EPARK歯科東京都文京区新大塚駅音羽ファミリー歯科
 

EPARKからのおすすめポイント

女性歯科医師による
丁寧診療!

女性歯科医師による患者さま一人ひとりに合った、丁寧な診療を行っています。歯医者さんが嫌いな子供にも、落ち着いて進めてくれます。

土曜の午後も
診療可能!

仕事や学校で平日は時間が取れないという方でも、土曜日の午後も診療しているのでスケジューリングのしやすい歯医者さんです。

なるべく抜かない
削らない治療を
実施しています!

歯を残すことを目指す「保存治療」に基づいて、なるべく抜かない・削らない・神経を残すように診療を進めてくれます。

目指すのは、患者さまに喜んでいただける歯科治療。
そのために、ご要望を丁寧に伺い、患者さまごとにきめ細やかなオーダーメイドの治療計画を実施。
できるかぎり歯を守り、神経を残せるよう治療をすすめていきます。
予防メニューもご用意。お子さまからご年配の方まで通っていただけるよう、心をこめて対応いたします。

 

診療受付

丸ノ内線新大塚駅 2番出口徒歩7分

丸ノ内線茗荷谷駅 1番出口徒歩8分

有楽町線護国寺駅 3番出口徒歩7分

山手線大塚駅 出口バス5分

山手線池袋駅 出口バス10分

〒112-0012 東京都文京区大塚3-9-3 ヒルズ音羽2F

保険診療 / 矯正歯科 / 小児歯科 / 定期健診 / 予防歯科 / 美容診療
歯周病 / 入れ歯(義歯) / ホワイトニング

診療受付時間
10:00~13:00
14:30~18:00 
14:00~17:00    

■混雑時間帯 土曜日午前

※歯医者・歯科への電話受付についての注意事項【必読】

歯医者・歯科への電話受付についての注意事項

※お客様が受付専用電話番号に発信した電話番号は、受付確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

 

■新大塚駅より徒歩でご来院の方
2番出口を出て右手側の春日通りを直進すると銀行のある大塚三丁目交差点に出ます。向かい側のピンクのビル2階に当院がございます。
■護国寺駅より徒歩でご来院の方
3番出口を出て正面に直進すると大塚三丁目交差点に出ます。向かい側のピンクのビル2階に当院がございます。

〒112-0012 東京都文京区大塚3-9-3 ヒルズ音羽2F

丸ノ内線新大塚駅 2番出口徒歩7分
丸ノ内線茗荷谷駅 1番出口徒歩8分
有楽町線護国寺駅 3番出口徒歩7分
山手線大塚駅(東京都) 出口バス5分
山手線池袋駅 出口バス10分

■近くの交差点
大塚三丁目交差点

近隣エリアのランドマーク情報

・銀行
・郵便局
・西信寺

 
 

EPARKに寄せられた音羽ファミリー歯科を利用した患者さんの声です。
患者さんのよい声は励みに、患者さんのよくない声は貴重なご意見として真摯に受け止め、積極的に改善を図っております。

先生がすごく丁寧に診察してくれて、会話等々の細やかさがすごく良かったです
スタッフの方々も同様なのが、また素晴らしかったです

投稿者さん(東京都)30代女性 投稿日 2016/06/16

歯科助手を長い間やっていたので多少は知識があり、治療の良し悪しがわかるのでいつも歯医者選びが怖かったが、丁寧に問診してくれて、質問にもしっかり答えてくれてよかった。滅菌や消毒もしっかりしていたと思う。こちらの希望もキチンと聞いた上で、医学的にはどうした方が良いということを丁寧に説明してくれる先生。これからも通いたい。

あさん 20代女性 投稿日 2017/04/25

入口がとてもかわいかったので、子供さんもよろこびそうでした。
院内も清潔感いっぱいで、歯のケア商品がきれいに展示してあり、使い方も教えてくれました。
女性の先生も2人いるので子供さんの治療にもいいと思います。安心して相談できました。

かのあさん(東京都)40代女性 投稿日 2015/04/13

 

 

  • 看板
    こちらを目印に
    お越しください。
     
  • 待合室
    ふかふかのイスで
    お待ちください。
     
  • 受付
    保険証と診査券を
    ご提示ください。
  • 診療室
    プライバシーに
    配慮しています。
  • カウンセリングルーム
    ご説明やご相談の際に
    使用します。
  • デジタルレントゲン
    お子さまが喜ぶ
    仕掛けがあります。

