EPARK歯科東京都中央区水天宮前駅水天宮前歯科医院
 
 

診療受付

歯医者・歯科への電話予約についての注意事項

※お客様が予約専用電話番号に発信した電話番号は、予約確認・案内SMS送信を目的とし、当サイトの運営会社であるEHC(株)が取得します。

※キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。

受付時間

診療受付時間
10:00~13:00
14:30~18:30 
14:30~17:30     

※第1土曜のみ診療しています。

 

交通案内

 

このエリアにはお勤めの方、お住いの方など様々な方がいらっしゃいます。
また、駅名にもなっている水天宮は安産祈願の神様、にぎやかな商店街もあります。
とても魅力的な場所です。是非お越しください。

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5
KDX 浜町中ノ橋ビル3 階

半蔵門線 水天宮前駅 5番出口徒歩2分
日比谷線・都営浅草線 人形町駅 徒歩5分
都営新宿線 浜町駅 徒歩7分


近隣エリアのランドマーク情報

当院の一階にドコモショップがございますので、
そちらを目印にしてご来院ください。

 

口コミ

EPARKに寄せられた 水天宮前歯科医院 を利用した患者さんの声です。
患者さんのよい声は励みに、患者さんのよくない声は貴重なご意見として真摯に受け止め、積極的に改善を図っております。

先日、口コミを見て初来院しました。早急に治療をお願いしたく電話予約を利用したのですが、受付の方の対応も良く翌日の予約を取って頂けました。院内はとても綺麗でホテルのロビーのようでした。一番良かったのは歯科衛生士さんの対応が凄く良くて、説明も丁寧にして頂き安心して治療を受けられました。今後もこの歯科医院さんに通おうと思っています。評判通りで良かったです!

Hさん 男性 投稿日 2016/10/20

就職活動中で歯を治しておきたいと思い健診のために訪れました。特に問題は無かったですが、歯の汚れも溜まっている状態でしたので歯石取りと歯のクリーニングをしていただきました。歯石取りは初めてで緊張しましたが、温かい言葉をかけてくださり気分もほぐれました。こちらの歯医者さんは待合室もリラックスできる雰囲気があって良かったので、また次回もお世話になりたいと思いました。

takeonoさん 東京都 女性 20代  投稿日 2015/12/05

患者さんとコミニュケーションをとる事をモットーにしていると先生自らおっしゃっているように本当に楽しくこちらの歯医者さんへ通院できました。歯医者さんは恐いところという誤った認識を払拭できました。こちらの歯医者さんありがとうございました。

久美世さん 東京都 女性 40代  投稿日 2015/04/18

 

 

医院写真

  • 受付
  • 待合室
  • 完全個室の診療室
  • 予防ルーム
  • セラミック治療システム
  • 当院の目印

 

ほとんどの患者様にとって、歯医者は憂鬱な空間だと思います。当院では、患者様にリラックスした気持ちで通院していただくため、ぬくもりを感じられる内装を意識しております。
敷居の高さを感じることなく、気楽に来院していただけると思います。
また、診療室はすべて個室で扉が閉められるようになっておりますので、他の患者様に診療風景を見られることはありません。

 

特徴

落ち着ける初診カウンセリング

じっくり時間をかけたカウンセリングを行い、また歯科医師と歯科衛生士を担当制とすることで、患者様と信頼関係を築けるようにしています。

当院は歯の悩みだけではなく、患者様のライフスタイルまで理解して治療に活かすようにしています。そのため、診察には時間をかけて対話ができるようにしています。初診だからといってこの方針が変わるわけではありません。しかし、初診の方は、歯科医師と相性があうのか、痛いのか、どのような治療がなされるのか、など不安でいっぱいのはずですから、より丁寧にじっくりお話に耳を傾けるようにしています。

また当院では歯科医師と歯科衛生士を担当制とし、患者様それぞれの希望やご都合に応じた対応ができるようにしています。カウンセリング、治療を提供するために、当然ですが患者様と信頼関係を築くことが何より重要と考えるためです。「また来たい」と思っていただけるために、できることは何でも実施したいと思っています。

