精密機器を活用した虫歯治療

虫歯の進行状況を丁寧に優しく診断

虫歯はその進行状況に合わせて段階に分類されます。虫歯の治療においては、その進行状況を把握し、虫歯の箇所を特定して治療に入ります。虫歯の最初の段階はC0で、虫歯の始まりです。表面が浅く解けた段階ですが、見た目にはほとんど分からず、自覚症状もありません。C1はエナメル質がおかされて黒ずんだ孔が開いた状態。ここでも痛みなどの自覚症状がありません。C2は象牙質まで虫歯が進行した状態で、冷たいものや厚いものがしみるようになります。C3は神経まで虫歯が進行した状態で、炎症が起きていて激しい痛みを伴います。最後の段階はC4で、歯の内部に虫歯菌が充満して顎の骨の中にも進入して細菌のかたまりができた状態。最初は痛みを感じにくいですが、この細菌のかたまりが大きくなると、激しい痛みを伴います。

レーザー光で解析する「光学式う蝕検出装置」

当院では、患者様への丁寧な問診を経て、虫歯の段階、虫歯の場所を把握してから治療に入ります。歯質の変化をレーザー光で解析し、虫歯を認識する装置「光学式う蝕検出装置」を使用しています。蛍光反射したレーザー光を捉えて、数値と音で置き換えることで、歯質の変化を捉える機器で、現在の患者様の歯の状態、虫歯の位置を把握します。

お口を立体撮影 パノラマデジタルレントゲン

その後、お口の中を立体的なパノラマ画像で撮影できるデジタルレントゲン撮影「パノラマX線」撮影を行い、さらに具体的な虫歯の進行状態や、歯ぐきの状態、骨の状態まで分析します。こちらの映像はコンピュータ分析も行いますので、より具体的で立体的な映像から分析することが可能です。撮影した映像を使って、患者様に虫歯の進行状況についてご説明させていただきながら、ご一緒に治療方針を決定させていただきます。

根管治療

C0の場合には毎日のブラッシングによる歯の自己修復を促します。C1とC2は虫歯の部分を削って詰め物をする治療が基本的ですが、その際当院では、金属によるアレルギーの問題が指摘されてきたことから、金属ではなく、白い詰め物を使って仕上げます。詰め物は広範囲の虫歯を除いて、基本的には保険適用になります。C3とC4は、神経まで虫歯の細菌が入り込んだ状態なので、炎症を起こした部分や細菌感染した神経を歯の根元から取り除き、内部を良く消毒してから、根の部分に土台を立ててクラウンを被せます(根管治療)。虫歯は、自然に改善するということがありません。予防し、また定期的にメンテナンスし、もしも痛みがあれば、より痛くなる前にご来院いただき、診断を受けていただいくことをお勧めします。

お口の状態に合った歯周病治療

深刻な歯周病と早期発見の大切さ

お口の管理で大切になるのが、歯を支えている顎の骨が解けてしまう歯周病の問題です。一本一本の歯を支えている顎の骨は非常に重要で、これが歯周病で解けてしまえば、歯がグラグラになり、抜け落ちてしまいます。原因は、骨を溶かす酵素を発生させる歯垢や歯石が歯ぐきと歯の境目にたまり、骨を破壊する細胞が広がっていくことで発症します。痛みの自覚症状がないために発見しにくい病気ですが、以下のチェック項目に一つでも該当する方は、ぜひ診察を受けることをお勧めします。

歯周病のチェック項目

歯周病の疑いがあるのは、①歯を磨くと血が出る②お口の中がねばねばして臭う③歯ぐきが腫れて痛む④歯がぐらぐら動く⑤方鋳物を食べると違和感がある⑥歯石や歯垢を何年も取っていない⑦歯を抜いた後、人工の歯を入れずにそのままになっている―これらのチェック項目に当てはまる状態はありますか。

患者様の生活習慣やお口の状態に合った治療

治療はまず、問診で、たばこを吸われるか、食生活など生活習慣はどうかなどをチェックします。続いて虫歯の治療と同様に、レントゲン画像とコンピュータ解析によりお口の状態を把握し、歯ぐきの状態や歯周病の進行度、かみ合わせの検査をし、歯周病や歯肉炎の有無、進行状況を把握して、治療プログラムを作成したあと、菌の塊である歯垢や歯石を取り除く(クリーニング)に入っていきます。

歯周病の塊を取り除く治療とメインテナンス

特に歯石が強固に付着し、歯石が歯ぐきの中に入り込んでいる患者様を対象にSRP(スケーリング・ルートプレーニング)という、歯周病菌の塊を取り除きます。それでも歯周病の改善が見られない場合には、骨の移植や成長ホルモン投与など、骨の組織の再生を促す治療を行います。さらに虫歯や歯周病の予防対策として保険適用外ですが、PMTC(※)があります。専用のペーストを使用して磨き汚れを落とし、お口を消毒した後フッ素を塗る施術で、一本一本の歯をきれいに磨き、歯垢や歯石が沈着するのを抑えます。虫歯や歯周病の予防には定期的なメインテナンスや、正しいブラッシング方法が大切です。定期的に検診を受けてクリーニングした方と、していない方とでは、年齢を経て残っている歯の数に違いが出ています。当院の患者様では、こうしたお口のメインテナンスについてご理解いただけている方が多く、毎月~4ヶ月に1度程度、定期的に通われている患者様が多くなっています。いずれもお口の状態のチェックやクリーニング、また、具体的なブラッシング方法についてもアドバイスさせていただき、長期にわたってお口の健康を保っていただくバロメータとしてご利用いただいています。

