もいると思います。当院では、第2、第4月曜日を特別診療として、障害をお持ちの患者様のために、時間を設定して診察を行っています。一般の患者様と診察時間を分けることで、周りを気にすることなく治療中や待ち時間を過ごすことができますし、患者様一人に対して集中して診察することができます。スタッフとのコミュニケーションや連携を取り、すばやく丁寧な治療を心がけています。また、親御さんや家族の方とコミュニケーションを取ることも、治療を進める上では重要だと考えています。

特別診療の治療内容

特別診療では一般的な歯科治療で行うことはすべて可能です。お子様が多く、落ち着いて座っていられない、口を開けていることが困難な患者様にはラバーダムや開口器を用いた抑制診療が必要になる場合もあります。発達障害の患者様には、飲み込むのが難しく、物を詰め込んで丸のみしてしまう方もいます。その際には、嚥下トレーニングを行い、症状の改善を目指しています。障害があるという理由で診察を諦めないでください。歯科医師、スタッフ共に受け入れ体制を整えて患者様をお迎えします。

自宅でも歯科医院と同様の治療を

様々な理由で歯科医院に通えない方のために、訪問による歯科診療を行っています。専用の機材を持っていくため、歯科医院で受ける治療と同等の診療が在宅で可能になります。静脈内鎮静法はもちろん、ラバーダムを用いた根管治療、入れ歯の作製まですべて行っています。介護が必要な患者様はもちろん、精神的だけでなくあらゆる障害をお持ちの障害者の方もお受けしています。朝からの診療が可能です。訪問エリアは当院から半径16kmまでの距離と設定していますが、対応できる場合もありますので、お問い合わせください。

先を見据えた予防歯科と小児歯科

担当歯科衛生士だからできる予防歯科

患者様一人ひとりに担当の歯科衛生士がつきます。担当制のため、患者様とのコミュニケーションを十分に取ることができますし、患者様のお口の中を理解している担当だからこそ一緒にお口の健康を守っていけると考えています。歯磨きの指導や、ポケットの測定により歯周病のチェックも行っています。予防歯科では定期的なケアも必要になります。お子様には春や夏、冬などの長期休みを目安の時期として、ケアを行うご提案をしています。

西葛西マリーナ歯科医院

小児歯科専門の担当医師による診察

小児歯科では、大学病院で講師を務めていた東京医科歯科大の小児歯科担当の歯科医師が治療をおこないます。小児歯科専門の知識を生かし、ブラッシング指導、虫歯にならないためのシーラントやフッ素塗布、成長過程における歯並びや噛み合わせなどのチェックも行っています。また、顎が小さく歯並びに乱れが生じている場合には、顎を広げて歯がきれいに並べるよう、小児矯正も行っています。小児矯正は、成長過程にしかできない治療法です。歯並びが気になる方は、早い時期に受診することをおすすめします。

医院からのお知らせ

直近一週間はご予約が埋まっている日時が多いため予めご了承ください。

0066-9801-212089無料通話
掲載のご案内