3.0いいね!

口コミ13

最寄駅
大手町駅(東京都)
B1番出口 徒歩1分

住所 東京都千代田区丸の内1-4-1 丸の内永楽ビルディングB212地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

EPARK医療総合アプリ「デジタル診察券」が利用できます。

0066-9801-212730 無料通話

歯周病

これまでの歯周病治療

これまでの歯周病治療

これまでの歯周病治療は、歯周病菌の住処となっている歯石や歯垢の除去と、正しいブラッシングによる歯周病菌の除去がメインでした。対処療法ですので、直りが悪い場合も多く、特に免疫力の落ちている方は治すのが難しい病気でした。しかし、近年の研究により、歯周病菌に有効な抗生物質を服用することで身体の内側から歯周病の治療が行えることがわかってきました。生まれたての赤ちゃんの口内には歯周病菌は存在しません。しかし、成長過程で歯周病菌に感染してしまいます。歯周病菌は身体の免疫力が低下したら徐々に増えだします。仕事に追われている現代人にとって歯周病の大敵はストレスです。なるべくストレスのない生活を送ることが望ましいです。

抗生物質を服用して歯周病を治療

歯周病に関しては、抗生物質を服用して治療する方法を取り入れています。これまでの治療法は外側からのみのアプローチでしたが、身体の内側から歯周病菌を退治することで、歯周病の改善により期待ができるというメリットがございます。歯周病に関しては、まず顕微鏡を使って原因となっている細菌やカビを見つけます。これは、口内から歯垢などのサンプルを採取して顕微鏡で見るとすぐにわかります。この顕微鏡画像を患者様にもお見せしながら状況をご説明しています。その後、ジスロマックと呼ばれる抗生物質を服用して、内側から歯周病菌をやっつけます。また、抗生物質を内服しながら専用の歯磨き粉で歯磨きをし、外側からも治療していきます。歯周病がほぼ治り、痛みがなくなれば歯石の除去を行います。歯周病の恐ろしさに、母子感染をはじめ、他人から感染することがあります。歯周病は虫歯と同様に歯周病菌や虫歯菌による感染症なのです。また、歯周病菌が肺に入ると肺炎を引き起こしたりする怖い菌でもあります。特にお年寄りの肺炎は食べかすなどに付着した歯周病菌が誤って肺に入ることで起こる場合があります。お年寄りや免疫力の低下した患者様の肺炎は歯周病菌が原因であることが多いです。歯周病菌は血液を伝って身体の様々な部位へとたどり着き繁殖を始めるため、歯周病の悪化は歯科医師として健康上見過ごせません。歯周病は咀嚼悪化による消化不良のみならず感染症までも引き起こす怖い病気ですので、重度になる前に歯科医院へお越しください。

0066-9801-212730無料通話
掲載のご案内