インプラントの治療内容|スター歯科

お気に入り

4.8いいね!

口コミ37

最寄駅
京成臼井駅
出口 車8分

住所 千葉県佐倉市染井野4-7-1地図

  • 土曜・日曜・祝日診療
  • 18時以降診療
欠損歯の治療方法

欠損歯の治療方法

歯を失ってしまった場合に歯の機能を回復させるには、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療法があります。
入れ歯は取り外しができますが、噛み心地がよくありません。
また、ブリッジは支えとなる歯を削る必要があり、健康な歯の寿命を短くしてしまいます。

これらに対しインプラント治療のメリットは、他の健康な歯を削ることなく治療できるため、自分の歯を守っていくことができるという点です。
自分の歯と同じようにしっかりと噛めるため、第二の永久歯とも呼ばれています。

インプラント治療は自費診療のため、他の治療と比較すると治療費が高額となってしまいます。
しかし、正しくメンテナンスを行うことでインプラント手術後、10年後の残存率は95%程度というデータもあり、大変長持ちする治療です。

入れ歯は平均4年程度で作り直しが必要となり、ブリッジの寿命も8年程度といわれています。
そのため、長い目で見た場合には、インプラント治療は決して高額な治療ではありません。
残存歯に対する影響などを考えると、むしろメリットの多い治療といえると考えております。

欠損歯の治療法を決めるにあたっては、治療に関する全てのメリット・デメリットをご説明したうえで、患者さまにお選びいただいています。
また、インプラントが患者さまに適しているわけではありません。
お口の中の状態だけでなく生活習慣なども考慮し、患者さまに合った治療をご提案いたします。

インプラントの特徴

無料相談が可能です

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込む手術となるため、血管や神経、骨の状態などを細やかに把握する必要があります。そのためにはレントゲンの二次元画像による診断だけでは不十分であり、手術を行うためには歯科用CTを用い三次元で診断を行わなければなりません。

スター歯科には歯科用CTがございますので、従来のように大学病院などの他院でCT撮影を別途行う必要がございません。
また、CT撮影を含めたインプラントの相談は無料で行っていますので、治療を検討している方や治療ができるのか不安がある方もお気軽にご相談ください。
他院で時間と費用をかけてCT撮影を行ったが、治療の適用外だったというご負担を避けることができます。

インプラント治療ができない場合

インプラント治療ができない場合

インプラントの治療は、顎の骨の成長が止まった18歳頃より年齢の上限なく行えますが、骨や全身の状態によっては治療が適用とならない場合もございます。
インプラントの手術を行うには、インプラント体を定着させるために顎の骨に一定の骨量が必要です。
骨量が足りない場合には、手術によって骨を増やしてからインプラント埋入が可能になる場合もありますので、ご相談ください。

また、高血圧が著しい場合や糖尿病などの基礎疾患がある場合には治療が難しくなりますので、他の入れ歯やブリッジなどの治療法をおすすめいたします。

ネット予約・空き状況確認

2022年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
-
19
-
20
-
21
22
-
23
-
24
-
25
-
26
-
27
-
28
29
-
30
-
31
-

2022年2月

1
-
2
-
3
-
4
5
-
6
-
7 8 9 10
11
12 13
14 15 16 17
18
19
20
21 22 23 24
25
26 27
28

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内