歯周病の治療内容|すみ歯科

お気に入り

口コミ45

最寄駅
新宿御苑前駅
2番出口 徒歩2分

住所 東京都新宿区新宿1-9-1 ネオックス新宿1F地図

  • 18時以降診療

歯周病

薬を使って歯周病を治療するという方針をお伝えしております

薬を使って歯周病を治療するという方針をお伝えしております

当院では、歯周病治療の際に薬を使用しております。治療に入る前に、あらかじめ患者さまに薬を使用する治療を行っていることをお伝えしております。いきなり治療に入るということはなく、患者さまに納得していただいてから治療をスタートいたします。薬については、患者さまのお口の状態によって種類が異なります。薬を使った歯周病治療にご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

歯周病の原因となっている細菌をしっかり検査します

患者さまのお口の中にある細菌を採取し、顕微鏡を用いて丁寧に検査いたします。歯周病の原因となっている細菌を見つけ出し、どの程度分布しているのか、どんな種類があるのか、そして活動性はどうかといったところをしっかりと見極めます。細菌によって合う薬は異なります。患者さまの歯周病の原因となっている細菌を除菌するために、合う薬をお出しします。薬の種類は、内服薬やうがい薬、歯磨き粉などです。薬は患者さまによって異なるものなので、詳しくは、細菌の検査結果とともにご説明いたします。

除菌後にお口の中をきれいにします

歯周病の原因となっている細菌に対して薬が合っていると、十日から二週間ほどの間は薬の役目が持続します。万が一、薬が合っていないということがあれば、別の薬をお出しして除菌します。薬を飲んでいる間に、特別食事などで気をつけていただくことはございません。薬で除菌し、お口の中が落ち着いた状態になったところで、お口の中をきれいにいたします。

薬を使って除菌をする意味

除菌をしないままメンテナンスをしているのでは、普段はお口の中に細菌が残った状態で過ごしているので、結局歯が弱くなっていってしまいます。除菌を行ってから歯のクリーニングなどのメンテナンスを行っていくことで、歯周病の原因を改善していきます。当院では、患者さまに合う薬を見極めるために、細菌の検査を重視しております。そして、除菌後に定期的なメンテナンスを行うことで、お口全体の予防をしっかりと行います。また、除菌後にまだ歯茎の腫れや出血などがある場合、歯周病以外のトラブルが起こっているサインです。除菌をすることで、ほかのトラブルの早期発見にもつながります。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
受付不可 休診日 休診日

2021年3月

1
2
3
4
5
-
6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30 31

2021年4月

1 2
3
4
5 6 7 8 9
10
11
12 13 14 15 16
17
18
19 20 21 22 23
24
25
26 27 28
29
30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
掲載のご案内