お口の中のことに精通している集団が対応

急患の方はこちらの看板を目印にお越し下さい。

急患の方はこちらの看板を目印にお越し下さい。

急患や飛び込みの患者さんにも対応

当院では、はじめてお越しいただく初診の患者さんはもちろん、事前に予約のない急患の方、いわゆる飛び込みの方にも対応しています。
ただ、急患の方はお待ちいただく場合もあるため、ご了承いただきますようお願いします。

来院してくださった患者さんに対して、まずは現状の痛みや不愉快さを取り除くことを最優先に考えます。
しかし最終的にはよく噛める歯やお口の中にしなければなりません。
そのため、歯の痛みやお口の中の不愉快さを解消した後は、丁寧な治療と生体との調和を組み合わせ、よく噛める状態にしていきます。

患者さんの目線に合わせお話をするよう心がけております。

患者さんの目線に合わせお話をするよう心がけております。

患者さんの生活習慣を把握し、原因を追究

私たち歯科医院は、その方のバックグラウンドを把握するためにも患者さんと同じ目線になること、コミュニケーションを大切にしています。
どのような生活を送っているのか、歯に対してどのような価値観を持っているのかを知ることは、治療を行ううえでも大切です。

歯がこのようになってしまったのか、歯の疾患の原因は患者さんの生活習慣にある場合がほとんどです。
そういったプライベートのこともお話していただくためにもコミュニケーションを大切にし、歯科医師に対してできるだけ親しみを持っていただくように心がけています。

丁寧に優しく手際よく進めてまいります。

丁寧に優しく手際よく進めてまいります。

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が密に連携

疾患に立ち向かうには、医療従事者と患者さんが二人三脚で取り組むことが有効だと考えます。
当院には、歯科医師と歯科衛生士だけでなく、歯科技工士も在籍しています。
一般的に歯科医師は治療全般を、歯科衛生士は歯のクリーニングやブラッシング指導、歯科技工士は入れ歯や被せ物の作製などを担当します。

当院では、患者さん一人ひとりの治療内容に対して、それぞれの立場から互いの仕事をチェックするようにしています。
こうした密な連携を通して、患者さんにより納得していただける治療体制を提供させていただきます。

3段階のチェックで丁寧に補綴物を作成

スタッフがどのように互いをチェックし合っているのかを歯を削り、被せ物を作るプロセスでご説明します。
歯科医師が削った後、そのまま型取りに進むのが一般的ですが、当院では、丁寧に削れているかを歯科衛生士も確認します。

歯科衛生士は、削っている際に反対側から補助しています。
型を取る前に、歯科医師と共にそれぞれの視点からの確認をします。
型を取った後のチェックでは、20倍の顕微鏡を使って確認し、最後に歯科技工士も20倍の顕微鏡の下でチェックを行います。

歯科技工士は、問題に気付いた時には診療室に問い合わせますが、問題がなければその型を基にして、ほぼすべての行程で20倍の顕微鏡下で被せ物を作製します。
そして完成された被せ物は、私が歯科医師としての全責任をもってチェックします。
1つの被せ物ができるまでに、このように3段階の精密なチェックを行っております。

この取り組みには、歯科衛生士、歯科技工士の鋭い目が必要です。
それを身につけてもらうため、当院のスタッフには研修や教材などの教育に力をしっかり注いでおります。

丁寧さや手際の良さ、やさしさを大切に

患者さんの歯を触るのは私たち歯科医師の「手」です。
私たちは患者さんの持つ病気をどう改善するか、と考えた治療像を、その「手」によって実現することができなければなりません。
知識をどう「手」に生かすかということが、第1に大事なことです。

丁寧に治療すればするほど時間がかかってしまいますがその反面、治療時間を短くする「手際の良さ」も重要です。
「丁寧さ」と「手際の良さ」の両立が第2に大事なことになります。

また、お口の中を直に触るためは「やさしさ」がなくてはなりません。これが第3に大事なことです。
お口は敏感な場所であり、歯科医療をこわがる原因にもなっています。「やさしく」細心の注意を払わねばなりません。

この3点を「手仕事のクオリティー」として患者さんを治療する基本と考えています。
知識と技術を「手に伝える」ときの「手仕事の質の高さ」こそが患者さんの健康を守り、健康な日々を過ごしていただくことを考えながら治療を行っています。

納得していただける治療の提供のため

CTを用い丁寧な診断を行っております。

CTを用い丁寧な診断を行っております。

丁寧な治療を行うために

丁寧な治療を行うにあたって必要なのは、まず一つは厳しい目です。
既成概念にとらわれず、正面から事実を厳しく見ることが重要です。

その次に大事なのが、それを現実化する機器です。
当院では、各ユニットに肉眼の約20倍まで拡大することができるマイクロスコープ(立体顕微鏡)を備えています。
歯や歯根の中を見る場合や型を取った状況を確認する場合など、すべての技工作業に対してマイクロスコープを使用することで精度を上げております。