 

ロゴや外観、内装もすべて私たちでこだわって作りました。
患者さまが心地よく治療を受けることができるよう、できる限りの配慮をしております。健康な歯でずっと食べられるようお手伝いいたします。

 

ご希望と歯科医師としての意見をすり合わせて作る、あなただけの治療計画。

同じ症例でも患者さまごとに適した治療法は異なります。ご要望を取り入れた治療計画を提案します。

「たとえ同じ症例であっても、患者さまごとに適した治療方法は異なる」というのが当院の考えです。本来であれば、教科書的にこの症例にはこの治療の流れということが決まっているものですが、その通りにやればいいものではありません。「治療期間は短い方がいい」など、患者さまのライフスタイルが異なればご要望も異なるからです。

当院では患者さまのご要望を丁寧にうかがい、ご意見を取り入れながら治療方法を決めていくように徹底しています。歯科医師として、できること・できないことを伝えさせていただき、患者さまのご要望をうまく盛り込んだ治療方法ですすめていくようにしています。

できるだけ歯や神経を残す治療。

歯を残すために神経の処置をする「保存治療」を勉強。患者さまの歯や神経をできるだけ残す治療を第一に考えています。

多くの方は「できるだけ歯や神経を残して治療をしてほしい」というご要望をお持ちでしょう。
当院の院長は昭和大学歯科病院で17年間の診療しており、特に歯を残すことを目指す「保存治療」を学んできました。患者さまの神経を残すことができるかどうかを見極める力が養われました。患者さまのご希望にできるだけお応えるべく、むやみに歯を抜く・神経をとる選択をするのではなく、歯や神経を残すことができないかを考えて治療にあたっています。

歯科治療は単純に治療した箇所がよくなればいいということではありません。お口の健康を考えた治療をすすめてまいります。

こだわりのメンテナンスで、治療後も健康な歯を維持するサポート。

原因菌を探り 虫歯や歯周病の予防法に導く! 

気になるところの治療が終わったらメンテナンスが肝心です。しかし、どんなに丁寧に歯磨きをしているつもりでも汚れをすべて取ることは困難です。そこで当院では歯科医師や歯科衛生士によるメンテナンスに力を入れています。

保険適用範囲では専門機器で歯垢や歯石などを除去する「PMTC」を行っています。さまざまな予防メニューも取り揃えており、検査結果からふさわしい予防法をアドバイスできます。

さらにマウストレーと抗菌剤を用いて虫歯や歯周病菌を殺菌させる「3DS法」も実施。本格的に予防治療に取り組んでいます。

 

心をこめて、笑顔で診療します。

歯医者嫌いの方でも心地よく通えるよう「笑顔・わかりやすい説明・話しやすい雰囲気」を大切にしています。

歯医者は怖いところ・痛いところという印象を持たれて、来院への敷居が高い方も多いことでしょう。それではお口の健康を維持することはできません。

そこで、当院では患者さまの不安を和らげるために、丁寧にお話を聞き、心をこめて笑顔で対応させていただきます。歯科治療ではときに長期的に通っていただく場合もあり、信頼関係が重要です。話しやすい雰囲気、わかりやすい説明を徹底しています。

院長は女性目線で診療にあたっています。そのためか、お子さまの治療のあとにお母さまが来院され、そのあとにお父さまが治療に来られるなど、ファミリーで通っていただいている患者さまも多くいらっしゃいます。

 

当院は私も含めて全員が子育てをしました。
お子さまのお口の健康に関するアドバイスが色々とできると思います。
たとえば、お子さまの離乳食が始まったときの注意点や、
虫歯を作らないおやつのあげ方などをお伝えしています。
また、歯医者が苦手なお子さまの治療では
ちょっとずつ歯医者に慣れてもらうようにして、
辛抱強く治療を進めていく方針でやっています。
小児矯正では担当の歯科医師が対応します。

 

Q. どのような方針で治療を進めていますか?

開業当初は「予防」を重視したいと考えていました。しかし、実際に患者さまを診ていく中で重点を置くようになったのは「治療」の方でした。文京区の地域特徴として、お口の中の状態が極端に悪いという方は少ないです。ただし、要望として多く聞かれたのが「できるだけ歯を抜きたくない」「神経を残したい」というお声でした。