落ち着ける初診カウンセリング

ガラス張り滅菌室、徹底した消毒滅菌

消毒・滅菌を徹底しているからこそ、その様子を実際にご確認いただきたい。そんな思いから消毒室はガラス張りにし、いつでも見学できるようにしています。

一口に徹底した消毒や滅菌を行っているとはいっても、実際のところは?と気になる方もいらっしゃるかと思います。そこで当院では消毒室をガラス張りとし、実際の消毒・滅菌作業を見学していただけるようにしています。言葉でお伝えするだけではなく、目で確認できるようにする。これにより、患者様には一層落ち着いていただけるものと思っています。

消毒室に関してですが、消毒室はそれぞれ「使用済みの器具」「滅菌中の器具」「滅菌済みの清潔な器具」といった3つのエリアに分け、使用済みの器具と清潔な器具が混じり合わないようにしています。また、器具は全て個別にクラスBという欧米各国の厳しい基準に準ずる滅菌器で消毒・滅菌しております。

ドア付き個室の診療室

他の患者様の目を気にすることなく、リラックスした状態でカウンセリングや治療・メンテナンスを受けられるようにしています。

診察台が隣り合うとお隣の患者様が気になってしまうもの。特に女性の患者様は、男性の患者様以上に気にされることと思います。そこで当院では、リラックスして治療を受けていただけるよう、診察室は全て個室に。他の患者様に治療されている姿を見られることはありません。

また、患者様とじっくりお話ができるようカウンセリング専用の個室や、歯のクリーニングやメンテナンスを行う予防歯科専門の部屋を設けています。なお予防歯科専門の部屋のチェアにはマッサージ機能がついており、マッサージを受けながら施術を受けていただくことが可能です。

当院の技術と設備

マイクロスコープや歯科用CAD/CAMシステムなど、昨今の治療には欠かせない精密治療を可能とする各種機材をそろえています。

当院は、歯科治療用のマイクロスコープを導入し、歯科用ルーペと併用することで、肉眼では確認できなかった部分まで確認しながら治療できるようにしています。これにより、根管治療や被せ物を 精密に行うことを可能に。また、カリエスリスクテストという唾液検査を行うことで、虫歯にかかるリスクを事前に把握し、患者様一人ひとりに適した虫歯予防の対策を立てられるようにしています。検査結果は、レーダーチャートで食事回数や食習慣、プラークの蓄積量、唾液の量といった項目のうちどのような点を改善すべきかがひと目で確認することが可能です。

また、コンピュータで歯の修復物を設計・製作するセラミック治療システムというCAD/CAMシステムを導入しています。このシステムにより、院内で設計から削り出し、仕上げまで行えるため、短期間でつめものを製作することが可能です。これまでの治療に不満がある方、ぜひ一度ご来院ください。

当院の技術と設備

 

 

インタビュー

 

Q.歯科医師を目指したきっかけはなんですか?

実は小さい頃、アレルギー体質で鼻炎や喘息がひどく、学校を休んで病院に行くことが度々ありました。中学生の時、体重は30kgもなく、身体もとても小さかった。その頃もしょっちゅう学校を休んでいたんですね。病院へ行くと、お医者さんが喘息で苦しみながら話す私の声にならない声に「うんうん」とじっくり耳を傾けてくれて、吸入や注射で助けてくれたんです。そのときの白衣の姿がもう神様に見えてましてね。まずここで、白衣を着て誰かのために役立てる人になりたいと思うようになりました。

そして中学の頃、社会の授業で組織の歯車になって人間らしさを失うような状態になる「人間疎外」について学んだことと、とある無声映画で1日中工場で単純作業を繰り返す映像を見て、「歯車になりたくない」と思ったんです。小さな頃の記憶も相まって、その時に思った将来の職業像は医師か弁護士でした。でも理系思考だったこともあり、医師か歯科医師のどちらかだろう思い直しましたが、結果的に手先が器用だったことから歯科医師を目指すようになったんです。

Q.昔から手先が器用だったんですね、何かそれに関するエピソードはありますか?

