歯周病の治療内容|大竹歯科

お気に入り

歯周病

歯周病について

歯周病について

人の口には、口中常在菌が存在し、その中の歯周病菌が口腔内で繁殖し、歯肉や骨に影響をあたえるのが歯周病です。最初のうちは軽い炎症程度ですが、放置していくと炎症はひどくなり、歯肉や骨が歯周病菌に溶かされてしまい、歯を支える歯茎が弱くなってしまいます。そうなると、最終的に歯が抜け落ちてしまうのです。

年を取り、歯がなくなる原因は、老化ではなく、この歯周病が主な原因です。年をとると身体の菌に対する抵抗力が弱くなるので、あっという間に歯周病が進行してしまいます。また、歯周病は口臭の原因にもなるため、口臭予防のためにも歯周病は治療することをおすすめしております。

歯周病の段階的なケア

歯周病には、大きく分けると軽度、中度、重度の3つの段階があります。

軽度の症状は、歯周ポケットに溜まった歯垢が歯の周りの歯肉や骨を破壊し始める最初の段階なので、きちんとしたブラッシングや洗浄を行えば、まだ問題はありません。

中度の症状になると、骨や肉の破壊が進み、歯がぐらつき始めます。こうなると、一刻も早い対処が必要になります。

そして重度になると、だいぶ細菌による破壊が進行し始めており、歯が非常にグラグラと揺れ、抜ける寸前になってしまいます。この場合は、治療を受けなければ取り返しの付かないことになってしまいます。

歯周病と体の病気の関わり

歯周病と体の病気の関わり

歯周病は、口腔内の健康に気を使っていれば防げるというわけではありません。体の病気でも、歯周病のリスクは上がります。

例えば、糖尿病は最たるものです。糖尿病になると、体の抵抗力が弱まり、歯肉にも血液と栄養がいきわたりにくくなるため、歯周病菌が繁殖しやすくなってしまいます。そうなると、歯周病のリスクは格段に上がってしまいます。

他にも、喫煙でも同様で、ニコチンにより血管が収縮してしまい、栄養が届きにくくなるので、歯周病になりやすくなってしまいます。

予防と治療はブラッシングと口腔内のケアが大事

歯周病の予防及び治療は、ブラッシングが重要になってきます。歯周病の原因は、歯周病菌であり、歯垢の中におびただしく存在しているからです。したがって、ブラッシングで歯垢を掃除する他、歯ブラシで歯茎に刺激を与えることで、歯茎を活性化させます。それを毎日積み重ねることにより、口腔内の清潔は保たれ、歯茎も鍛えられます。この積み重ねが大事なのです。

ブラッシングは、治療と予防を兼ね備えており、正しいブラッシングを行ってこそ意味があります。そのため、適当に磨くのではなく、歯科医院でブラッシング指導を受け正しく歯磨きを行うことが大切です。

また、当院では口の中を清潔にするために、定期的なクリーニングに通っていただくことをおすすめしております。クリーニングによって、ブラッシングでは落ちにくい汚れを歯科衛生士が丁寧に洗い落とし、歯の隅々まで綺麗にしていきます。

医院写真

ネット予約・空き状況確認

今日 明日 明後日

お問い合わせ
ください

お問い合わせ
ください

休診日

2019年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22 23
24
25 26
27
28 29 30
31

2019年11月

1 2
3
4 5 6
7
8 9
10
11 12 13
14
15 16
17
18 19 20
21
22 23
24
25 26 27
28
29 30

 :受付中 :お問い合わせ -:受付不可

ネット仮予約・空き状況確認
掲載のご案内