4.6いいね!

口コミ26

最寄駅
岩本町駅
A4出口 徒歩2分

住所 東京都千代田区岩本町3-7-16 マルメビル2階地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療

予防歯科の基本

将来入れ歯にならないための対策

歯科治療というのは日々技術が進展し、めまぐるしく変化を遂げております。新しい技術と共に治療方法も増え、歯を失ってしまっても歯に代わるものも出てきました。しかしながら、代替の歯を入れたとしても「天然の歯にかなうものはない」と言えます。皆様が今ご自身でお持ちの歯と同等の価値のある「歯」は他にはありません。ですので、その歯の健康を守るパートナーとして、歯を失ってほしくないと心から願っております。私たちは皆様の歯を健康に保つためのお手伝いをするサポーターです。「虫歯」や「歯周病」にさせないことこそが、歯を守るために大切なことになります。現在、日本人のご高齢の方の多くは歯を失ってしまい、入れ歯などを利用して生活されています。当院では「入れ歯にならないために」を目標として、「予防歯科」に力を入れております。「悪くなってから」ではなく「悪くなる前」の健康な歯を保つことが非常に重要です。

歯のクリーニング

ご自身でのブラッシングのケアは「予防歯科の基本」であり大切ではありますが、定期的にご来院いただき、歯科衛生士による「予防クリーニング」を受けていただくことで、ブラッシングで取り切れなかった部分までケアいたします。予防専用エリアで、歯科衛生士が歯垢や沈着してしまった黄ばみなどの色素を、自然な歯の色に戻すことができます。繰り返しおこなっていただくことで、歯肉が引き締まり、汚れもつきにくくなります。歯クリーニングによって「虫歯」や「歯周病」の予防もできますし、実は胃がんなどの原因になる「ピロリ菌」の除去にもつながります。

フッ素塗布を行っています

当院では歯のクリーニングをおこなったあとにフッ素塗布をすることで、予防につながります。フッ素は歯に塗ることで歯自体の質を強くし、虫歯になりづらくします。この治療方は若い方から、ご年配の方までどの年代の方でもおこなうことができる予防方法ですので、ぜひおこなっていただきたいです。正しいブラッシングと併用することで再石灰化を促し、初期の虫歯であれば、歯を削ることなく虫歯が治る場合もあります。

ブラッシング指導

ブラッシングは、「虫歯」や「歯周病」の予防のためになる基本的な方法です。正しいブラッシングを身につけていただくことで、歯垢がつきにくくなり、口内環境の健康を保つことができます。そこで当院では、患者さまの生活習慣や、ブラッシング方法、ブラッシングの時間などを細かくお伺いし、その上で、患者さまの口腔内の環境や、歯列を確認して、患者様に合ったブラッシング方法をお伝えさせていただいております。また、定期検診にお越しいただくことで、磨き残しや患者様のブラッシングの癖をなくし、清潔な状態を継続していただけるようにしていきます。

口腔ケア

当院では、ブラッシングなどで口の中を健康にしていくことに加え、「噛む力」や「飲み込む力」を維持するための「頬」や「舌」のマッサージをおこない、口の機能低下を防ぎ、健康な状態を維持していくことを「口腔ケア」といいます。特にご高齢の方や病気になったときなどに口の働きが低下することで、日常生活や社会生活に影響が出て、生活の質の低下に繋がります。口腔内のケアを意識的におこなうことで、口腔内の環境がより良くなり、それが全身への健康へとつながっていくのです。

歯の代わりとなるインプラント

インプラント治療とは

最近はご存知の方も多くなってきましたがインプラントとは、「虫歯」や「歯周病」、「事故」などにより、歯を失ってしまった場合に、歯の代わりとなる治療の一つです。「インプラント」の意味は「植え付ける」という意味です。チタンという素材でできた人工歯根を、しっかりと顎に植え付け、その上に歯冠という被せ物をすることで、元の歯に近い機能を得て、天然の歯の様な見た目にすることができます。