CGF再生療法で痛みの少ない治療

血液を遠心分離させた「フィブリンゲル」=CGF再生療法

当院では、治療や外科処置でCGF再生療法を導入しております。あまり聞き慣れない治療法かもしれませんが、CGFとは、患者様の血液を遠心分離させて、患者様の血液の中に含まれる成長因子や血小板を多く取り出したものです。この取り出された成分を「フィブリンゲル」=CGFと呼びます。

痛みや出血を抑え、アレルギーや感染症の心配がない

このCGFは歯を抜いたときや、インプラントの治療などの外科処置の際に使用すると、処置の後の出血や痛みを抑えることができるなど、治療の際に切った歯ぐきの傷の治りが早くなります。患者様の血液からできているものですので、アレルギーや感染症の心配がないと言うことも、大きなメリットです。具体的に適用される治療では、歯を抜いたり、親知らずを抜いたり、インプラントの治療、歯周病の治療などに利用されています。

きれいな笑顔を取り戻す、美容診療

補修だけでなくきれいなかみ合わせを実現

当院では、健康な歯と歯ぐき、歯並びを作る「美容診療」も行っております。美しい歯や美しい歯並びは、輝く笑顔を作り、患者様に自信を与えるなど精神的な面でもメリットが期待できます。美容診療は歯をきれいに補修するだけではなく、きれいなかみ合わせを作ることも含まれます。

虫歯になりにくい素材を使用

美容診療では、体にも優しく、虫歯になりにくい素材が使われています。セラミックと樹脂の高分子化合物である「ハイブリッドセラミックス」。こちらは、自然な色合いと耐久力があることが特長です。強い力が加わってもクッションのような役目を果たし、金属のような熱伝導をしないために冷たいものがしみることもありません。

セラミックス(※)やグラスファイバー素材で負担を軽減

天然の歯と同様な見た目の美しさを持つ「オールセラミックス」も使用しています。被せモノと歯茎の間に黒ずみを生じさせず、自然な歯の白さを再現します。歯の土台には、グラスファイバーで作った土台「グラスファイバーコア」の使用も行っています。花袋象牙質の素材に非常に近い硬さで、金属と比べて、歯に掛かる負担を軽減します。いずれも医師による問診や診断、歯の状態に合った素材の選択などを行い、患者様のご希望を反映させて治療を選択しております。

ご希望に寄り添うインフォームドコンセント

自己決定に基づいた歯科医療

当院では、医師によるインフォームドコンセント実施しております。医師による治療や診断の十分な説明義務を徹底し、患者様のご希望を反映させて自己決定に基づいた歯科医療を提供しています。
虫歯や歯周病、美容診療、そのほかにもそれぞれの治療を進める上ではたくさんの選択肢があります。医師が患者様の状態を把握し、それらをご説明させていただきながら、患者様のご希望を伺ってまいります。

メリットとデメリットの両方を説明

お一人お一人、それぞれに複数の治療法が検討されるため、それぞれの治療法については歯科医師から分かりやすくご説明させていただきます。治療には長所・メリットだけでなく、短所・デメリットがあります。また、治療のリスクや治療を終えたあとの状態や継続治療、メインテナンスなどについても具体的で分かりやすくご説明させていただいています。その際には、患者様のお口の状態や検討している治療内容などをまとめた情報提供書や治療計画書を作成し、提示させていただき、患者様にはご自宅にお帰りになった後でもゆっくりと時間を掛けてご検討いただけるようにしています。

患者様お一人お一人のご希望や日常に合わせた治療

当院では、治療方針を決定する上では、患者様お一人お一人のご希望や考え方、お仕事やご家庭などの日常の生活に合った治療が何よりも大切だと考えています。患者様ご自身がご理解をいただき、そして納得して治療を受けていただくことが非常に重要だと考えています。

患者様のご希望に寄り添った歯科医療

良い治療というのは、患者様のお口の状態にあった技術をご提供すると言うのはもちろんですが、患者様のお気持ちを理解しながら患者様のご希望に添った治療を行うということが、何よりも大切だと考えています。患者様の方から、お気軽に、お口のことについて気になることやご質問、ご希望を言っていただけるような雰囲気作りと、患者様にご理解いただけるような分かりやすいご説明を心がけています。

医院からのお知らせ

当日の予約をご希望される方は、お電話にてご連絡ください。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 可能 休診日

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
20
21
22
23 24 25 26
27
28 29 30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
ネット仮予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9689-012281無料通話
掲載のご案内