2つエピソードがあります。ひとつ目は、子供の頃に1cm四方の薄い紙で折り鶴を折って、父に「お前は器用だな」と言われたこと。

ふたつ目は、小学校1年の時までさかのぼります。ある日、理科で植物の種子に関する授業があったのですが、桃の種や柿の種はすぐに数えられるけれども、すすきの種子はあのフサフサに見える毛のようなものが全て種子であるため数えるのは容易ではない、という内容だったんですね。そんなわけで、とある生徒が教師に向かって「すすきの種はいっぱいありすぎて数えられないよ」と発言すると、それを聞いた私が「数えればわかるじゃないか」と言い返したんです。そして後日、本当に数えて皆の前で報告しました。ちなみに種の数は今でも覚えていまして、4386個でした。教師にも生徒にも驚かれましたね。「本当に数えてきたんだ」と。

この2つのエピソードが、私の手先の器用さと根気強さを表すできごとではないかな、と思います。

Q.昨年この場所に医院が移転されたとのことですが、その経緯を教えてください。

移転した理由は2つ。まずひとつ目は、恩師からのアドバイスです。「自分が得意で、自分がコントロールできる領域の中にいたら人間の器が大きくならないよ」と言われたんですね。以前は規模も大きくないため、目が行き届くし、コントロールができるし、借金もない。しかし、もっと多くの人々に治療サービスを届ける、設備をもっと充実させる、そうするためには以前の場所では不十分。そう思ったことが移転を考えたひとつ目のきっかけとなります。

2つ目は、向上心旺盛な歯科医師の仲間たちと共に勉強できる研修室のような部屋を設けたかったことですね。私の歯科医師としての目標に、アメリカに留学していた時に歯科医師としての生き様を教えてくれた、とある先生の哲学を若手の歯科医師に伝える、というものがあります。年に1~2回程度講演しているのですが、私が伝えた内容に感銘を受けたと言ってくれる歯科医師が度々見学のために来院されます。また、近隣の歯科医師も夜間に開催する勉強会に参加されます。その数なんと10人以上。移転しなければ、このような変化に対応はできなかったと思います。

Q.たくさんのこだわりが詰まった医院なんですね、特にこだわっているところはなんですか?

マイクロスコープやセラミック治療システム、CTなど、昨今主流の機材は一通りそろっています。しかし当院が特にこだわっているのは、消毒室です。消毒室は、忙しくなると散らかりがちな場所。消毒・滅菌は、歯科治療において不可欠なはずなのですが、時に多忙さにかまけて雑多になってしまう。実は以前の場所では、気をつけていたとはいえ、お恥ずかしながらとても人様に誇れるような状態ではなかったのです。

学会に参加してようが、新しい設備を持っていようが、消毒室が整理されてなければ、とても良い歯科医院とはいえないでしょう。そこで当院は誰にいつ見られても、しっかり消毒・滅菌していることを表すために、消毒室をガラス張りにしています。また消毒室内は、ヨーロッパ基準の滅菌仕様に準じた設計・レイアウトとし、どのような温度で、気圧で滅菌器を動かしたのか、そのデータも欠かさず保管するようにしています。患者様に求められればいつでもお見せできるほどの徹底ぶりです。ここまでやってはじめて、こだわっている、と胸を張って言えるのだと思っています。

Q.トライアスロンがご趣味とのことですが...

トライアスロンを始めたのは、2009年からです。きっかけは、少し長くなりますが少々お付き合いいただくと。

ある日家族とスキーに行ったのですが、その時に崖から落ちて大怪我をしたんです。8時間におよぶ大手術を受け、なんとか一命をとりとめましたが、その後1年半におよぶリハビリを受けることになりました。当時私には1歳の息子がおり、この子とキャッチボールをしたり、自転車で一緒に出かけたりすることができなくなる、そう思うと自分が情けなくて。そんな自分が悔しくて、体調が戻ったらフルマラソンを完走してやる、と思ったんです。

その後、ハーフマラソン、フルマラソン、100キロマラソンを次々に完走。そして今ではトライアスロンにチャレンジするようになったんです。中学生の頃、30kgも体重がなかった私が今ではトライアスロンで、身体をバンバン痛めつけている。当時の同級生は、そんな私の姿を見てきっと驚くのではないでしょうか。

Q.そんなドラマがあったんですね!競技を始められてからの事を教えてください。

トライアスロンで出会った仲間たちに感銘を受けました。特にコーチですね。レースが終わると、表彰式を経て、打ち上げで盛り上がり、その後もはしご酒を楽しみ、次の日には帰る、というのが一般的な流れだといえるでしょう。しかしそのコーチは、ゴミ袋持ってゴミを拾いながらもう一度同じコースを走るんです。翌日は仕事もあるでしょう。でもゴミ拾いのために1日延泊して帰宅の途につく。この誰もやらないようなことを毎回行う、この姿勢にとても感銘を受けています。

