虫歯

削りすぎない治療を実現する、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入!

削りすぎない治療を実現する、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入!

当院では、天然の歯を長持ちさせるために、なるべく「抜かない」「削らない」治療を心がけています。
削った部分に施す被せ物や詰め物にも寿命があり、一度削ってしまうと再治療を繰り返す恐れがあるためです。
やむを得ず削る場合でも、削る面積を少なくすることが大切です。
そこで当院では、削り過ぎを防止するため、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した精密な治療を行っています。
肉眼では判別できない虫歯組織を確認できるため、必要以上に削ることはありません。
また、虫歯の部分だけを赤く染められるう蝕検知液(うしょくけんちえき)も使用し、どこまで削ればいいかを明確にしています。

食事や間食のタイミングを変えることも、虫歯予防のひとつです

毎日の食生活が、虫歯の原因になっている可能性があります。特に間食が好きな方は要注意です。
しかし、食事制限をおすすめするわけではありません。
食事や間食のタイミング、またその後の歯磨きのタイミングなど、生活習慣を整えるアドバイスいたします。
虫歯菌は、砂糖や炭水化物に含まれる糖類を分解して酸を作ります。そのため、間食をし続けているとお口の中はずっと酸性の状態になります。その酸が歯を溶かし、虫歯が発生します。
逆に、何も食べていない時は、お口の中が中性に保たれています。このお口の中の状態を把握することで、虫歯予防につなげることができます。
患者さまに合わせて、虫歯になりにくい食生活のご提案を致します。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 受付不可

2020年6月

1
2
3
4
5
6
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

2020年7月

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内