私は昭和大学歯科病院で、歯を残すための「保存治療」を学んできました。神経をとる治療を行ってきたおかげで、その患者さまの神経が残せるかどうかを見極める目を養えたと思います。大学での診療が現在の患者さまのご要望に生かされていると感じます。

Q. 歯科医師としてママたちにお伝えしたいことはありますか?

歯の健康を考えるなら、お子さまにおやつをあげるときに気を付けてほしいことがあります。
まず、年齢に合ったおやつをあげることです。兄弟姉妹がいる場合はお兄ちゃんやお姉ちゃんが食べているからと、下の子にも同じおやつをあげてしまうことがあると思います。確かにお子さまも「お兄ちゃん・お姉ちゃんと同じものを食べたい」と思うでしょうし、親御さんもいちいち「これはお兄ちゃん・お姉ちゃんの分で、これは下の子の分」とわけるのはちょっと面倒に感じることもありますよね。でも、年齢に応じてお口の環境は異なりますから、同じおやつをあげることは虫歯の原因になることもあるので気を付けていただきたいと思います。

あとは、お子さまをあやすときに食べ物を使わないことです。外出しているときにお子さまが泣いてぐずったとき、おかしをあげることで大人しくなることもありますよね。でも、外で歯を磨くことはできませんから、歯磨きをしないでそのままいることになります。もちろん虫歯にならない食べ物ならいいと思いますが、難しいですよね。
また、おやつは昔ながらの素朴なおやつがいいでしょう。当院で矯正歯科を担当している先生が言っていたのですが、おやつには、昭和の時代に食べさせていた焼き芋や干し芋などが適しているそうです。しっかりと咀嚼しないと飲み込めないような、おせんべいなどもよいとのことでした。今のお子さまはスナック菓子などやわらかくてすぐに飲み込めてしまうようなおやつを食べているから、顎の発達があまりよくないと言われています。

当院は私も含めて全員に子どもがおり、子育てをしたことがあります。この他にも、お子さまのお口の健康に関するアドバイスが色々とできると思います。

Q. 矯正の先生もいらっしゃるんですね。

毎月第一金曜日午後に、矯正の先生に来ていただき、矯正治療を担当してもらっています。
先生は小児矯正も大人の矯正も対応できますが、主に小児矯正に強い先生です。お子さまの成長にともなって行う矯正について勉強をされています。
よく、お子さまの歯の生え変わりのときに「この子はどんな歯並びになるのか」とお母さまから質問されることがあります。生え変わりのときは歯のバランスがよくなく、不安に感じることも多いと思います。そんなときに矯正担当の先生がいてくれると頼もしく感じますね。

現在の小児矯正は早い段階で始められれば、わりと短期間で終了できます。歯を抜くこともなく、生え変わりを利用して動かしていくので、大人の矯正と違って痛みなどの負担も軽減されます。ぜひお早めにご相談いただきたいです。

Q. なかには歯科医院が苦手な子もいるかと思います。そんな子にも頑張ってもらうためにしている工夫などがありましたら教えてください。

まずは、ちょっとずつ歯医者に慣れてもらうようにしています。他の一般的な小児歯科さんとはちょっと違うかもしれませんが、辛抱強く少しずつ治療を進めていく方針でやっています。診療台に座って口を開ける練習から始めて、「今日はここまでできたね」と褒めてあげて、また来院してもらう。その繰り返しで徐々に治療まで持っていきます。

そのため、治療期間としては長くかかることもあります。親御さんも大変かもしれません。もちろん、親御さんから「早く終わらせてください」と言われれば数回で終わらせることもありますが、基本的には嫌がるお子さまに無理やり治療をするということはしません。
子供の頃に歯医者で嫌な思いをすると、歯科恐怖症になってしまいます。そういうお子さまを作ってはいけないと思います。

Q. お子さまの予防法でおすすめのものがありましたら教えてください。

「お子さまの離乳食が始まったときが大事ですよ」とお母さまや妊婦さんにはお話しています。これまでは母乳やミルクをあげるだけで済んでいたのが離乳食を作るようになると、つい自分の箸やスプーンを使ってしまいがちです。それでは虫歯になりやすいので、「赤ちゃんには赤ちゃん専用のスプーンを使った方がいいよ」とお伝えしています。

