インプラント

インプラントの使用者の目線から、責任をもってインプラント治療を行います

歯科用CTを用いてインプラント治療を行います

インプラントの使用者の目線から、責任をもってインプラント治療を行います

当院では、インプラント治療(※)を行っています。

従来、歯を失ってしまった場合は、部分入れ歯やブリッジ(※)で対応していました。しかし、入れ歯の場合は歯茎の力で噛むためかなり力が制限されたり、お手入れがしにくかったりというデメリットがあり、ブリッジの場合は治療箇所の左右の歯の欠損リスクが高くなるというデメリットがありました。

インプラント治療の場合は、周囲の歯に影響を与えず、治療後も以前のご自分の歯に近い力で噛むことができます。そのため、治療箇所が1本から2本程度である場合にお勧めしています。

また、当院院長自身もインプラント治療を経験し、インプラントを使用しています。インプラントの利便性や有用性を、実感を伴って理解しており、ひとりの使用者として患者様にアドバイスをすることもできます。

なお、インプラント治療を行うためにはある程度の骨の厚さが必要であるため、場合によっては施術できないこともありますが、施術が可能な方にはリラックスしてインプラント治療を受けていただきたく思います。

※自由診療となります。

インプラントを長く使用していただくために、治療後の定期的なメンテナンスは必須です

インプラントは、柱はチタン、上部構造はセラミックでできている人工物です。そのため虫歯にはなりませんが、歯周炎や歯周病になる可能性があるため、治療後も定期的にメンテナンスを受けていただくことが非常に大事です。
当院では患者様に、治療後にメンテナンスを行う必要性に合わせて、メンテナンスを怠った際のリスクを入念にご説明しています。インプラントの埋入後に「これで治療が終わった」と思うのではなく、自分の歯以上に取扱いに気を付けていただきたいと思っています。

また、より長い期間にわたってインプラントをもたせるため、定期的にご来院いただき、歯のクリーニングと状態のチェックをお受けいただければと思います。

インプラントの治療後は、余計な力やストレスをかけないことが大事です

インプラント治療では、噛む力を重視しています。治療をする際には、骨にしっかりとインプラントを装着することで、ご自身の歯に近い感覚で噛むことのできる力を取り戻します。

もっとも、極端にインプラントに噛み合わせの力を与えてしまうと、インプラントに余計な負担やダメージを加えてしまうことになるため、定期検診の際には、インプラントに余計な力がかからないようにバランスを考慮しながら微調整を行っています。また、インプラントは側方運動に弱いため、側方への力があまりかからないように調整します。

患者様の中には、気付かないうちに食いしばりや歯ぎしりなどをしている方も多くいます。そのため、食事以外では歯と歯をあまり当てないようにするようご指導しています。インプラントに余計なストレスをかけないように気を付けていただくことで、できるだけインプラントを長持ちさせていきましょう。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日
可能 休診日 可能

2020年1月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24 25
26
27 28 29
30
31

2020年2月

1
2
3 4 5
6
7 8
9
10
11
12
13
14 15
16
17 18 19
20
21 22
23
24
25 26
27
28 29

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット予約・空き状況確認
0066-9801-219214無料通話
  • 今日18時~も診療中
掲載のご案内