メリットとデメリット

インプラント治療のメリットは入れ歯と違い、元の歯の状態に近いということです。つまり、見た目も元の歯に近く、メンテナンスもブラッシングや歯間クロスを使い、元の歯と同じ様におこなうことができます。また、歯根が顎の骨に植え込まれているため、入れ歯の様にグラつくこともなく、硬いものでも、しっかりと噛むことができます。ですので、食事の制限もなく、ストレスなく食事生活を行うことができます。また、入れ歯の様に就寝前に取り外し、洗浄・洗浄などの手間もなく、ストレスを感じずに今まで通りの生活を送ることが可能です。また、入れ歯の様にズレないので、激しいスポーツでも快適におこなえます。発音や会話という面でも支障がなく、入れ歯を見られる恥ずかしさから、歯を見せて笑うことや外出が減るということもありません。インプラント治療のデメリットは「外科手術」が必要になり、自費治療となるため費用の負担が非常に大きいです。外科手術は少なくても1~2度は受ける必要があり、患者様の状態やインプラントの種類によっても回数が異なります。外科手術により、医療事故や合併症などのリスクが高まります。また、治療期間も3ヶ月程度必要で、長い場合には1年以上かかる場合もあります。患者様の健康状態によってもインプラント治療が受けられる場合と、受けられない場合がでてきます。そして、長期にわたってケアが必要になるため、インプラント治療をどの歯科医院で行うのかが重要です。

治療の流れ

インプラント治療は非常に難しい外科手術を必要としますので、「カウンセリング・精密検査」をしっかりとおこない、患者様の全身の健康や、病歴、生活習慣にはじまり、口腔内の環境もしっかりと検査をおこない、その上で治療期間、費用、検査の概要をお伝えさせていただきます。精密検査などを元に患者様にインプラント治療をおこなうことができるかどうか、また、長期的にご使用いただけるかどうかを「診断」をします。そして、CT画像を元に具体的な「治療計画」をおこない、患者様には不安要素が残らないよう、丁寧にご説明をし、しっかりと話し合うことを大切にしております。その後、手術が可能な患者様は、口腔内の環境を整えてからインプラントを植えこむ「1次手術」をおこないます。おおよそ2~5ヶ月でインプラントと顎の骨がしっかりと結合したことを確認し、「2次手術」であるインプラントの上部にアパットメントという部品を取り付ける手術をおこないます。この際、再び歯肉を切開し、インプラントの上部を露出させその部分に取り付けます。この手術に問題がなければ、噛みあわせなどの調整をおこなった上で、「人工の歯を作製しアパットメントに装着」します。2度に分けて治療をおこなう方法を「二回法」といい、もう一つが「一回法」といい1度で手術をおこなう方法です。こちらの一回法は歯肉の切開が1度なので、患者様への負担が軽く費用も抑えめなことが特徴です。ただし、十分な骨があることが好ましく、感染のリスクが高いことがデメリットとしてあげられます。

10種類のインプラントシステム使用

当院では、10種類のインプラントシステムを使用し、その長所短所をもとに、患者様に適したものを使用して治療を行います。また、顎の骨が少なく、そのままではインプラント治療がおこなえない場合でも、顎の骨を増す手術をおこなうこともできます。様々なケースにご対応できるよう、インプラントの無料相談窓口も設けておりますので、少しでも不安をお抱えの方や、インプラント治療に関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

抜歯について

患者様のご希望に合わせた治療

抜歯に対して抵抗を感じてしまう理由は「怖そう」「痛そう」というイメージがあるからです。保険内治療で局部麻酔を使用した抜歯をおこなうことは可能ですが、必要最低限の処置となります。ですので、当院では患者様のご要望に合わせ、保険内、保険外の麻酔をご用意し、患者様ご自身にお選び頂いております(鎮静剤・表面麻酔)。また、術後の局部を腫れないようにするためには、早期のケアが不可欠です。そのため、止血できる機械や抗炎症剤を用いながら、腫れを抑制します。

医院での教育制度

職場の活性化とスタッフの成長のサポート

私が目指す歯医者さんというのは、患者様に笑顔で帰っていただくために、治療技術はもちろんですが、院内の雰囲気というものも大切にしたいと考えております。院内に活気がある、ということはそもそもスタッフが働きやすく、楽しいと感じる環境をつくる必要があります。スタッフが楽しいと感じ、仲間同士で切磋琢磨し、成長ができる風通しの良い環境作りを心がけております。また、当院のスタッフは皆非常に仲が良く、和気あいあいとしでおりますが、集中するときは真剣に取り組むことができ、とても誇りに思っております。当院の強みでもあり、顔でもあります。

徹底した衛生管理

滅菌について

実は、滅菌処理をせずに、器具の使いまわしをしている歯医者さんが全国に7割もいることをご存知でしょうか。虫歯や歯周病というものもすべて細菌なので、器具などにより他の患者さんの細菌にも感染する場合があります。ですので、当院では開業当初から歯科器具の滅菌と徹底しており、滅菌の機器は現在3台です。ハンドピースという歯を削るドリルを回す機器も滅菌をしたものを使用しており、衛生管理を徹底しておこなっております。

医院からのお知らせ

・また、診療時間外でのお問合せは医院からの連絡を持って予約完了となりますので御了承ください。

掲載のご案内