虫歯

虫歯の進行状況を丁寧に優しく診断

虫歯はその進行状況に合わせて段階に分類されます。虫歯の治療においては、その進行状況を把握し、虫歯の箇所を特定して治療に入ります。虫歯の最初の段階はC0で、虫歯の始まりです。表面が浅く解けた段階ですが、見た目にはほとんど分からず、自覚症状もありません。C1はエナメル質がおかされて黒ずんだ孔が開いた状態。ここでも痛みなどの自覚症状がありません。C2は象牙質まで虫歯が進行した状態で、冷たいものや厚いものがしみるようになります。C3は神経まで虫歯が進行した状態で、炎症が起きていて激しい痛みを伴います。最後の段階はC4で、歯の内部に虫歯菌が充満して顎の骨の中にも進入して細菌のかたまりができた状態。最初は痛みを感じにくいですが、この細菌のかたまりが大きくなると、激しい痛みを伴います。

根管治療

根管治療

C0の場合には毎日のブラッシングによる歯の自己修復を促します。C1とC2は虫歯の部分を削って詰め物をする治療が基本的ですが、その際当院では、金属によるアレルギーの問題が指摘されてきたことから、金属ではなく、白い詰め物を使って仕上げます。詰め物は広範囲の虫歯を除いて、基本的には保険適用になります。C3とC4は、神経まで虫歯の細菌が入り込んだ状態なので、炎症を起こした部分や細菌感染した神経を歯の根元から取り除き、内部を良く消毒してから、根の部分に土台を立ててクラウンを被せます(根管治療)。虫歯は、自然に改善するということがありません。予防し、また定期的にメンテナンスし、もしも痛みがあれば、より痛くなる前にご来院いただき、診断を受けていただいくことをお勧めします。

歯周病

深刻な歯周病と早期発見の大切さ

お口の管理で大切になるのが、歯を支えている顎の骨が解けてしまう歯周病の問題です。一本一本の歯を支えている顎の骨は非常に重要で、これが歯周病で解けてしまえば、歯がグラグラになり、抜け落ちてしまいます。原因は、骨を溶かす酵素を発生させる歯垢や歯石が歯ぐきと歯の境目にたまり、骨を破壊する細胞が広がっていくことで発症します。痛みの自覚症状がないために発見しにくい病気ですが、以下のチェック項目に一つでも該当する方は、ぜひ診察を受けることをお勧めします。

治療方針

血液を遠心分離させた「フィブリンゲル」=CGF再生療法

当院では、治療や外科処置でCGF再生療法を導入しております。あまり聞き慣れない治療法かもしれませんが、CGFとは、患者様の血液を遠心分離させて、患者様の血液の中に含まれる成長因子や血小板を多く取り出したものです。この取り出された成分を「フィブリンゲル」=CGFと呼びます。

美容診療

補修だけでなくきれいなかみ合わせを実現

当院では、健康な歯と歯ぐき、歯並びを作る「美容診療」も行っております。美しい歯や美しい歯並びは、輝く笑顔を作り、患者様に自信を与えるなど精神的な面でもメリットが期待できます。美容診療は歯をきれいに補修するだけではなく、きれいなかみ合わせを作ることも含まれます。

医院からのお知らせ

当日の予約をご希望される方は、お電話にてご連絡ください。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
休診日 休診日 可能

2020年2月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25 26 27 28 29

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内