睡眠時無呼吸症候群の治療内容|医療法人社団OUGA たかはし歯科医院

お気に入り

4.0いいね!

口コミ18

最寄駅
本八幡駅(JR)
北口 徒歩1分

住所 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル3F地図

  • 土曜診療
  • 18時以降診療
快適な日常生活をお送りするためのサポートをさせていただきます

快適な日常生活をお送りするためのサポートをさせていただきます

睡眠時無呼吸症候群という名前は、国民の皆さまにも浸透しているのではないでしょうか?高速バスの事故などの原因として知られる病気で、昼間に強い眠気に襲われることもあり、事故の危険性が高まります。

また、夜寝ている時の大きないびきもこの病気の症状と言われています。特にいびきに強弱や音の変化がある、就寝中ずっとかいている方は、閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の危険性があります。

さらに、睡眠時の「歯ぎしり」(ブラキシズム)もここに加わると、噛み合わせがおかしくなり、顔の筋肉が痛くなったり、口が開かなくなったりするケースもあります。また、顎関節症が生じ、一層睡眠の質が悪くなるかもしれません。

これらの病気は歯科が大きく関わっていますので、率先して治療に取り組む必要があると考えています。当院はCT撮影を行って、気道が細くなっていないかを検査するようにしました。また患者さまには、夜間睡眠時の無呼吸の数や長さ、脈拍、酸素飽和濃度、睡眠ステージなどを測る機器を用いて、ご自宅で計測していただくこともあります。そして、そのデータをもとに、無呼吸防止のスリープスプリントを作製して、患者さまに装着してもらうことで改善していきます。

普段の眠気が気になる方や、医科で無呼吸の治療中だけども歯科での治療も希望される方は、ぜひお越しください。

ネット予約・空き状況確認

2020年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

掲載のご案内