保険診療

恐怖心を減らせるよう、しっかり説明します

当院では、患者様の恐怖心や緊張などに対して無理に治療や説明を行うのではなく、状態に合わせてどのようにすれば緊張を無くせるのか、考えながら応対させていただいております。

「歯科医院では、治療中に何をされているのかわからない。だから歯科医院が恐い」という方はいらっしゃると思います。
そのような方に対しては、「検査で疾患であることがわかったから、このような治療をします」と論理的にご説明し、不安から生じる恐怖心を解消します。

また、歯科医院は緊張するから苦手という方もいらっしゃり、緊張しないようにとお伝えしても、緊張がほぐれるわけではありません。
そこで、いきなり歯を抜くような大掛かりな処置はせず、歯石の除去など、あまり緊張せずにすむ治療からはじめます。
歯科医院に徐々に慣れることで、問題なく通院していただけるようになると思います。

さらに、歯科医院が恐いのではなく、痛みに対する恐怖心をお持ちの方もいらっしゃいます。
そのような方に対しても同様で、最初は内服薬を飲んでいただくだけにするなど、痛みの少ない治療からスタートします。
その後は麻酔を使い、痛みの少ない治療をめざします。

痛みが少ないよう、麻酔の注入方法を工夫

痛みが少ないよう、麻酔の注入方法を工夫

局所麻酔が必要な場合は麻酔前に表面麻酔を行い、できるだけ痛みを抑えます。
また、局所麻酔は痛みの感じにくい部位から注入するようにしています。
例えば、歯茎と頬をつなぐ部分です。

そういった部位から麻酔を打ち、しっかり効いているのを確認した後その他の部位に麻酔を打つようにすれば、それほど痛みを感じずに行うことができます。
反対に、ピンク色をした歯茎にいきなり麻酔を打つと強い痛みを感じることがあるため、局所麻酔を行う部位には注意を払っています。

削る量を抑えます

どうしても歯を削る必要がある時は、不必要な箇所まで削らず、できるだけ削る量を少なくするよう努めています。

被せ物を設置する時は、全体ではなく部分的に被せることによって歯を多く残せる場合があります。
また、問題のある箇所に被せ物を設置するのはなく樹脂で詰めることで、結果的に歯の削る量を少なくすることができます。
しかし、この方法が最善策である場合とそうでない場合があるため、ケースバイケースで見極めることが大切だと考えています。

また、レーザーで虫歯状態を計測し、処置が必要かどうかを判断できる光学式う蝕検出装置という機器を導入しています。
虫歯の進行度合いを診断できるため、以前なら削っていた可能性のある虫歯も予防処置により治せるようになりました。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

2019年8月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
-
18
-
19 20 21
22
-
23 24
25
26 27 28 29 30 31

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

0066-9751-366413無料通話
  • 24時間受付中
24時間受付中

24時間受付中とは

医院の受付時間外については電話代行オペレーターが受付を承ります。
お電話が繋がりましたら、受付希望医院の以下の情報をお伝えください。
1) 市区郡名
2) 医院名

電話問い合わせの注意事項(必読)
掲載のご案内