つめ物・かぶせ物の治療内容|中野中央歯科診療室

お気に入り

5.0いいね!

口コミ17

最寄駅
新中野駅
4番出口 徒歩4分

住所 東京都中野区中央4丁目15-9地図

  • 土曜・日曜診療
  • 18時以降診療

つめ物・かぶせ物

歯の保存修復

虫歯になった歯はできる限り抜歯せずに保存する治療を行います。まずは、虫歯のう蝕部分を削って取り除きし、その後に詰め物をします。詰め物は、できる限り虫歯になる前と同じ状態になるように、また、詰め物の表面は周辺の歯の凹凸に合わせて溝や山の形状に整えて詰めます。なるべく自然に見え、どこに詰めたかわからないように違和感なく詰めることが重要です。この詰め物のサイズは非常に大事で、少しでも高くなったり低くなると噛み合わせに影響が出てしまいます。詰め物が少しでも高くなった場合は、物を噛んだときにその部分に強い力がかかり歯を痛めてしまう恐れがあり、一方少しでも低くなるとその部分で物をしっかり噛めなくなります。詰め物をするときは、噛み合わせもしっかりと考慮して、患者様に合ったサイズと形状になるように入念に行っております。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 受付不可 受付不可

2021年5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-
31
-

2021年6月

1
-
2
-
3
-
4
-
5
-
6
-
7
-
8
-
9
-
10
-
11
-
12
-
13
-
14
-
15
-
16
-
17
-
18
-
19
-
20
-
21
-
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
-
29
-
30
-

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内