4.6いいね!

口コミ29

最寄駅
淡路町駅
A2出口 徒歩2分

住所 東京都千代田区神田須田町1-4-8 NCO神田須田町ビル1F地図

  • 18時以降診療

矯正歯科

淡路町デンタルクリニック 矯正歯科

患者さまのご希望に添った矯正治療

矯正治療は見た目だけでなく、噛み合わせの改善にもつながり、健康面でも大きなメリットがあります。どんなお悩みがあるのか、歯のどの部分を治療したいか、治療期間はどれぐらいかなど、患者さまによって気になる点やご要望は違います。小さい箇所であっても、きめ細やかに対応しております。

特に大人の矯正ですと見た目を気になされる方が多くいらっしゃいますが、当院では、裏側矯正、マウスピース矯正など複数の治療法もご案内できます。患者さまのご希望をしっかりお聞きした上で、よりご希望に添った矯正の治療法をご提案いたします。

歯並びが悪いと見た目だけではなく、機能的にも影響を及ぼします。例えば、噛み合わせの能率が悪くなったり、聞き取りにくい発音になったりすることがあります。歯並びだけが原因ではない場合もあるので、必ずしも歯の矯正をすることですべての問題を取り除くことができるわけではありませんが、当院では改善が期待できると考えております。

インプラント

淡路町デンタルクリニック インプラント

インプラント治療におけるメリットのご提案

歯を失った場合の治療法はさまざまありますが、中でもインプラントは他の歯を傷つけず、ご自身の歯と同様しっかりと噛むことができるという特徴があります。

インプラントは天然の歯よりも機能性が高く、しっかりと噛むことができます。天然の歯は骨と歯の間にクッションがありますが、インプラントの場合は骨から直接つながっているので、骨そのものの硬さで噛むことが可能になります。

当院ではインプラントに特化した歯科医師が担当し、患者さまにご納得いただける治療の提供に努めています。また、インプラントは埋め込んだら終わりではありません。インプラントは手入れをせず、口内環境が良くない状態が続くと、普通の歯と同様歯周病となり、最悪の場合抜け落ちることがあります。

できるだけ長く使用するためにも、半年に1回は来院いただきながらメンテナンスをすることが重要です。当院では口内の健康を保つための指導など、アフターケアもしっかり提供いたします。もちろんインプラント以外にも治療法はありますので、患者さまのお話をしっかり伺い、保険診療を含めより合った治療をご提案いたします。

つめ物・かぶせ物

淡路町デンタルクリニック つめ物・かぶせ物

金属のつめ物でお悩みの方もお声がけください

過去、金属のつめ物を入れて見た目が気になっている方、これからつめ物が必要な治療をしなければならない方、当院では他の歯と同色の白いつめ物をお選びいただけます。つめ物を作るには歯科医師の技術が必要となりますが、患者さまがご自身の歯を鏡で見た際に、どこに入れたのか分からない、と思っていただけるような治療を心がけています。

また、お忙しく時間がない方のため、かぶせ物の作製からセットまでを短時間で可能にする歯科用機器を導入しています。1日で白いつめ物を入れることが可能です。手順としては、白い仮歯を切り貼りし、合わせていきます。噛み合わせも見ながらその場で光を当てて固めていきます。

型を取ってからつめ物作製を行うと、通常一週間は治療にかかりますが、早くつめ物を入れたいという際には、患者さまのご希望に添うような治療方法を提案しております。

予防歯科

淡路町デンタルクリニック 予防歯科

歯を健康に保つためには、まず予防から

当院では虫歯になって治療に来るのではなく、虫歯を未然に防ぐための予防歯科を重要と考えています。予防のためには歯科医院で受ける定期的なメンテナンスが大切です。 例えば、虫歯でしたら、治療前の説明でどうして虫歯になったのかを伝え、メンテナンスの重要性を知ってもらうようにしています。

メンテナンスでは歯のチェックだけでなく、歯ブラシの正しい使い方などの指導もいたします。ただ、ご自身で隅々までブラッシングをするのは難しいため、定期的なチェックが必要です。もし、虫歯や歯周病になっていたとしても早期発見ができますので負担の少ない治療で済みます。

また、当院では、治療が終わる際に『次は何カ月後に来てください』とアナウンスをして、来院していただきたいタイミングをお伝えすることを行っています。メンテナンスの大切さをしっかりと患者さまに伝えるため、スタッフも把握しています。治療だけでなく、治療が終わった後も患者さまのお口の健康をずっと守っていく、頼りがいのあるデンタルパートナーであることを目指しております。

いびきの治療

歯科のいびき治療

マウスピースを使うことで、いびきの治療をすることができます。現在、いびきの治療は「耳鼻いんこう科」か「歯科」でしか行うことできません。耳鼻いんこう科の場合は、CPAPという酸素が出る大きめの機械を鼻につけ、送りこみます。いびきは、舌の下部の筋肉が寝ている際に気道を押し、狭くなることで引き起こされるので、空気を送りこむことでその筋肉が下がってこないようにするものです。

歯科の場合は、舌の筋肉が顎の骨にくっついているので、下の顎を前に出すようにする、というものです。上下の歯を固定したマウスピースをつけて、気道を圧迫しないようにします。旅行に行く際などに大きめの機械を持ち運ぶのは難しいので、手軽に持ち運べるマウスピースはいびきの治療に便利です。

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 可能 可能

2021年3月

1
2
3 4 5
6
7
8
9
-
10 11 12
13
14
15
16
-
17 18 19
20
21
22
23
-
24 25 26
27
28
29
30
-
31

2021年4月

1 2
3
4
5
6
-
7 8 9
10
11
12
13
-
14 15 16
17
18
19
20
-
21 22 23
24
25
26
27
-
28
29
30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
ネット予約 24時間受付中
  • 今日空き
  • 明日空き
0066-9801-214895無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内