そして、最後に大事にしているのは小さな変化を見落とさない謙虚な「心」であり、精確さの基準を守る心です。
精密機器があったとしても、治療はすべて手作業です。小さな変化があるかもしれません。
常に同じ品質を維持することは容易ではないのだ、ということを毎日の心がけにしています。

顕微鏡を使い歯周病のチェックを行います。

顕微鏡を使い歯周病のチェックを行います。

食習慣の改善も促す歯周病治療

当院での歯周病治療の際、スタートする前に患者さんの役割と歯科医師である私や歯科衛生士の役割について説明しています。

患者さんの役割とは、主にブラッシングなどセルフケアです。
それらの役割のどれか1つでも欠けていると歯周病治療は成功しません。

その次に、患者さんに対してブラッシング指導、そして食生活を改善するサポートをします。
日々のブラッシングの仕方の確認や、どんなものが好きで、いつくらいに食べているかなどを質問させていただいております。

回答の中には、仕事中ずっと清涼飲料水を飲んでいるといった方もいらっしゃいます。
その方に対しては飲食中に歯周病菌が増えるため、清涼飲料水は控えるようお願いするなど、食生活へのアドバイスとしてお聞きください。

その後は丁寧に歯石を除去し、再評価を行い、どのくらい改善しているのかを確認します。
改善していない箇所はブラッシングに力を入れていただき、もう一度トライします。
そのプロセス中は患者さんにもデータもお渡しし、良くなっていない箇所やその理由についてご説明しますので、わからない点などございましたらご相談ください。

マイクロスコープを使用し、より精密な治療を行います。

マイクロスコープを使用し、より精密な治療を行います。

高い成功率を誇る歯内治療(根の治療、歯の神経の治療)

当院では、歯内治療が得意な歯科医師が在籍しています。
歯内治療(※) は、根管(歯の神経の管)の中から細菌をなくし、しっかりした封鎖をして再感染を防ぐことが目標です。その目標を達成するために強力な武器となるのがマイクロスコープです。

マイクロスコープの治療は、例えば1ミリ平方を0.3ミリの針で掃除するため、周囲の振動にも配慮しながら視界を維持しなければならないなど、高い技術と経験が必要です。

また、肉眼より精密な診断(ひび割れの有無など)ができ、従来は手探りで行っていた根管の掃除を拡大視して行えます。
それにより「抜歯」といわれてしまった多くの歯牙を残せるようになりました。

また、当院では歯内治療を行う際に、ラバーダム(※)防湿を行います。
ラバーダム防湿とは、歯の周りにゴムのシートをかけ、根管へ唾液や感染物が入らないように、また薬剤や器具などが喉に入らないようにすることです。
ラバーダム防湿を使用することで再感染や事故を防ぐことができるため、歯内治療の成功率は飛躍的に高まります。

(※)自由診療です

噛み合わせを改善し、体の不調を解消

歯の状態が改善すると、よく噛めるようになります。
噛むと唾液の分泌の改善につながり、喉を潤すことで細菌の流入を防ぐことができます。

喉には、ワルダイエルリンパ輪というリンパ節の輪があり、そこを潤すことによって細菌をシャットアウトできます。
そのため歯の状態の改善は全身への悪影響の予防のために有効です。

また、噛み合わせも全身に影響します。
噛み合わせのずれが身体全体、特に背骨の左右のバランスを狂わせてしまうことがあります。

身体の構造は、重い頭を身体が支え、ぶら下がっている下の顎がバランスを整える働きをしています。
例えば、身体のコントロールがうまい体操の選手でも、顎を固定されると演技ができなくなるほどです。
下の顎が平衡感覚を司っていると考えられますので、噛み合わせの改善は大切なものです。

噛み合わせのバランスを整えると、身体全体の左右のバランスも改善し、肩こりや偏頭痛が解消することもありますので不調がある方はお聞きください。

お選びいただける一般治療と応用治療

「一般治療部門」では、虫歯治療や歯周病治療、歯根の治療、抜歯などの外科治療、義歯や被せ物による治療などの一般的な治療を、日々研鑽してきた技術を応用して行っております。
特に歯周病の治療は健康維持の基礎であり、患者様をしっかりサポートしながら進めています。

また、「応用治療部門」では、特殊な治療、技術が求められる治療などを受けることができます。
精密補綴の分野では、精密な補綴物を、30年以上にわたり行っております。
歯内治療の分野では、難治性の根尖性歯周炎に対する治療を行っております。
インプラント(※)治療分野では、全体のバランスを考慮し、CT撮影も利用して骨の状態を細部にわたり診断し、患者さまに合ったインプラントを選択し、できる限りリスクの少ない方法で埋入します。

お口周りのお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

(※)自由診療です

医院からのお知らせ

当日のお問い合わせをご希望の患者様はお電話で承ります。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可

お問い合わせ
ください

可能

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
-
16 17 18
19
20
21
22
23 24 25
26
27
28 29 30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9751-366548無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内