また、トライアスロンには義足の方も参加されています。もう歩いてしまいたい、そんな悪魔の囁きと戦う最中に、義足のランナーの方が弱音をひとつも吐かずに沿道の声援に笑顔で応えている。「ありがとう!がんばるよ!」と。そんな姿を見ると、足が痛い、走れない、なんてことは言えません。私もどんなにきつくても笑顔で、人々に勇気を与えられる、そんな人になりたいと思っています。

 

医師・スタッフ

院長

院長 真鍋 秀樹(Hideki Manabe)

人生を輝かしいものにするためには、身体とお口が健康であることが重要です。

当院は、皆様が思う存分笑えるように、美味しいものを楽しく食べられるように、歯と口腔内の健康を守るためにできる限りの奉仕を行うことをモットーとしています。

歯科医院に足を運ぶのは怖いし気が引ける…という方も多いかと思いますが、重たい気持ちを少しでも和らげていただけるように、個室診療、たっぷりと時間をとったカウンセリング、画像を用いた詳細な説明を徹底しております。

またスタッフ皆の元気あふれる応対で、医院はいつも笑い声が絶えない明るい雰囲気で満たされているので、きっと「また来たい」と思っていただけることと思います。一同、来院を心よりお待ち申し上げております。

院長 院長

院長経歴

  • 1987年3月 東京医科歯科大学歯学部卒
  • 1991年7月 水天宮前歯科医院 開院
  • 2008年 ハーバード大学にてインプラント治療を学ぶために短期留学
    マイアミパンキーアドバンスト臨床研修センター留学
  • 2015年9月 水天宮前歯科医院 移転
  • 現在に至る

所属学会

  • 南カリフォルニア大学客員研究員
  • 日本口腔インプラント学会
  • 一般社団法人日本歯科審美学会
  • 一般社団法人日本インプラント臨床研究会
歯科医師

歯科医師 根本 諭

 
歯科技工士

歯科技工士 赤池 ももこ

 
技工士
歯科衛生士

歯科衛生士 熊坂 志麻

 
歯科衛生士
受付

受付 小山田 真由美

 
 

水天宮前歯科医院の基本情報

医院名

水天宮前歯科医院

すいてんぐうまえしかいいん

予約
住所

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2-14-5 KDX浜町中ノ橋ビル3階

アクセス

半蔵門線水天宮前駅 5番出口徒歩2分

日比谷線人形町駅 A1徒歩5分

都営浅草浅草線人形町駅 徒歩6分

都営新宿線浜町駅 徒歩7分

日比谷線茅場町駅

診療項目
保険診療 入れ歯・義歯 虫歯 歯周病 親知らず 歯科口腔外科 小児矯正 矯正歯科 部分矯正 マウスピース矯正 裏側矯正 ワイヤー矯正 予防歯科 インプラント 美容診療 ホワイトニング ホームホワイトニング オフィスホワイトニング 無痛治療 クリーニング PMTC つめ物・かぶせ物
診療時間
診療受付時間
10:00~13:00
14:30~18:30 
14:30~17:30     

■カレンダー備考欄 ※第1土曜のみ診療しています。

スタッフ

先生の人数:男性3人 スタッフの人数:男性0人/女性11人

特徴

駅近 / オンライン予約 / 個室制 / カード払い可 / 男性歯科医師

お問い合わせ番号

03-3666-1818

水天宮前歯科医院の特徴

 

中央区日本橋蛎殻町の水天宮前歯科医院は、水天宮駅5番出口から徒歩2分の場所にある歯医者さんです。患者様の笑顔と健康を第一に、予防歯科重視の診療を行っています。先生は患者様とのコミュニケーションを大切にし、明るく丁寧な対応を心がけています。院内はきれいで、すべて個室のためプライバシーが守られ、リラックスして治療を受けられます。患者様が心地良く過ごせるよう、待合室にはミネラルウォーターやハーブティーを用意するなどの心遣いがある歯科医院です。

★水天宮前歯科医院(中央区日本橋蛎殻町)【アクセス】水天宮前駅 5番出口から徒歩2分/人形町駅 A1出口から徒歩5分

 

0066-9801-212281無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内