離乳食が始まったときというのは、歯が少し顔を出してくるときです。歯が生えてくると菌が付着しやすくなりますので、少し面倒かもしれませんが別々の食器にしましょう。そうすることで、その後の虫歯治療を予防できます。「あとあとで楽ができるからね」とお話をしていますね。

Q. 口コミにも外観や入り口がかわいいという内容のものが投稿されていましたが、デザインなど先生が特にこだわったところってどこでしょうか?

特にこだわったのは「ロゴマーク」です。デザインは自分たちで考えました。院長である私がラフを描いて、それを副院長の夫にデータで作成してもらいました。医院名にも「ファミリー」とありますが、このロゴは「お父さんと子供とお母さん」をイメージして作ったものです。我が家もこのマークと同じ三人家族なのもありますが、とても思い入れがあるマークですね。

外観のデザインもデザインは自分たちが主導になって考えて、業者の方に細かく指定してお願いしました。
また、私自身が歯医者のニオイが苦手だったので院内でアロマをたくようにしています。患者さまにセラピストの方がいるのでアロマの配合について教わってやっています。「こういう気分の方にリラックスしていただくにはどうしたらいいですか」と聞いて配合してみたりと、色々工夫してやっていますね。

 

院長 坂井 啓子(Keiko Sakai)

どんな些細なことでも気になることがあればお気軽に相談してください。

「こんなことを聞いてはいけないのでは?」「こんなことを言ったら失礼にあたるかも」と思うようなことでも構いません。何かしら歯科医師としてお応えできることがあると思いますので、ずっと気になっていて、なかなか言い出せなかったこともなんでもお聞かせください。

院長経歴

  • 1992年3月 昭和大学歯学部 卒業
  • 2010年1月 音羽ファミリー歯科 開業
  • 現在に至る

副院長 坂井 信裕(Nobuhiro Sakai)

ひとこと
院長とともに、皆さまのお口の健康をお守りします。歯に関することでお困りなこと、お悩みなどがありましたら、ぜひお聞かせください。

副院長経歴

  • 昭和大学歯学部大学院卒業
  • 昭和大学歯学部 歯科薬理学講座 講師

歯科衛生士 阿部 真紀(Maki Abe)

ひとこと
歯科衛生士の阿部です。メンテナンスのとき等にお会いするかと思います。
歯磨きに関する質問などありましたらお気軽にご相談ください。

受付 塩野 智賀子(Chikako Shiono)

ひとこと
受付をしております。塩野です。
みなさまが気持ちよく音羽ファミリー歯科に通っていただけるよう、明るくお話するよう心掛けています。

 

音羽ファミリー歯科の基本情報

医院名

音羽ファミリー歯科おとわふぁみりーしか

開院年月日

2010年1月12日

予約
ネット仮予約 24時間受付中
0066-9683-097854 無料通話
電話予約時の注意

電話予約時の注意

※無料通話となります。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

※当社及びEPARK利用施設は、発信された電話番号を、EPARK歯科利用規約第16条(個人情報について)に定める目的で利用できるものとします。

住所

〒112-0012 東京都文京区大塚3-9-3 ヒルズ音羽2F

アクセス

丸ノ内線新大塚駅 2番出口徒歩7分

丸ノ内線茗荷谷駅 1番出口徒歩8分

有楽町線護国寺駅 3番出口徒歩7分

山手線大塚駅(東京都) 出口バス5分

山手線池袋駅 出口バス10分

診療時間
診療受付時間
10:00~13:00
14:30~18:00 
14:00~17:00    
診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 美容診療 ホワイトニング
施設規模
診療チェア数2台
先生の人数常勤女性1人
非常勤男性1人 女性1人
スタッフの人数常勤女性1人
非常勤女性1人
お問合わせ

03-6902-8020

データ更新日:2017年9月12日

特徴

施設情報

絵本あり

音羽ファミリー歯科の特徴

文京区大塚の音羽ファミリー歯科は、新大塚駅から徒歩7分のところにある歯医者です。院長は昭和大学歯科病院で保存治療を主として勉強を重ねてきた方です。特に予防歯科に力を入れており、なぜ虫歯になるのか、今後どのように予防すればいいのか、総合的に検証しアドバイスをくれます。また、笑顔は信頼関係を築く第一歩と考え、患者さまとのコミュニケーションを重視し、丁寧で分かりやすい説明をしています。女性歯科医師の院長は、心のこもった丁寧な治療をしてくれます。

0066-9689-074976無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内